日本語で入国審査してくれます

東京空の木
東京空の木

日本滞在の話題が続きましたが,そろそろ終わりにします.既に母国を離れ,時は東雲,所は舎路…これ,分かりますか? Seattleの当て字です.

最近,合衆国入国審査の手順が大きく変わり,グリーンカードを機械に読み込ませた後,顔と指紋撮影は自分でやるようになっています.税関申告も同時にできます.機械から出てくる紙切れを入国審査官に渡すと,簡単な質問だけで終了.要するに以前は入国審査官がやっていた作業を,旅人が肩代わりするわけ.

シアトルみたいに日本からの便が多く到着する空港だと,入国審査官が片言日本語を喋ることがあります.片言どころか,全く普通に日本語会話だったこともありますが,あれはおそらく日系人.先日の審査官も,片言日本語のパターン.

「食ベモノ,アリマスカ?」

こういう場合,どっちの言語で答えりゃいいんでしょうね.日本語で言ってすんなり通じるのか.今ひとつ確信持てないので,英語で「お土産のお菓子だけ」と答えておきました.

その次の質問はさらに微妙だった.

「オ金,タクサン,タクサン?」

歓楽街の怪しいパブのポン引きじゃないんだから.もう笑っちゃって,思わず日本語で,

オ金,ナイヨー

叫んじゃいましたよ.こっちも怪しい酔っぱらいシャチョーさん状態.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

5 thoughts on “日本語で入国審査してくれます”

  1. 私だったら日本語で答えちゃいます。でもそうなると時間かかりそうですわねー。絡んでこられたら困ります。挙げ句の果て日本語一語レッスン始まっちゃたりしたら最悪。

    えっ?!「オ金、タクサン、タクサン?」私も同じように「オッカネー、ネイヨー」と答えるでしょう。

    1. いたずらリスさん,下手に日本語で答えたら,特別レッスンのために別室へとご案内かもしれません.
      大金の持ち込み.パリでも税関で聞かれたことがあります.「そんな大金,あったらいいねぇ〜」って答えておきました.

  2. おっかねー おくさん おくさん ?
    なんちゃって。

    1. chieさん、もうノリがLiLA管理人様と同じなんだから、うふふ。

コメントは停止中です。