簡単な仕事ほどつい後回し

またビール

昔,会議に関しては百戦錬磨の大学教授と,とある作業会議に参加していたときのこと.

最初に本日の議題が印刷された紙が配られます.会議嫌いで定評ある僕なんかは,それを見た瞬間に「うへぇ」となるのですが,その教授は違いました.

まずざっと議題を眺め,関係者に簡単に質問し,議事進行順序をてきぱきと入れ替えました.簡単な議題から先に片付け,大きなものは最後にまわす.なるほどなあと思いましたが,もしかしたら会議進行係の常識なのかも.

同じルールを普通の仕事にも適用できそうです.まずは簡単にできるものから片付けます.簡単そうなメールの返事や書類の片付け,ささっとできそうな依頼案件,それから30分くらいかかりそうな英作文あれこれ,そしてようやくじっくり考える時間.

これを逆にするとダメ.じっくり腰を据えた研究作業に取り掛かってしまうと,5分でできる仕事も忘却の彼方,明日の後回しです.

すぐできるところから,まず片付ける.

これで仕事の効率もずっとあがるはず.

....ま,わかっちゃいるんですけどね.やればできるはず.でも5分で返事できるメールが,毎日累積していくこの状況,なんとかせねば.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

「簡単な仕事ほどつい後回し」への2件のフィードバック

  1. 面白い!でも、簡単で5分でできるなら、催促きたらパパっとできるでしょ?(笑)よく、「そろそろ設計に煽りの電話入れて~」ってやってましたよ、そういえば。考えるタイプのお仕事の人って、やっぱり雑務は後回しにしたいんですよね。入ってくるたび対応してたら時間が細切れになるし、思考もそがれますもんね。忘れても大丈夫!煽る役の人が思い出させてくれるから(笑)。

    1. Sanaeさん,ぱぱっとできるって思うと後回しにしちゃうんですよ.で,忘れるんですよ.ま,忘れるくらいなんだから,大したことじゃないから,いっか.煽ってくれる秘書を雇いたい気分です.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。