3本の矢が教えてくれること

img_2952

余命幾ばくも無いことを悟った殿様は,三人の息子を病の床へ呼び,一本の矢を彼らに持たせた.「その矢を折ってみよ」

三人の息子が難なく矢を折ったのを見届けた殿様は,「では,これを折って見よ」と三本の矢を束ねて手渡した.誰もそれを手折ることはできず,3人が結束することの大切さを教えた後,息を引き取った.遺言に従い,財産は長男と次男に分け与えられ,末の息子には城下から遠く離れた屋敷が与えられた.

しかしながら長兄と次兄は父の言わんとするところを理解できず,末弟に尋ねた.

「父は何を教えようとしていたのだ」
「矢は束ねた方が強いということでしょう」

長兄と次兄は家臣を呼び,命じた.
「一本の矢は弱くとも,三本束ねたるは強い.三本同時に射るべし」

やがて些細な口喧嘩から長兄と次兄は衝突し,互いに兵を挙げた.父の教えに従い,三本の矢を束ねて射るも,重すぎて敵陣に届かず,両軍の間に虚しく落ちた.

束ねた矢は瞬く間に底をつき,両軍大将は至急矢を調達してくるよう家臣に命じた.運良く,合戦のすぐそばで矢売りが店を開いていた.

矢は文字通り飛ぶように売れた.三本の矢を束ねては放ち,また矢売りの店へと駆けつけたが,遂にその金も底をつき,両軍引き分けたまま夕日が落ちた.

一文無しになった長兄と次兄は,援助を求めて弟の屋敷を訪ねた.屋敷はたいそう立派に改築され,その裏の工房では職人らがせっせと矢を作っていた.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

「3本の矢が教えてくれること」への10件のフィードバック

  1. 最近の某国の経済政策の話ですね。先ごろの法案成立も末弟のお屋敷のさらなる拡張に貢献するという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください