カラオケとKaraokeは別ものなんだそうな

新潟の夕暮れ
新潟の夕暮れ

コンビニおにぎり好きのアメリカ人が熱く語っていた愛すべき日本のささやかなヒトコマ,それはカラオケ.コンビニおにぎり氏,深夜二時まで歌ってたって言うんだから筋金入りです.

彼はアメリカでもカラオケに行ってたそうですが,「あんなのはカラオケじゃない」と切って捨てます.Karaokeとカラオケは全く別のものだと.ちなみにKaraokeは,かりぃおけぇと聞こえます.

アメリカのKaraokeは,日本のスナックスタイル.パブやバーに小さなステージが備え付けられてて,そこで歌手になりきって歌う.当然他の見知らぬ客にもジャイアン音声を押し付けるわけです.もっとも客も一緒になって歌ってますけど.

おにぎり君が言うに,Karaokeで他人のヘタクソな歌なんて聞きかぁねぇよ.個室で友人らと歌って騒ぐのが最高,これぞカラオケなんだとか.

それにしても,彼が何を歌ってたのかが気になります.やっぱりアメリカン・ポップスなんでしょうか.まさかとは思うけどAKBを熱唱していたとか.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

8 thoughts on “カラオケとKaraokeは別ものなんだそうな”

  1. 先日、飲み会から帰ってきた夫に2次会のカラオケ動画を見せてもらいました。しらふで他人のカラオケ映像を見るってのも微妙な体験。本人に何をうたったのかと尋ねると「サザエさん」との返事。大合唱だったそうです。

    1. Sanaeさん,ちゃんと「今日もいい天気〜」のところではハモるんですよね.他人のカラオケ映像って,どういう反応していいのか分かりませんね.やっぱその場で共有するのがよろしいかと.

  2. バーのカラオケで外人が英語で歌っておりました。
    英語の音痴って日本語の音痴(あまりいません)より過激でした。

    1. Chieさん,もしかしてその外人さん,「らヴみぃ〜,てんどぅあ〜,らヴみ〜,すうぃ〜〜」って歌ってませんでしたか.きっとChieさんに歌を捧げてたんですよ.過激ですねぃ.

  3. 年がばれますが、私がカラオケを始めた頃はアメリカ流のカラオケスタイルが日本でも結構ありましたよ。あれはあれで楽しかったです。
    そのアメリカ人の方に言ってあげてください。NYCにはカラオケボックスがたくさんあります。韓国や中国系の人もカラオケボックスで歌うの好きみたいです。

    1. NYC住民さん,彼にニューヨークに行くよう伝えておきます.きっとアメリカ版カラオケボックスに感動して,そちらで職探しを始めることでしょう.いやマジで.だって日本で就職したそうな雰囲気だったし.

  4. 「アメリカのかりおか」は日本のカラオケの源流をそのまま保存しています。カラオケボックスは後発亜流傍流です。あ、ようやっとアクセスできる国へ渡ってまいりました。ちなみにアメリカのカラオケで私が歌えるのはYMCAだけです。歌詞はヤングマンの方ですが。

    1. misssyさん,壁の国からおかえりなさい.カラオケボックスの入り口に,楽器持ち込み可なんて書かれてましたよ.ギター持参する人がいるんでしょうね.でもピアノを持ち込んでもいいんですかね.ちなみにアメリカのカラオケで僕が歌えるのは...何も無いかも.

コメントは停止中です。