喋るスーパーコンピュータ

Oppensanta
Oppensanta

家族が観ていた日本の刑事ものテレビドラマを,パソコン仕事しながら横目で見ていました.僕が一緒に居ると,あれこれツッコミがうるさいと嫌がられます.案の定今日も「うるさい」を喰らっていましたが,だってねー,なんか言いたくなるじゃないですか.

人工知能を利用した犯罪捜査,その名もJames君.これってIBMのWatsonのパクリだろう.「Androidっていいね」って言うと聞こえないふりするっていう... < それはSiri.

ドラマに出てきたのは,なんだかよくわからない音声認識インターフェイス,大量に配置されたモニターに映し出されるあれこれ.HAL9000を彷彿とさせる,どことなく前時代的なコンピュータのイメージです.スーパーコンピュータのイメージって,いつまで経ってもあまり変わらないのかも.ちなみに実物のWatson君はさほど大きくないですよ.

以前調べ事をしていて,何とも物騒な論文を見つけたことがあります.原爆の計算をパソコンのスプレッドシートでやるというもの.学生にだって簡単にできると謳われていますが,そりゃManhattan計画当時の計算機からすれば,今日日のパソコンはスパコンどころじゃないレベルです.Oppenheimerだってびっくり.

それはそうと,前時代的スパコンのイメージというと,僕はバビル2世に出てきた電気チカチカしながら計算してるようなコンピュータを思い出すんですが,あれって出力は紙テープでしたっけ.いや,コンピュータが喋ってたんだっけ.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

10 thoughts on “喋るスーパーコンピュータ”

  1. バビル2世知らないなぁ

    と、ギリギリのところで若ぶってみる

  2. え!わたし若くないけど、誰も知らない・・・

    で、誰ですか?このデブヤセコンビは。
    どっちがボケでどっちが突っ込み?

    1. Chieさん,えーー知らないんですか,このコンビ.アメリカではちょーー有名な「爆弾問題」の二人ですよ.

      って,シャレになってないな.

      1. 左のやせているほうがボケ担当のオッピーひかり、右の太っているほうが実質上のリーダー、ツッコミ担当のグローブゆうじ、ということでよいでしょうか。ちなみにバビル2世よりもデビルマンのほうが好みです。しかし、ジェイムスワトソンって、50年ほど前にDNAが二重螺旋だということを初めて発表した(発見したとはいわないあたりが業界人のこだわり)人と同じ名前ですね。

        1. misssyさん,デビルイヤーは地獄耳って,そのまんまですよね.レーザー光線じゃなくて熱光線なところが昭和っぽくていいです.日本で作られる人工知能コンピュータがもしコナンっていう名前だったら,変な質問をすると「ばぁろう」って怒られそうです.

          1. デビルイヤーって厄年のことだと思ってました。chieさん、オッピーサンタのつくった熱光線はおこたにすると数千万台分になるかと思います。製品の名前は「取りにいっていい」だったと思います。

            1. misssyさん,矢久土市にお住まいの役戸氏が厄年になるときは,空に獣の数字が現れるそうです.

  3. 熱光線?
    んもー早く言ってくれればいいのに。
    おこたの発明ですね。
    アメリカ人だったなんてねー。

コメントは停止中です。