3周年記念

アプリコットの花も満開になり、すでに散り始めています。今日はblog開設3周年、というわけではなく、日本を離れて、アメリカの僻地へと「思わず遠くへ来たもんだ〜」とばかりにこの地Los Alamosに居を構えて、今日で丁度3年になります。渡米してきた当日、実は鉄腕アトムの誕生日。はるばるLos Alamosまで来たものの、残念ながらお茶の水博士はここには居ませんでした。

3年前のLos Alamosへの道のりを今でも思い出します。Dallasへ到着したJAL便、さらに1時間のフライトの後Albuquerqueに到着。そこでレンタカーを借り、Santa Feへ。標高が高くなるにつれ、4月だと言うのに雪が舞っているのに驚かされます。

アメリカに到着してまず最初にすることは、社会保障番号の申請。これが無くては、何もできません。事務所で書類手続きを済ませ、今度はLos Alamosへの急坂を登ります。標高2200m。日本では考えられない住環境です。

とりあえずホテルにチェックインし、ここの友人にやっと到着した旨を電話します。

翌日は生活のためのもろもろのセットアップが必要です。アパートの管理人の所へ行き、処手続き。ホテルに暫く滞在することもできましたが、やはり落ち着かないので、翌日からアパート暮らしを始めました。全く家財道具も無く、がらんとしたアパート。Santa Feで買って来た毛布とベッドカバーを床に敷いて寝ました。

丁度アパートに移動して来た時のこと。僕たちが日本からやって来ることを知った、ここに住んでおられる日本人の奥さんが、和食を作ってわざわざ届けてきてくれました。こういう親切は本当に心温まります。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

6 thoughts on “3周年記念”

  1. 3周年おめでとうございます・・・・でいいのかな?
    Los Alamosにたどり着く道のりは本当に大変だったのですね。
    自分が最初に住んだ北ドイツの田舎に行く道のりを思い出しました。

    ハンブルグの空港からS-Bahnに乗り、Hauptbahnfofに到着し、重いスーツケースを抱えてU-Bahnにやっとの思いで乗り換え、終点で降りてから15分程歩く。
    地図を片手に歩いているのに、道に迷って心細くなって涙が出てきたのを思い出しました。

    少しずつ色々な事がわかってきて、少しリラックスして生活出来る様になるのに私は3年位かかりました。リラックスしているつもりでも、ドイツにいる間どこかで緊張していたような気がします。
    異国の地で思いも掛けない親切を受けると、本当に本当に嬉しいものですよね。

    ますます素敵な異国の生活になりますように・・・・

  2. きみーさん、ありがとうございます。もう3年も経ってしまいましたよ。
    これから生活を始めようと、異国の知らない町にやってくるのって、心細くなりますよね。
    引っ越して数日の間は、電話も無く、本当に不便でした。

    何年経っても所詮は外国、日本に居た時のようにはリラックスできませんよね。
    家にいるときはいいんですが、外に出る時は心を引き締めていないとトラブルに巻き込まれそうで。

  3. サンタ・フェに友人がすんでますが、もうあっちもアメリカがながく「アメリカに帰る」っていうようになりましたね。住めば都っていいますがまったくですね。

  4. とくさん、しばらく住んでいると、そういう気分になりますよ。
    日本からアメリカに戻ってくると、「やっと帰り着いた」みたいに。
    サンタフェに長く住んでいる日本人、もしかしたら知っているかもです。

  5. 中学んときから隣にすわっていて5年間も隣でした(エレベーター学校でしたんで)が最後は二人で別のクラスにしてくれって言いにいきました。あきますもん。結婚したとかいってましたが、どうも夢想することが多いのでまだ信じてません。ホリエモンみたいなことやってます。

  6. IT関係ですか。うーぬ、人違いかな。今度の週末、サンタフェで日本人会があるので、ちょっと誰かに聞いてみます。

コメントは停止中です。