東芝乾電池の怪しい自動販売機

東芝乾電池自動販売機

この自販機,まさか稼働してないとは思うのですが,なぜ撤去しないんでしょう.邪魔だと思うんだけど.玄関前の飾り?

まだコンビニが無かった頃は,こういう自販機も需要があったのかもしれませんが,店舗が閉まる真夜中に乾電池が必要になる状況ってあまり思いつきません.

突然の停電で懐中電灯を点けようと思ったら,電池切れだったとか.でも停電なら自販機も動かない.

目覚まし時計が電池切れで鳴らなかったとか.でもそれはもう手遅れ.

何故か裏通りに設置されていて,どことなく淫靡な風情です.こっそりと電池を購入する目的とは? 興味は尽きません.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

「東芝乾電池の怪しい自動販売機」への16件のフィードバック

  1. 私、生まれも育ちもずっと東京だけど、
    こんな変なもん見たことない。
    電池の自販機、それもピンク~~
    LiLAさん何でこんな変な物見つけられるの?
    この中の電池まだ生きてるのかな。
    明日買ってみてくれない?

    1. Chieさん,なんで見つけられるのって,普通こんな変なものは目につくでしょう.この中の電池がまだ生きているかどうかは不明ですが,この自販機がもし電池で動いていたら笑います.

  2. これが東芝じゃなくて松下だったらナショナルキッドですね。白黒テレビ自体の特撮ヒーローでしたけど。多分それはメフィラス星人(2代目)がこっそり設置した魅惑のマンダリン草の自動販売機なのでしょう。

    1. misssyさん,魅惑のマンダリン草の自動販売機,ぜひ近所に欲しいです.謎のマンドラゴラの自動販売機はあるのですが,地面から引き抜くところは自分でやらないといけないので大変です.

  3. 乾電池の自動販売機などというもの、見たことありませんでした。
    LiLAさんが見つけられたのは相当古そうですね。
    東芝の7000億円の損失計上のニュースを聞いたばかりだけに
    斜陽なんて言葉が頭に浮かびました。
    検索してみたら、各メーカの乾電池自販機の写真を
    載せてるページありました。こんなにあるんだぁ、とびっくり。

    1. ポージィさん,いったいいつの時代の自動販売機なんでしょうね.電池の自販機,普通に動いてるのは見たことありますが,ほんとに稀です.使ったことは一度もありません.

  4. 新宿駅西口に名刺の自動印刷販売機があります。
    こんなもんいるのかなー。

    1. Chieさん,このコメントをうっかり見過ごしておりました.すんません.
      名刺の自販機なんてあったら,でっちあげの会社名と役職名で作ってみたいです.

  5. 私は30代ですが、かつてゲームボーイをしてた頃は乾電池が必須でした。
    そういう状況下にあっては乾電池の価値は今よりもずっと高かったはずです。

    1. 自販機loverさん,なるほど携帯型のゲーム機も乾電池でしたね.いまでは充電式のバッテリーが普通なので,かつては急遽電池を買いに行っていたのが,今ではあたふたと電源コンセントを探すようになっただけかも.

  6. 先日これと同じものをおそらく同じ場所で見かけて、気になってボタンを押したりしてしばらく眺めてました。(さすがにお金は入れませんでしたが笑) 私が見たときは、電池が出てくるところになぜか貼るタイプのカイロと100円玉が入ってました。いつごろからあるんですかね〜?いろいろ気になります…

    1. さくらさん,なんと偶然,全く同じものを発見されたんですか.僕はそこまで詳細に調査しなかったので,実に有用なレポートです.これは是非とも,もう一度あの自販機に立ち寄って,さらなるレポートをしないといけませんね.
      ところで,100円玉はそのまま放置されたのでしょうか.僕が貰ってもいいのかな.

  7. 不動品ですが、静岡大学寮前の閉店した電気店の店先にありましたよ。赤色の錆だらけのSONYの乾電池自販機。ボタンは黄色の丸形で、完全に昭和時代のノスタルジックな風体でした。
    値段部分は同じく日焼けで読めなくなっていましたが、試しに10円玉を入れてみたら詰まって出てこなくなりました・・・(笑)

    あと、家の近くの精米機横にも、飲料に並んで何とコンドームの自販機が・・・(笑)これも不動機ですが、こんなんで買う方が余計恥ずかしい気がする。

    まあ、要するに古いもの好きの方の骨董品扱いなんじゃないかと。

    最近家の近くで開店した妙に新しいデザインのソバ屋の壁には、外壁デザインに対してミスマッチにもほどがあるのにキリンビールのブリキ看板が取り付けてありますし。

    1. 通りすがりの猫さん,10円入れてみるところがチャレンジャーです。おつり窓から,からからと出てくる気もしますが,食べられちゃう可能性大ですし。町中にちらほらと見える昭和の痕跡を見つけるのは楽しいです。この頃はそういう広告も撤去されてしまって,ますます発見は難しくなりました。ところで,コンドームの方は10円入れて見ましたか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください