真冬のParisから,galette des rois

galette des rois
galette des rois

日曜の午後,真冬のパリへと到着しました.観光シーズンでも無い上に,昨今何かと物騒なパリです.どことなく沈みがちに見えるのは,天気のせいだけじゃないと思う.

取り敢えずは腹ごしらえしようと,友人とSt. Michel付近をぶらついていたら,ケーキ屋さんの店頭に並んだgalette des roisガレット・デ・ロワが目に止まりました.今の時期だけに出回るお菓子で,中にfeveフェーヴと呼ばれる陶製の人形が一個入っています.それに当たった人は王様ゲームの勝者.

でもケーキ屋さんにおっさん二人で入るのは絵にならない.近くにあったPaulでサンドイッチを買い,ついでにそこでも売られていたギャレットの小さいのも買って半分こ.

Paul
Paul

流石にPaulのギャレットにはフェーヴは入ってませんでしたけど,アーモンドクリームの入った美味しいパイ生地のお菓子です.当然ながらパイ生地なので,テーブルの上には大量に破片が散らかります.

sainte chapelle
sainte chapelle

食後はしょぼ降る雨の中を軽く散歩.すでに夕方近くなっていましたが,近くにあった Sainte Chapelleサント・シャペルに入ってみました.13世紀に作られた,全面を巨大なステンドグラスで飾られた有名な教会です.

昔ここに立ち寄った時は,太陽の光がステンドグラスを透かして差し込み,その美しさに感動したものです.でも今回は生憎の冬しかも夕方.光の魔法に遭遇することはできませんでした.

おまけ

トイレコード
トイレコード

Paulで貰ったレシートに書かれていた謎のコード.トイレに入るときに必要なパスコードだそうです.店内のトイレを勝手に使わせないための処置か.なんともパリらしい.

8 thoughts on “真冬のParisから,galette des rois”

  1. そのお菓子、年末にいくつかのお菓子屋さんやパン屋さんでも見かけましたよ~@日本。美味しそう!食べてみたいけど何人かで食べた方が楽しめそうですね。

    トイレのそういうの、イタリアでもあったような…

    1. Sanaeさん,日本でもあるんですね.大きめなお菓子なので,一人で食べてると飽きると思います.やっぱり切り分けてフェーヴの当たりを楽しみたいですね.ビー玉でも入れときゃいいと思うんですが,あまり小さいと飲み込んじゃうかも.

  2. ギャレット・デ・ロア、日本でもポリュラーなお菓子になりました。
    科学者としてはフェ―ヴが口の中でガリッとなるかならないか、
    確認したくなるはず。
    是非丸ごと買って調べてくださいませませ。

    1. Chieさん,口の中でガリっとなるかどうかは,等分された菓子片に含まれるフェーヴの確率が一定であると仮定して,その確率密度関数の分配片に対する積分値が任意の与えられた確率を超えるかどうかを計算すればよいですが,何か質問は?

  3. 昨日なぜかページが開いてくれなかったので、今日になって拝見。
    雪道の高速走行、よくぞご無事で。あぁ怖い。油断大敵ですね。
     
    ガレット・デ・ロワ 名前は完璧に忘れていましたが、ニュースで
    映像見たのを思い出しました。おっさんが「妻に頼まれたんだ」って
    買っていましたよ。お人形は見せてもらえなかったなぁ。
     
    ステンドグラスの教会、日の光が差し込んでいなくても綺麗。
    日の光が差していたらさぞかしでしょうね。

    1. ポージィさん,ガレットってそこまで日本で有名になってたんですね.こちらの友人から,今週しか出まわらないから,ありつけて運が良かったって言われました.昨日の昼食でもあったので,さすがに来年までもう良いかなと.
      このステンドグラスの教会で時々コンサートが開かれるんですが,残念ながらまだ行ったことがありません.そういうのは前もって計画を立てないと,なかなか難しい.

      1. あわわ 言葉足らずでした。
        ガレットのことは、ニュースの中、海外の話題をチラッと
        紹介する場面で出てきたのです。
        というわけで登場人物は皆さんフランスの方です~

        1. ポージィさん,あららすみません,勘違いしちゃいました.でも海外の季節限定が大好きな日本人のことです,じきに東京でもそんな光景が見られることでしょう.フェーヴを見つけて王様ごっことか.

コメントは停止中です。