動かなくなった車のその後

無理

土曜日深夜,ハイウェイでお亡くなりになったスバルForester,そのまま修理工場まで運ばれ,今朝修理の見積もりの電話がありました.

もし$3000くらいなら修理して,あと数年間は騙し騙し乗ろうと思っていたのですが(←これがトラブルの元凶),見積もりは予想を超える$5400,日本円にして60万円くらいか.エンジンが完璧にお釈迦で,取り替えになるんだとか.

修理工場に出向いてエンジンルームを見ると,なるほど本来見えない内部パーツが壁を突き破って飛び出しています.こりゃすごい.中古のエンジンにすればもっと安くなるそうですが,それもなんか呪われそうで恐い.エンジン交換してまで乗り続ける理由も愛着も無いので,その場で廃車を決断しました.

担当の人がちょっと古いタイプのForesterを持っているらしく,そっちのエンジンを僕のに積み替えればちょっとグレードアップできるかもと言うので,あげるからご自由にどうぞ言っておきました.

車内にあったサングラスやCD,保険の書類を回収し,ナンバープレートを外して手続き全て完了.その足でSanta Feのトヨタに行き,似たようなタイプの車RAV4を見たのですが,こっちは高い買い物,即断はできません.しばらくはバス通勤することになりそうです.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

「動かなくなった車のその後」への13件のフィードバック

  1. あの車のエンジンは一度リコールになっていますので、タダで積み替えできるかもしれません。うちはそうやって最近まで乗ってました。最後は坂本龍馬の回想のごとく、ドブの中で前のめりになってお亡くなりになりましたが。

    1. misssyさん,こっちじゃ,タダのエンジンなんかあったら過当競争になりそうです.タタのエンジンだったら安いかもだけど.
      友人らに「スバルが死んだ」と言ったら,それはありえないっていう反応ばかりでした.スバルは不死身らしいです.

  2. 壁を突き破って飛び出す!
    エイリアンじゃないですかそれ。
    とんだ相手とハイウエーをドライブしてたんですねー。
    うううっ。

    1. Chieさん,そのうちエンジンそのものが飛び出して行ったかもしれません.脱出装置,つけとかにゃあならんね.

  3. 扇子も、この間よりもはっきりキッパリ主張してますね。
    「無理!」 決別を決心、その方が良いですよね。
    ドライブするたびにドキドキ・ハラハラスリルを味わう
    なんていうストレスはごめんです。

    1. ポージィさん,無理扇子は,会議に参加していた中国人にばかうけしておりました.発音はやっぱり違うようです.
      夜中に路上で車が止まったら,そのまま一晩すごさないといけないような過疎地ですので,車のメンテだけは超大事なのです.

  4. スバルXV スバルoutback スバルレガシィ
    スバルxxx とか やはりSUBARUじゃ!❤️

        1. misssyさん,いたずらリスさん,なんかまたスバルへ傾斜してきちゃったんですけど.RAV4,フロントグリルのデザインがちょっとなあと悩んでおるです.む〜.

          1. TOYOTA は無難路線、subaruaは乗っていて楽しいですよ。IT向きかも?なーんて。先ずは試乗されたし????

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください