久しぶりにドイツワイン

秋のクゥ
秋のクゥ

長らく飲むことの無かったドイツワイン,先日Santa Feまで食料品買い出しに出掛けた折に,酒コーナーで見つけて買ってみました.で,何故話題がワインなのに,写真が全然関係ないのかと言うと,空になったワインボトルは歩いて20歩の所にあります.写真を撮るのに必要なiPhoneは背後にあって,無理な姿勢でないと取れない.要するにめんどくさい.

Nahe(ナーエ)のRieslingで,ほど良い甘みの白.ドイツワインはアルコールが低めなので,葡萄ジュースのような口当たりも災いして,ついがぶ飲みしてしまいます.

昔はかなり幅広くドイツワインを飲んだのですが,こちらに来てさっぱり縁が遠くなりました.理由は,あまり良いワインが売られて無いこと.代わりにCaliforniaのRieslingを何度か試しに飲んでみたのですが,あれは僕には合わない.Alsaceのはたまに買いますが,そっちはちと高いのが難点.勿論,質は良いのですが.

ところで,あまり輸出には回らないのですが,ドイツには赤も少しあります.Spaetburgunderシュペートブルグンダ,要はPinot Noirなんですが,同じ葡萄ながらBourgogneの名だたる赤ワインとは違って,ずっと軽いもの.ドイツ国外で見つけるのは難しいですが,そうまでして飲むようなもんでもない.

ちなみに「昔は幅広く飲んだ」というとこですが,ドイツのデパ地下で売られているワインを端から端まで,片っ端から飲んだという程度.ま,100本くらいなもんか.いや,もうちょっとか.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

10 thoughts on “久しぶりにドイツワイン”

  1. やった!いいヒントをいただきました!
    最近飲んだ日本酒で、あれ?この味ってワインの何か似ているな…と思ったのがあったのですが、リースリングでビンゴ♪
    すっきりしました。

    1. Sanaeさん,リースリングって時々,重油の香りって言われます.でも,レストランで飲んでる相手に「石油の味だよね〜」と言ってもなかなか通じません.「おまえは石油を飲んだことあるのか?」って言われます.

      1. 重油?そうなの?
        似たような話で、タイヤの味がするキャンディー(?)をスウェーデンの人から貰ったことがあります。見た目もタイヤ。タイヤ食べたことないけど。

        1. Sanaeさん,ブリジストンのはバランス良い味わい,ミシュランはふっくらしたまろやかさ,ダンロップは地味ながらも噛めば噛むほどに滋味が広がります.試してみてください.

  2. 疑問点が二つあります。
    >空になったワインボトルは歩いて20歩の所にあります.
      そちらでは野外での飲酒は禁止のはず。
      なのに何故そんな所に空瓶が転がってるんですか?

    >写真を撮るのに必要なiPohneは背後にあって
       なぜiPohneが背後に?
      背中に背負ってるとか?
     

    1. Chieさん,
      > なのに何故そんな所に空瓶が転がってるんですか?
        飲み終えた酒ビンに溢れて,家はリサイクル業者のようです.
      > なぜiPohneが背後に?
        頭上にあるよりは普通だと思われます.

  3. FOODのカテゴリーをそろそろALCOHOLとか〜DRINKとか〜BEVERAGEとか〜二つ?に分けられた方がよろしいかと。。。
    そしていつの日か、またこう書かれるのです。「そろそろALCOHOLをWineとか〜日本酒とか〜に分けた方がよろしいかと。。。」なーんてね。

    1. いたずらリスさん,いっそ酒ブログとして新装オープンしますかね.タイトルは「日々酔感」でどうでしょう.
      え?いまもそうだろって?

  4. わが家の数少ないワイン歴からいうのもなんですが、
    そういえばドイツワインって一度も飲んだことがありません。
    ほどよい甘味の白でアルコール度も低め、葡萄ジュースのような
    口当たりということは当然フルーティ。
    なんだかとっても好みに合いそうです。

    1. ポージィさん,口当たりはフルーティですよ.甘いのを料理に合わせるのはちょっと難しいですが,酸味と甘味が種類によってまちまちなので,気に入った銘柄を探すのも楽しみの一つです.
      ちょっと高めですが,「シュペートレーゼ」と書かれたのを探してみてください.遅摘みという意味で,甘さが魅力です.

コメントは停止中です。