コンピュータのお名前

いけっち氏のマシンのホスト名へのトラックバックです。

それはまだInternetというものが日本にやってきて間もない頃。コンピュータをケーブルでつないでネットワークを作り始めると、それぞれのコンピュータにお名前が必要になってきました。なるべく覚えやすく、簡単なものが良いのですが、実際には管理者の趣味が端的に反映されます。

良く見かけたのは、惑星の名前。Mars, Jupiter, Venus…に混じって、Earthでは無くMoonが入っていたりするのは、月に代わっておしおきされたい大学生が多かったことと無関係ではありません。

ギリシャ文字というのもありました。alpha, beta, gamma, delta,…とここまで来て、大概停止します。次の文字はε、いぷしろん、綴り、分かりますか?

覚えにくい名前を付けられるのも困りモノで、職場にあるネットワークプリンタの名前は、Sleepy, Dopey, Spooky,…「七人の小人」シリーズ。七人全部、言えますか?

その他、思いつくままに今まで見かけた名前シリーズを並べると、七福神、JR駅名、ギリシャ神話、アニメ・ゲームの登場人物などなど。中でも必ず出て来るのが、女の子の名前。もう理系野郎世界のお約束です。そういう名前を付けると、会話がなんとも怪しくなってきます。

「今朝起きたら、えりが死んでてさー」とか
「ちょっと、ともみ、使ってもいい?」とか
「今晩、ゆみを持って帰って遊ぼう」とか。。。電車の中とかで話してたら怖いです。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

11 thoughts on “コンピュータのお名前”

  1. 3人の女性の名前、何かイワクありげですね?理系野郎世界のお約束・・・、悲しい程、理解できますよ。何かに愛称を付けると必ず出てくるのが初恋の女性の名前とか・・・。ひょっとすると3人の中にいたりして・・・。

  2. マシン名、元素記号とかなら無難そうですねぇ。
    軽めのと重めので分けられそう。

    職場でよく「(ルータが)死んだ」とか「(プロセスを)殺す」とか言いますが、
    普通の人が聞いたら引くでしょうね・・・
    「ハートビート」で「生死確認」とか言ってるし。

  3. 最後の3行で笑いこけました。
    これやっちゃったら、かなり怪しい人ですよ。

    コンピュータの名前って、あまり意識してきませんでしたが、
    (意識しようともしてなかった…)
    そういえばうちのの「Prius」ってどういう意味でしょ?
    英和辞典引いても出てこないって事は、英語じゃない??
    車の名前ってのも、訳のわかんないのがいっぱいありますよね。
    名づけ親の方たちは、いろいろ思い入れがあるのでしょうけれど。

  4. Sallyさん,ここの名前はfictionであり実在の人物とは何の関係も...
    あれ,なんか微妙にそんな名前のが紛れ込んでるぞ!?

  5. いけ君,トラックバックさせて頂きましたけど,そちらほど笑えるネタは
    思い付かなかったです.orz

    元素記号だと,DNSが水素ですね.「ちょっとHに入ってみるか」とか
    言うんでしょうか.ヘリウムがファイルサーバだと”mount He”とかなって,
    彼をマウントしてしまいます.

    プロセスを殺しても,ゾンビが残ったりする世界ですもんね.

  6. ポージィさん,今どきこんな名前付けてこんな会話してたら,セクハラですよね.
    ネットにつながっているコンピュータ,意識してなくても普通は自動的に名前が
    ついているんですよ.大概は無意味な数字とアルファベットの羅列ですけど.

    車とかコンピュータの製品名も,いろいろと考えてるみたいですね.
    それを専門にする人もいるそうです.かっこよさげな名前を思い付いたら,
    製品ある無しにかかわらず,とにかく意匠を取ってしまうらしいですよ.

    プリウスは分りません.なんとなくイタリア・ローマっぽい響きですね.

