旅の延長は不要です

Hilton Narita

JR成田線トラブルのとばっちりで,無駄な一夜(自腹)を成田で過ごした翌日,ようやく機上の人となりました.広めの座席を予約してたのに,急な旅程変更でそれも雲散霧消.超標準なエコノミー席での9時間です.

Portland, Salt Lake Cityと,アメリカ国内で二度の乗り継ぎ.田舎暮らしも楽じゃない.夜8時半,ようやく最後のセグメント,Salt Lake – Albuquerque便に乗り込み,さてシートベルト.

つながらないシートベルト

あれ? 繋がらない.

隣の座席のを間違って引っ張ってきたかと思ったのですが,そうでもない.なんだ,これ.

extension

しばし悩んで,ようやく状況が飲み込めました.俗に言うextension,つまり延長ベルトです.どうやら同じ座席に座ってた人は,それなりのサイズの方だったらしい.

なんだそういうことかと独りごちながらエクステンションを外してたら,隣に座ってたお姉さんから「あなたには要らないわね〜」と言われました.こういうシーンはとてもアメリカン.ついでながら彼女に「あなたは必要かもね」とは決して申しませんでした.

夜10時半,Albuquerque着.Salt Lake Cityからの便の荷物は4番のターンテーブルに出ますと表示されていますが,しっかり5番から出てくるところもアメリカン.

渋滞するターンテーブル

スーツケースがどんなに積み重なっていようが,お構いなしに次のが吐き出されるのもアメリカン.帰国したことを実感した瞬間でした.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

「旅の延長は不要です」への12件のフィードバック

  1. 機上の人の次は、きっと今ごろ夢のなかの人でしょう。

    前足と後ろ足でぎりぎりの回数しか飛行機に乗ったことがない(本当か?)ので、ここまで乱雑な扱いは未経験ですが、経験したくないです…。
    あ、しっぽも数えたら足りるかな、どうかな。

    長旅たいへんおつかれさまでした。どうぞごゆっくりお休みくださいませ。

    1. インプラント猫娘さん,ありがとうございます.しっぽで数えられる数字がどこまでかが気になります.丸くしてゼロ,ぴんと立てて1,あひるさんの2...結構沢山表現できそう.
      長旅の後は,ちょいウィスキーでした.東京では焼酎の日々だったのに.

  2. ビジネスがエコノミーだった~~っ。
    がその②でしたか。そうか。

    しかし前任者は太鼓腹で9時間?
    その試練は如何ばかりか!
    それを思えば楽勝だと思われます。

    何はともあれ長旅お疲れ様でございました。

    1. Chieさん,ありがとうございます.正規料金でビジネスに乗れる身分になりたいとつくづく思うのですが,まあ無理ですね.適度に肥満して,ビジネスじゃないと出張困難って主張してみますかね.

  3. お疲れ様でした。タイトルのフォーマットの違いに帰国されたことを実感します。座席ひも トがなくなれば シーベルト 今日デルタから座席無料アップグレードのメールがきました。そちらで消えた分、こっちに来たのでしょうかね。

    1. misssyさん,航空機はかなり被曝しますよ.海外旅行はお大事にです.それにしても失ってしまった僕の座席,JRに補填してもらいたいくらいです.

  4. まずは無事のご到着、よかったよかった、お疲れさまでした。
    せっかくビジネスクラス(ファーストクラス!?)を予約して
    いたのも、成田エクスプレスのせいでおじゃん。残念でしたね。
    シートベルトのエクステンションが必要な方とは…
    座席に体を押し込むだけでもかなり固定されそう、なんて
    失礼なことを考えてしまいました。
    早速アメリカンあるあるを連続で体感され、4か月のブランクは
    すぐに消えそうですね。

    1. ポージィさん,ありがとうございます,長旅でしたが,なんとか到着しました.ビジネスじゃなかったんですよ.単に広めの座席なんです.競争率高いので,早く予約しないと取れないんです.
      帰国したらすっかりアメリカン・ライフですね.車の運転も何の問題も無かったし,日本に浸かっても染まらない自分ちょっと偉い,かも.

  5. お帰りなさいませ旦那さま(^.^)v
    我が家はやっぱりいいですのです!
    ご家族さま並びに名犬クゥ殿はお変わりなかったですか?
    ご帰宅されたらされたなりのお仕事が沢山ありますね。
    まずは何からとりかかられたのでしょう?
    4ヶ月間のSabbatical Leave充分満喫されたようです。”Life in Los Alamos”の生活を再びエンジョイしてください。

    繋がらないシートベルトの存在を初めて知りました!
    その昔、機内で私のお隣に座席の私のお菓子をペロと食べちゃった Albuquerque出身のおじさんはどうしていたのか?と今更思う次第です。何せお腹出過ぎていてベルトが見えませんでした。これまたアメリカン。

    1. いたずらリスさん,とりあえず帰国後の仕事は,コンピュータのパスワードを思い出すことでした.いまだに思い出せないんですけど.
      同僚の一人が,4ヶ月前に比べて明らかにお腹が出ているのですが,4ヶ月じゃまだ早すぎですよね.おじいちゃんだし.
      サバティカルは,もう一生ないでしょうね.そもそもその制度があること自体,あまり知られてなかったくらいですし.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。