Schindler’s List と Bachのイギリス組曲

最近の偶然.

ここ最近,時々J.S.Bachの Englische Suiten イギリス組曲第二番を弾いていたこと.

ずっと以前から,一度観てみたかったSteven Spielbergのアカデミー賞作品「Schindler’s List シンドラーのリスト」のDVDが町の図書館にあったこと.

「それ何? バッハか?」
「いや,モーツァルトだろ」

背後で繰り広げられている殺伐を,まるで何事も無いかの如く弾くBachに寒気がします.

全然関係ないんですが,シンドラーのリストが日本で公開されて話題になった時,僕はてっきり,Schindler’s wrist シンドラーの手首,かと思ってたんですよね.だって,ポスターにでかでかと手が描かれてたから.

冒頭がちょっとだけ切れてて残念なんですが,若かりし頃のMartha Argerichの演奏.これは素晴らしい.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

6 thoughts on “Schindler’s List と Bachのイギリス組曲”

  1. もしかして、パソコンのキーボードをたたくのとピアノを弾くのは、同じ感覚ですか?

    1. Sanaeさん,同じじゃないけど,他の人よりは自由度高いと思いますよ.左手小指でShiftキーを押さえたまま,同じ手の他の指で普通にタイプしてますし.

  2. シンドラーのリストって、エスカレーターは一位、エレベーターは二位、三時のおやつは万年堂ってのじゃなかったでしたっけ。

    1. misssyさん,ブラティスラヴァの駅のエスカレータが「すごい,動いてる!」と感動してた奴がおります.動いてるのを見たこと無かったんだそうです.

  3. パルティ―タかと思っちゃった。イギリス組曲でしたか。

    偶然といえば私も偶然。
    「シンドラーのリスト」のDVD最近買ったんです。
    腰を落ち着けて見たいから大事にとってあります。
    せつないテーマ曲が大好きです。
    フィギュアスケートのリプニツカヤがこの曲を滑りました。
    衣装は真っ赤な長そでのジャケットでした。
    モノクロの映画の中で少女のコートだけ赤い。あれです。

    バッハか?モーツァルトか?
    日本の軍人には出ない言葉ですよねー。

    1. Chieさん,「パルティータか?イギリス組曲か?」ってのも,普通の日本人から出る言葉とは思えないんですけど.
      DVDを買われたんですか.内容が内容だけに,一度観たら次は10年後くらいで十分な気もするんですが.あの赤いコートも,二度目に出てくるときは...

コメントは停止中です。