The Legend of 1900, 海の上のピアニスト

「海の上のピアニスト」のタイトルで知られていますが,英語のタイトルは The Legend of 1900.1900と名付けられた天才ピアニストの物語.Morriconeの音楽に溢れる映画です.

久しぶりに観たくなってLos Alamosの図書館で探したのですが,残念ながらこのDVDは収蔵していません.でも驚いたことに YouTube に全編あるじゃないですか.いいのかな,CMを出しているスポンサーがお金出してるんだとすればありがたいことです.

昔この映画を観たときは気づかなかったのですが,日本語が一瞬出てきます.まだ子供だった1900に,船上の女性が一言「音楽」というシーン.

最後のクレジットを眺めていると,Aida Norikoという日本の名前が出てきますので,おそらくこの人なのかな.

それにしても,こんな風に心のままに即興で音楽を奏でてられたら,僕も若い頃はもっとモテたのにと思うこの頃.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

6 thoughts on “The Legend of 1900, 海の上のピアニスト”

  1. きゃ~!ティム・ロスだぁ!!そんな視線のドアップを持ってきちゃ反則、反則。ドキドキしちゃうじゃないですか。もう、もう、もう、もう、もう!(牛か、私は・・・)

    でも、この映画のくらいしか、別に好きでもないんですけれども(笑)。

    1. Sanaeさん,この俳優さん,この映画でしか知らないんですけど...
      さっきこの曲をピアノで弾いてみたんですが,もしかして,もうもうなドキドキ?

      1. 猿の惑星で猿になってたり、タランティーノの映画に出てたりetc.(映画自体を最近見てないのでこのあたりまでしか分かりませんが。)

        1. Sanaeさん,猿の惑星の猿は,気付きませんでしょうなぁ...あの俳優って,C3POの中の人だよって言われてるような.

  2. LiLAさん山の上のピアニストじゃないですか。
    今だってモテると思うけどネ。

    1. Chieさん,山の上のピアニストって,なんか毛むくじゃらなマタギがピアノ弾いてるみたいなんですけど.

コメントは停止中です。