ローカルルールに縛られる人々

学会の夜

とある国会議員の呼びかけで集まった,日本の一部大学に偏在する変なローカルルールが話題になっていました.備品が壊れたら業者に依頼して修理不能証明書を取るとか,そういう時間と労力の無駄のあれこれです.

僕もかつてそういう状況に身を置いたことがありますが,当時はさほどうるさくありませんでした.現在の状況は極端化する一方のようです.不正防止には必要.でもあまりに極端に走るのも変な話です.

JRで出張した際に,特急利用なら特急券を出せとか.在来線を利用して特急料金を浮かせるのを防止するためらしいのですが,普通は改札機に吸い込まれてしまうので,駅員のいる改札口を通る必要があります.領収書だけだと,発券された後に払い戻しする輩がいるということか.でもそういう事を考え始めたらキリが無いですよ.

特急券の実物があっても,本人が使ったものかどうか分からない.駅で特急券を手にもっているところを撮影して提出しろと言われるとか.デジカメ写真は加工できるからダメ.フィルム写真にしろとか.挙句の果てに,ネガも提出とか.

学会参加した際は,別の参加者に「会場に居たことを証明してもらう」と言う冗談みたいな話は,当の大学の知り合いから聞いていました.でも「ずっとそこに居た」かどうかなんて,普通分かりませんよね.いっそ会議参加中ずっと動画撮影でもしたらいいんじゃないでしょうか.これなら抜け出せない.その動画を確認する人も大変そうだけど.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

6 thoughts on “ローカルルールに縛られる人々”

  1. そうです物事にはホドホドが大事です。
    割り勘で1円まで細かく割り当てられるとイラッとします。
    特にその一瞬の暗算力にです。

    1. Chieさん,レストランでチップの計算するのに,スマホの電卓で計算しておいて,暗算で検算しています.それでも飽き足らず,ポスドク君に再計算させています.

  2. ちょうど私の周りでもこの話題で盛り上がっています。学会で参加したセッションに印をつけて報告書を提出って、それをチェックする事務方も大変だなぁ~・・・と思うばかりです。

    1. ハクさん,各セッションの始まりで出席を取ればいいんですよ.
      「山田先生」「はい」
      「田中先生」「はい」
      「鈴木先生」...「鈴木先生?」....

      鈴木先生,カラ出張と.

  3. いくらなんでもやりすぎですね~
    不正は許せないという気持ちも分かりますが、
    どんどんエスカレートして手間ひまかかって
    かえって出費が増えてるんじゃないかしら??

    1. ポージィさん,ほんとに出費が増えてるんですよ.なんせ監査の人を増やさないといけないので.昼食にお弁当を出したら,その内容をチェックとか,笑えない話もちらほら.

コメントは停止中です。