当事者がここにいた

クゥ
クゥ

職場の年配の方と仕事の話を終え,雑談モードになった時のこと.トンデモ科学へと話題が飛び,ふと僕が,歯医者のレントゲン装置を使った爆弾なんてありましたよね〜と冗談半分に言うと,いきなり彼の目が輝いてきた.

「そうそう,あれは大変だったんだよ.わざわざChicagoまで実験しに行ってさ〜...」

きのこ
きのこ

話の発端はTexas大学の研究者らが実験的に観測したと言う,Halfnium(ハフニウム)同位体からの高いエネルギーの放出.これは兵器に使えるぞと沸き立ったものの,その実験に使われたのが歯科用X線装置と言うんだから,それはちょっと無いんじゃないかと物理学者らが飛びついた.

歯科用でそんな不思議なことが起こるんだったら,もっと強力な加速器を使って実験してやろうというプロジェクトが起こったんだとか.で,目の前にいる方が,なんとその当事者だった.

思った通り,実験しても何も起こらなかったので,加速器のパワーをさらに上げてもらったんだそうです.そしたら,サンプルが溶けて穴があいちゃったんだって.

それはそれで兵器に使えそうな話ですが,電気代がかかって効率悪すぎますね.

いやはやそれにしても,有名人がゴロゴロしている職場で驚きです.ちなみにこの話題に関してはImaginary Weaponsという本が出版されています.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

4 thoughts on “当事者がここにいた”

  1. 雑談で兵器の話が出るって・・・
    やっぱ普通じゃない。

  2. chieさん、相変わらず突っ込みがお鋭くあられまして。。。(^o^)v

    歯科関連レントゲン写真を殆ど撮ったことがない私。先日、大学病院の歯科専用放射線科で物珍しい装置を目にし、放射線技師の方に、使い方や何で横になってレントゲン撮るのか?など教えてもらいました。

    なるほどそうなんですね ー⭐️

    1. いたずらリスさん,なんでしたらここいらで一度,盛大に撮られてみてはいかがでしょうか.いっそ全身X線写真なんかを後世に残すのもよろしいかと思われます.

コメントは停止中です。