再び彼の国から,意外と近かったショッピング街

宿泊客に西洋人が多いらしく,ホテルの中華風朝食コーナーは閑散としていました.そんな朝粥にコーヒーを付けて一人食べてたのは日本人.これ,美味しいですね.毎朝お粥でも良さそうです.

お粥の朝御飯
お粥の朝御飯

とか言いつつ,次の瞬間には洋食に逆戻り.

パリパリふっくらなクロワッサンなのですが,なんかちょっとバター感が足りない...

中国のクロワッサン
中国のクロワッサン

さて投宿時はもう真っ暗だったのでホテル周囲の環境とか位置関係が良く分からなかったのですが,朝ホテルを出て実は北京でも有数のショッピング街が目と鼻の先であると気づきました.名前だけは知ってる王府井(Wangfujing)って所です.

北京のApple Store
北京のApple Store

まだ開店前の時間なので閑散としてますけど,こんな店があるってことはつまり一等地ってことなんでしょう.それにしても警備の人間の多いこと.

北京のPrada
北京のPrada
Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

「再び彼の国から,意外と近かったショッピング街」への10件のフィードバック

  1. 北京てほんとに大都会なんだー、って思いました。
    今日の北京は強風みたいですね(ニュースで見た)
    ズラなんかだとぶっ飛びそう。

    お粥のトッピングは何ですか?

    1. Chieさん,昨日も今日もすごい風でしたよ.髪の毛総立ち,みたいな.もっとも僕の髪の場合は,暴発状態という方が適切かも.

  2. なるほど、これなら王府井から歩いていっても問題なさそうですね。では予定通りに。

    1. misssyさん,はい地下鉄駅から十分歩けますよ.ではそろそろ僕も階下へ歩いて行きますかね.

  3. 彼の国への出張、あるんですねえ。ラボのセキュリティチェックが厳しそう。
    さすが本場パリへの出張をかさねていらっしゃるだけあって、クロワッサンのバターが足りないと。。。アメリカのふにゃふにゃクロワッサンよりは良さげ。

    1. あーにゃさん,やってできないことは無いです.時間がかかるのと,手続きが面倒なだけで...
      アメリカのアレは,クロワッサンじゃなくてフニャワッサンでしょう.表面がパリっとしてないのは認めません.あー,Paulのクロワッサンが食べたい.

  4. ついつい野菜不足を指摘したくなりますが(もうしてる)
    なかなか美味しそうですね。
    ジュースは何ジュースでしょ、この色だと…桃??
     
    巨大で斬新デザインのPradaにびっくりです。
    私じゃ絶対足を踏み入れられそうにありません。

    1. ポージィさん,野菜,ちゃんと取ってますよ.漬物とか...
      このジュースはグレープフルーツの筈なのですが,なんかすごく甘かったです.今日はオレンジにしました.
      巨大で斬新なファッションビルだろうが,一歩入れば中には八角の香りがぷ〜んと漂ってる所がとってもこの国だったりします.

  5. 視界よろしそうで何よりです。
    お粥のトッピングの種類の豊富さには驚かされませんか?
    ココナッツのデニッシュ系のパン置いてありますか?あったらお試しください。日本のパン屋さんのとはちと違うと思います。でも、残念ながら中国のお菓子は口に合いません。

    1. いたずらリスさん,青空の北京からです.このホテルのトッピングの種類は,10種類くらいでしたっけ.豊富と言うほどは...
      パン類は,本当に極普通のヨーロッパっぽいのばかりでした.どうもこのホテル,客層がヨーロッパ系が多いようで,それに合わせてるのかもしれません.

コメントは停止中です。