再び呪われた旅程,追記

搭乗する予定だったAmsterdam行きは,おそらくキャンセルか,さらに遅れたと思われます.だって搭乗時刻になっても何のアナウンスもないし.

急遽変更したパリ行きは定刻通りに搭乗が始まりました.やっぱり旅程変更しておいて良かった.この調子なら残りの旅路も安泰でしょう.

やがて機内は満員.そろそろスマホを機内モードにしないといけないかと思ったその刹那のアナウンス.

機体が重すぎて離陸できません

どーーゆーーこと? それはア●●カ人の問題よね〜,むーむー.

なんでも10人ほど降ろさないことには,出発できないらしい…

以前Unitedで起こった引きずり降ろし事件を思い出しますが,さすがにDeltaはそんなことしない...と信じたい.結構なお値段の保証金を出すとかで,あっという間に10人程降りていきました.地獄の沙汰も金次第.

積み込んだスーツケースを降ろす手間があり,結局30分程の遅れ.どうせパリでの乗り継ぎ時間は6時間もあるんです.もっと出発が遅れたらいいのにとか,めちゃくちゃな事を考えつつ,現在 South Dakota上空を飛行中.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

5 thoughts on “再び呪われた旅程,追記”

    1. あ、これ、今書いてたのですね。コメントの投稿を急ぎ過ぎってメッセージが出た(笑)。失礼しました。

      1. Sanaeさん,ヘリウムでも吸い込んでおけば体重をごまかせるかもしれませんが,空港カウンターがドナルドダックだらけになってしまいます.

        コメント投稿の急ぎすぎなんていうメッセージ,出るんですか.へ〜へ〜.

  1. 重くて持ち上がらない飛行機って、想像してぷぷぷっ。 
    10人も降ろさなきゃダメって凄いわね。
    大デブ乗りすぎ。
    LiLAさん2名分をゆうに超えてる人なんだろうね。
    機内もバラバラに座っていただきたい。

    1. Chieさん,アメリカは飛行機までメタボってるんですかね.そもそも人間だけじゃなくて,彼ら,荷物持ちすぎです.お引っ越しですかっていうくらいのサイズのスーツケースを運んでますもん.

コメントは停止中です。