  7. こんにちわ、難しそうな話ですが、興味津々です。
    ちなみにpriusはラテン語で’先進的な’という意味です。トリビアでした。(飛行機の中のシートに付いている画面には9時間の間2500個位のトリビアが流れています、数える内に寝ちゃいましたけど:)ーUnited Airline)
    理系の方って時々可愛いなと思ってしまいます(失礼!)、なんというか今回の名前みたいに、飛んだというか富んだというか、すごい発想です。私は典型的な文系、芸術肌の人間なんで、びっくりの連続です。
    博士が愛した数式という小説をみてもそうですが、ものに対する接し方の差というのが間反対なんだろうなと思いました。違うからこそ意味があるとは思いますがね。
    日本では経済を学んでましたが、どち付かずの学問だなというのが卒業後の感想です。だからこそ面白く感じる部分もありますが、なんだかんだ言っても白か黒かどちかにどっーぷりはまっていたいというのが正直な今の気持ちです。
    数字を名前というのも文系の人間である私には新しい発想です。
    ほら、罪人とか、未来のサイボグとか皆数字で呼ばれているんじゃないですか?なんだか冷たいという感じで認識されているみたいですね。一種の固定観念かもしれませんね。
    ものと人間の立場を置き換えって考えてみれば彼らにとっては普通かも知れませんね。
    そういうどころが何だか愛くるしいときもあります。
    もちろんものことを理性でしか考えないのかなと感じるときもありますが、きっと脳の発達した部分が違うとかいろいろ理由があるかも知れませんね。(そういえば私も理つめて考えてしまってうんざりされたことありますね、20頃の彼氏に:)恋愛って気持ちの問題であって科学的に考えるものではないのに嫌われたくないという理由で計算してしまうところありましたよね。自然現象も予想通り行かないのに人間関係どうなるかわからないですもんね、最近わかりました、遅っ!!
    今も残ってるかも知れませんね。週末もし他の人といたら電話して気まずいじゃん、とあっさりと理由つけて、受話器置いちゃうんです。今週は勇気出して電話しちゃおうと思ってます、あ、それと就職先が確定したんで一応管理人さんにご報告します。涙流しながら笑ってくださ〜い:)
    私も家帰ったら一つ一つに名前を貼ってみます。きっと今よりもっと大切に扱うんではないでしょうか。愛着って不思議で、執着とはけゲタ違いのパワーがあると思います。きっと人に与える心地よさも違うんでしょうね。
    このページにとても愛着を感じています。また、富んだ、飛んだ雑談持込許可いただけるなら、書き込みに来ますね。See you!!

  8. P.S.激励のコメントありがとうございます。
      どんどん進んで行きたいと思ってます。ご指導の方よろしくです。
      奥様は魔女じゃなくて奥様は美女ですよね。

  9. Hyun-ahさん、こんにちは。まずは就職確定、おめでとう。新しい日々の始まりですね。

    priusはラテン語でしたか。確かにトヨタのハイブリッド車、先進的ですね。
    SF映画で、名前が全部番号っていうのがあるんですよ、THX1138というやつ。ジョージ・ルーカスの
    昔むかしの映画なんですけどね。未来の管理され、恋愛すら禁止されている社会の話です。
    こんな世界に比べたら、現在は天国のようなもんです。

    雑談持ち込みwelcomeですよ。いつでもいらしてください。

  10. こんにちはLiLAさま、はじめましてのようなそうでないような。
    拙ブログにお書き込みありがとうございます。
    マックには名前をつけたいですがウィンドウズマシンには名前なんか無用におもうのは私だけでしょうか。
    システム7,5がはいっていたSE-3はフェデリコといいました。そのまえのマックSE-30はガルシーアといいます。いまのいきのこっているG-3ノートはイグナシオといい、みんなロルカまわりの名前です。

  11. とくさん、こんにちは。
    Windows上やAppleTalkでの名前というよりは、DNSで参照される名前なんで、とりあえず全部に
    名前が付いていました。だからWindowsから見える名前とは違っていたりすることもありましたね。

    SE30は懐かしい。友人が持っていて羨ましかったです。Classic IIが出たときに飛びつきました。
    でもあの頃は電話線使ってAppleTalkで繋いでいただけでしたね。TCP/IPで接続するようになったのは、
    PowerMac7100を買ってから。このコンピュータの名前はkanzeonでした。

コメントは停止中です。