MacBook Pro 13inchを使ってみた

touch bar

MacBook Proの一番の特徴が,このTouch Bar.ファンクションキーが細長いタッチ画面に変わり,起動中のアプリによって表示が変わります.普段は音量や画面の明るさのコントロール.

僕は元々ファンクションキーを全く利用しないので,この機能は全く不要だと思っていました.でも使っていると意外と便利.アプリによっては確認ボタンがここに表示されたりするので,カーソルを画面上のボタンまで移動してポチっとせずとも,このバーに触れるだけ.

バーに表示される項目も簡単にカスタマイズできます.「システム環境設定」から,「キーボード」,「Control Stripをカスタマイズ」で,表示される項目の一覧がでます.

デフォルトで一番右側にSiriが出るのが邪魔なので,まずはこれを変更.一番良く使いそうな,スクリーンセーバーの起動に割り当てました.

キーボードのストロークは超浅いです.打つのには少々慣れが必要ですが,困るという程では無い.ただ普通にタイプしていると,かなりぱちぱち音がします.キーボードの浅さに合わせてハイフィンガー奏法を避けるようにすれば,さほどうるさくないようです.

昨日もちらっと書いたバッテリーの持ちですが,今日は極普通の使い方をしながら減り具合を見てみました.大体1時間毎に10%ずつ減っていくペースですので,普通の使い方をしていればカタログ通り10時間は使えそうです.もちろんSpotlightのインデクシングも終了してからのこと.

左右にそこそこまともなスピーカーが付き,そこそこまともな音で鳴ってくれます.MacBook Airのスピーカーは完全におまけで,Skypeで電話会議するときにしか使いませんでしたが,これなら音楽を聴きながらプログラミングできるレベル.

不満な点はやはりUSB-C.USB3への変換アダプタを買いましたがが,やはり一つでは足りないので,USBとHDMIの出力が付いたアダプタを別途購入しました.

主な使用目的が物理の数値計算なので性能が一番気になるところですが,その点に付いては不満無し.Core i7の3.3GHz,メモリも16GBあり,職場でメインに使っているデスクトップ機に引けを取らない.前に使っていたMacBook Airの倍以上の速さが出ています.もちろん計算主体に使うなら15インチモデルの方が良いのですが,そこは携帯性との兼ね合い.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

4 thoughts on “MacBook Pro 13inchを使ってみた”

  1. 気のせいでしょうか?
    行間から嬉しさ楽しさが伝わってきます。
    新しいおもちゃ?

    1. Chieさん,おもちゃだなんてそんな滅相もない.仕事用ですよ,仕事用.でも仕事の合間に音楽も聴けるし,動画も視聴できる優れものです.おまけに冬場は膝が暖かいという,簡易暖房機能もあります.

  2. 一つ前の投稿では「遊びと仕事」と書かれてましたが、そちらの観点からの感想はいかがですか。

    1. misssyさん,MacBookProのRetinaディスプレイに慣れた後で,旧MacBook Airの画面を見たら,すごく荒くて汚く見えました.Airを使ってる時は全く気にならなかったのに.4K撮影した動画を再生すると,違いがよく分かるんですが,ディスクがあっという間に満杯になりそうです.

コメントは停止中です。