未完成交響曲の4種類のピアノ編曲

「交響曲への誘い (編曲解説 水城郁夫)」という楽譜を持っています.「運命」「未完成」「新世界」「悲愴」のメジャーどころをピアノソロにアレンジしたもので,4つも入ってお得だと買ったものの,弾いてみてがっかり.曲が大胆にカットされていたのです.そりゃ100ページ足らずの本で交響曲が4曲も入るはずはない.買ったのは随分昔のことです.

それにしてもこの楽譜はちょっと不思議でした.アマチュア向けと言うには,編曲の難易度が高い.でもプロ向けだったら大胆カットして曲のさわりだけ編曲することは無いでしょう.どこか中途半端.

それが最近,未完成交響曲の全曲ピアノ編曲ををあれこれ見ていて,なんとなく理由が分かりました.水城編曲と書かれていますが,これはおそらくPeters出版のR. Kleinmichel編曲を,中間部分をばっさりとカットしたもの.オリジナルの楽譜が著作権切れだからとは言え,こういうのを編曲って言うのかな.

IMSLPの未完成交響曲のページには,4つのピアノソロ編曲が集められています.いずれも19世紀終わりから20世紀初めに出版されたもののようです.

僕の想像ですが,C. Reinecke編曲がおそらく一番最初のピアノ編曲のように思えます.かなりオーケストラのスコアに忠実に編曲しているようで,全体にピアノの広い音域が使われ,超高速の32分音符のトレモロや指が届かない10度音程等,演奏のしやすさは二の次な箇所が散見されます.

以下,4種類の編曲を,第2楽章の冒頭部分で較べてみます.まずはReinecke版.赤丸の部分が10度音程.冒頭いきなり左右の手を交差する指示がなされていますが,これは幾ら何でも印刷ミスでしょう.

Peters出版のR. Kleinmichel版は,Reinecke版を整理して弾きやすくしたような楽譜です.トレモロは普通に16分音符で書き直され,低音パートをオクターブ上げて音域が狭められているのは,アマチュア音楽家を意識したものか.

二楽章冒頭,手が小さいと届かない10度音程は分割され,violaが弾くGisの音は原曲を無視して一拍後ろへずらされています.やはり実際にピアノで弾くことを意識した編曲のよう.

B. Buyes版はKleinmichel版をさらにピアノ曲らしく編曲した感じです.Kleinmichel同様,トレモロは16分音符で書かれていますが,音が足されて和音に厚みを持たせています.二楽章冒頭のバスパートもオクターブで取るように変更されていますが,原曲はバスの単音.

5小節目,Kleinmichel版では落ちていたviolaパートのE音が追加されています.不思議なことに,水城版もここだけはスコア通りになっているのです.もしかするとKleinmichel版の印刷ミスと考えて修正したのかも.ここだけ修正したらしい証拠に,水城版のバスの音が以下のごとく間違っています.

水城版を除く3曲の流れは,Reineckeがまずスコアからピアノ譜に落とし,Kleinmichelが誰でも楽しめるようなピアノ曲に整理し,Buyesが派手さを加えたということでしょうか.

最後のM. Pauerは全くの別系統.大胆に分散和音を使ったり,和音の連打や音域の拡大があったりと,難易度の高い編曲.実際にコンサートの演目に出せそうですが,ピアノ独奏の未完成交響曲のコンサートに行きたいかと言われると,ちょっと躊躇しますけど.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

「未完成交響曲の4種類のピアノ編曲」への6件のフィードバック

  1. フルコースは重いから中抜きのディナーメニューを考えた。
    ただ抜いただけじゃアレなので、
    前菜にもデザートにも手を加えてみた。
    そしたらバランスがひどく片寄っちまったい!
    てへへ。
    これってあまり人気ないかもーー。

    みたいな話だったのでしょうか?

    1. Chieさん,どっちかっつうと,フルコースと銘打っておきながら,実はデパ地下でお惣菜買ってきて出しちゃった,みたいな話だったのかもしれません.
      ちなみに僕はデザートを断ることが多いです.その代わりエスプレッソを注文.

  2. 楽譜を読むのと数式だとかそんなんを読む(というのか?)のと、類似の能力なんでしょーか???

    と、ふとそんな疑問がわきました。

    1. Sanaeさん,どうなんでしょう.楽譜は時間の流れとと共に読みますが,数式は睡魔の誘惑とともに意識の地底に流れていきます.

  3. Sanae さんに一票。DNAの配列をもとに音楽を作ろうというこころみは随分前からありますが(最初に見たのはつくば科学博の時)、逆に名曲の音階からDNAをデザインしようという流れもあるようです。DNAから造られるたんぱく質の機能が変わらなければ曲を大幅にカットしてもかまわないとか、演奏が技術的に難しいところは活性中心になるとか、方向の異なるマニアックな議論ができますね。

    1. missssyさん,円周率の音楽とか,いろいろありますね.8ビットパソコンを生まれて初めて手にしたとき,乱数を使った音楽を鳴らして遊んでいましたが,あれはまあ音楽というのか,ランダムな音?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください