連続回避をしない人々

Minion, Bob
Minion, Bob

狭い歩道を歩いていて前方から人が来たとき,さあ左右どっちに避けるとガチンコ勝負になります.相手の左右の空隙サイズと障害物を瞬時に分析し,俺は右を取るとばかりに斜め前方に次の歩幅を伸ばした瞬間,相手も同じ方向を狙っている.

ヤバイ,左だ!と取舵いっぱいすると,相手も同じ方向に舵を切ってくる.いわゆる連続回避本能です(なんでこんなのに専門用語があるんだ?).

普通なら,右左右と来た時点で,お互いバツの悪い顔しながら歩調を緩めて道を譲ります.ところがそんなのが通用しなかった人々もいるらしい.

前方から来る若い男女.服装から見ておそらくは彼の国からの観光客.このまま歩けば二人に衝突します.常識的に考えて男が女の方へ寄って道を空けるはず.でも,

6m, 5m, 4m … 接近するも,男の進行方向に全く変化なし.

3m, 2m, もうやばいと思ったその瞬間.

なんだと...?!

二人の間が真っ二つに割れ,男女は僕の両脇をすり抜けていきました.

それも,何の障害も無かったように会話を続けながら.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

6 thoughts on “連続回避をしない人々”

  1. 連続会費本能(こんな字が出た)かー。
    ジャンケンで、あいこでしょ、が続くのも同じかな。

    地方在住になった友人と新宿地下街を歩くと、
    私は誰ともぶつからないですいすい歩けるのに、
    友人はゼーゼー言いながら「ぶつかる~」と言います。
    勘が鈍るんだね。

    1. Chieさん,誰ともぶつからずにすいすい歩けるとは,もしかして霊的存在?シックス・センスでもありましたよね.実は自分が幽霊になってるのを,自分だけが知らなかったって.ぶつかる〜とか言いながら,しゅわーーんと透けとおって行ってしまう.こわ〜〜.

  2. アタシユウレイダッタノデスカ~~~
    意外と好きな状況デス。
    二度死ぬことはないだろう(笑)

  3. 連続回避 っていうんですね。お互い苦笑しながら会釈して
    すれ違うこと、ちょこちょこあります。
    でも、全体として自分が先に避けることの方が多いです。
    あ… 態度でかく、よける気さらさらないおっさんに、すごく
    嫌な気分になったことがあったの、思い出してしまいました。

    1. ポージィさん,いやですね,そういうおやじ.電車で大股広げてふんぞり返ってるのとか,蹴ってやりたくなります.
      ジョギングで,正面からやってきてお見合い状態になりそうなときは,早めに歩道の片側に寄っておきます.僕は必ず右に避けますが,理由は自分でも分かりません.

コメントは停止中です。