再び3年ぶりのComo湖だより,もちろん昼の散歩

img_2671

一日だけですが,午後の自由時間があります.とは言っても,夜のセッションがあるので,夕方までには戻って来る必要があります.良い天気なので,町中の石畳を一人で散歩してきました.

img_2673

小さな岬に家々が重なるようにひしめき,その間を狭い通りが走ります.そんな古い路地って味わいがあります.

img_2674

img_2672

湖側から次第に山側へと登っていきます.かなり上まで家が建っています.もちろん車道が付けられていますが,そこを突っ切る形でこんな古い道が残っています.

ずっと登って行けば,丘の上にある古城に出るはずです.さほど方向のことは考えずに,ひたすら坂道を登って行ったのですが…

img_2685

見晴らしよい場所に出て湖を眺めたら,古城を通りすぎて,さらに高台まで登ってしまっていました.

img_2686

家並みはさらに上まで続いてます.こりゃ完全に方向違いかな.この時点でようやくGPSを確認しました.このまま行けは山を越えて全く別の町に行ってしまうようです.さしたるゴールに到達することも無く,汗をたらたら流しながら,再び来た道を戻りました.

img_2692

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

「再び3年ぶりのComo湖だより,もちろん昼の散歩」への8件のフィードバック

  1. ♪ため息のでるような~あなた~のお散歩に~

    あ~、素敵過ぎるその風景に思わず歌ってしまいました。山越えて、別の町じゃなくて別の国にでちゃったら、ちょっと面白かったのにね。

    1. Sanaeさん,パスポートを持ってなかったので,別の国に出ちゃったら大変です.シェンゲン協定内だからいいのかな.別の町には小さな教会と幼稚園がありましたとさ.

  2. それやったの私です(苦笑)目的地ははるか後方に、自分が立っていた場所は隣の隣の隣町くらい?のビバリーヒルズには負けますが超高級住宅街丘?山の上でした。何時間も歩いているんだから途中で気付けば良いのにGPS持たず、帰りは本数の少ないバスで帰ったとさ。

    どうしてこんな狭い路地が好きなんでしょうか?わざとですよねー?確かに味わいがあり好きですけど、風景が見えないので自分の位置を見失いそうです。GPSに万歳。引越しする時困らないんでしょうかねぇ?冷蔵庫とか大型TVとかソファとか。路地が先?壁が先?建物が先?アーチは後のようです。

    1. いたずらリスさん,帰りのバスがあってよかったですね.高級住宅街の丘で野宿してたら,通報されますよ.
      狭い路地って迷路みたいでおもしろいじゃないですか.もうめちゃくちゃに歩きまわって,突然見覚えのある場所に出てしまったときの感動がいいです.引っ越しは人海戦術なんでしょうね.車が入れるところは限られているようです.

  3. 石垣がせまっていて、閉所恐怖症には怖い道ですね。
    ここに住んでる人は買い物が大変そうだ。
    ヒールの靴では歩けなそうだ。
    方向音痴の私は一人じゃぜったい歩けなそうだ。
    散歩中、誰とも会わなかったんですか?
    猫や犬とかも?

    1. Chieさん,ホテルやレストランが並んでいるんですが,材料の買い物はどうしているのか不思議です.湖側だったら,船で運んでるのかもしれません.小さな桟橋があちこちにありますので.
      散歩中,地元のばぁちゃんたちには会いました.もちろん,ボンジョルノしましたよ.

  4. ん~ 惹かれる町景色です。路地の頭上、家と家の間に
    渡っているアーチ橋はなんでしょう?
    路地って味わいありますね。ちょっとスリリングな感じもしますし、
    観光向けでない町そのものの日常の顔が垣間見えるような気もします。
    安全とわかっていないと怖くて歩けないかもですが。

    1. ポージィさん,アーチは建物の支えだと思うのですが,もしかすると猫の道かもしれません.
      小さな田舎の村ですので,安全ですよ.最近は次第にお土産物屋も増えて観光化されてきましたが,それでもイタリアの観光地と比べると全く静かなもんです.路地探検も,実を言えばほとんどの路地を知り尽くしてしまったんですよね.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください