呼び捨てしてしまった

氷に閉じ込められた落ち葉
氷に閉じ込められた落ち葉

メールでの書き出し,Dearに続ける敬称にはやっぱり気を使います.いくらこちらではFirst Nameでの呼びかけが普通と言っても,さほど面識の無い人にいきなり Hi John とはやりにくい.

そう言う場合,僕なりの簡単なルールを決めています.全く知らない人に出す場合は,Dear Dr., Prof., Mr., Ms.を付けて書き始める.メールの最後は, with best regards で締めくくる.

ここまでは普通.ポイントはそのメールへの返信です.文末に自分の名前を署名代わりに入れるのが普通ですが,そこがもしファーストネームだけだったら,次回のメールではそれを使います.そこに Michael と書いてあれば,次にこちらから出すメールは,Hi Michael.メールの最後は,簡単に best とか regards .

この辺りの匙加減,アメリカ人相手ならこれで大丈夫です.でもヨーロッパの大学教授なんかだと,よほど良く知ってる間柄にならない限り Dear Prof. Einstein とやっておいた方が無難なようです.肩書を気になさる方,結構おられますので.

さて今日はアメリカン相手の例.顔は見かけたことあるが喋ったことは無いという,とある大学教授からメールが来ました.丁寧に Dr. LiLA と書かれておりましたので,こちらも丁寧モードで Prof.を付けて返信しておいたのです.

いや,付けたつもりでした.

でも送信後の文面には敬称がすっかり抜け落ち,いきなり苗字呼び捨てで始まっております.やっちまった…

慌てて非礼を詫びる追伸を出しましたよ.そしたら,即返事がきました.

てやんでぇ,こちとらメリケンでぇ

とは書いてなかったけど,超意訳するとそんなメール.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

「呼び捨てしてしまった」への16件のフィードバック

  1. 私もまったく同じで、面識のない相手からのメール末尾がFirst Nameで終わっていたら、その返信からはFirst Nameの呼びかけで始めることにしています。郷に入れば何とやら。

    ヨーロッパは確かに文化違いますよね。とくにドイツ人は肩書き大好きで、自分のCVにProf. Dr.とかありったけの敬称を付けるし。

    1. Hiroさん,そうなんですよ.ドイツ人には注意です.単なるProf.とか, Prof.Dr. とか,なんか違うんですよね.あれを間違うと,ムカっとされたりします.英国のOxfordなんかも,Prof.と言うと学科長レベルになるっぽいです.あとスウェーデン人でも似たような肩書好きを見かけたのですが,それが一般的なのか,たまたまそいつだけだったのかは不明です.なんせサンプル数が1なので.

  2. 「てやんでぇ,こちとらメリケンでぇ」を、
    博多弁で言うとどうなりますか?

  3. 「てやんでぇ、こちとらメリケンでぇ」って江戸時代語?

    では博多弁で挑戦してみましょう!「別に気ぃー使わんでよか、メリケンには変わりなかとやけんさぁー。」博多弁テストどないでしょ?

    平たく申しますと、誰かさまと誰かさんにProf.って頭につければ失礼はないと教わりました◯

    1. いたずらリスさん,I live in Tokyo を過去形にすると, I live in Edo になるそうです.
      僕の友人(ヨーロッパ)は,senseiを付ければ良いと教わったらしく,誰かれ構わず,〇〇senseiを連発しております.別の友人は,シャチョーを連発しておりますが,あれは何か勘違いしているようです.

  4. 豪放磊落?な反応だったようで良かったですね~
    「様」付けておけば、たいてい大丈夫な日本の方が
    簡単なのかな。

    1. ポージィさん,アメリカ人相手なら軽くファーストネームで呼んでいいんですが,国によっては肩書にうるさかったりするんですよね.名刺の肩書がすごかったりします.

  5. 今日ベルギーからきたメールはいきなり、ごめんなさい、ごめんなさい、でした。少し前にフランスからきたメールは、私には問題があります、と出だしにありました。ヨーロッパ方面に異変あり?彼の国からはいつも、へいぷろふぇっさー、というのがきます。先生と呼んどきゃ大丈夫、ってな感じでしょうか。

    1. misssyさん,でぃあぷろふぇっさぁは時々ありますが,へいぷろふぇっさーは未だに見たことありません.「やあ,教授」なんて呼びかけられたら,単位落とすぞって脊髄反射しそうです.

  6. 僕の方針は大体LiLAさんと同じようです。ドイツの老先生とお互いDear (First name)でしばらくメールを交換してたのに、今朝いきなりDear (Family name)でメールが来て、何か機嫌損ねたかな、と心配になりました。ところで、先週札幌での飲み会中の友人とその奥さんの電話で会話で僕が「現地委員」と呼ばれてて驚きました。

    1. 現地販売員さん,北海道ではまだ現地委員のままなんですね.販売員になるにはあと1年ほど必要でしょうか.名刺作りなおすのは,しばらく待ってみます?

      1. あ、ウィーンに戻ったら現地委員に戻るつもりでおりましたが。。。

    2. 我が家でも「現地委員さん」ですよー。
      昨晩は、「現地委員」由来の話をFaceTimeでしました。
      がしかし、不明でした。ウィーンが発祥と思っていたのですが。
      Merry Christmas! 暖かいですねー。

      1. いたずらリスさん,世界各地に現地委員を設けて,世界征服を企むということではないのでしょうか.ショッカー?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください