Chie’s Rose Garden 2016, Part I

皆様,おまたせしました.Life in Los Alamos恒例Chie’s Rose Gardenシリーズの第7回目です.バラ師匠Chieさんの満開の屋上ローズガーデンです.写真をクリックするとちょっと大きめのものが表示されます.今年も2日に分け,風景編と花編でお送りいたします.

過去の写真集はこちら:2010年, 2011年, 2012年, 2013年, 2014年, 2015年

——

モーティマー・サックラーといいます。桜じゃないけど可愛い。

20160515_181959

ジュビリー・セレブレーション?だとおもう。

20160515_182023

ポールズ・アーリー・ブラッシュ。四季咲きのつるバラです。花が咲くまで3年待ったけどすごくいい匂いなんです。

20160515_182304

玄関横のつるバラ。一本の木からこんなに咲きます。

20160513_085126

最初はこのアーチに咲かせてました。今じゃ勝手に増殖してます。

20160513_085540

アーチの後ろ側です。バックヤードみたいな場所です。

20160513_092009

屋上の北側の半分風景です。ちょっと夕方です。

20160515_182414

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

「Chie’s Rose Garden 2016, Part I」への5件のフィードバック

  1. 入院されると聞いたときに今年はバラが見られるのだろうかと心配になりましたが(もちろんご本人の健康もですが)、見事な花の数々、ありがとうございます。いろいろな種類の共演、競艶で、目の保養になります。

  2. misssy さん
    その節は大騒ぎしまして穴があったら入りたいです。
    おかげさまで今年もLiLAさんのご厚意でお邪魔させていただきました。
    バラの出来はそこそこですが、写真がイマイチ。
    LiLAさんカメラ買って~~(ボカッ イテッ)

    1. Chieさん,大学で入院と言うと,大学院入学のことを差します.心を体がぼろぼろになるまでこき使われる入院学生におられるようです.
      で?カメラ?
      写ルンです?

  3. chie 師匠、カメラも買ってもらえることになったんですか、いいですね!玄関脇のつるバラ、可愛い~!私も欲しいです。でもマイナス20℃超になるとほぼ絶滅することがわかってしまったので、これからは超丈夫なknock out rose 以外は諦めかも、な寂しい我が家。毎年ここで見せていただくのを楽しみにしております~。
    いいなあ、カメラ。

    1. TAMAさん
      わーおひさ~~!
      零下20度ごえで咲くバラがあることに驚いた。
      ノックアウトローズは一年中咲くの超人バラなのねー。
      どこぞのゴーファー庭にも咲くようなら教えてあげてねー。
      いいなって「写ルンです」よ。
      あるのかな今でも(ケチ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。