簡単には読めないPolandの名前

「物理学科にいる@#$%教授,知ってる?」

どうやら実験物理の人らしいのですが,聞き慣れない名前です.

「君がやってる研究に関連した実験してるハズだよ」
「その大学だったら,%$#@って人なら知り合いだけど...」
「いや,そうじゃなくて@#$%」
「◯◯の実験,してる人?」
「そう」
「%$#@教授じゃなくて?」
「いや,違う」

別に伏せ字にしてるつもりは無く,カタカナでは書けそうにもない変わった発音の名前です.しばらく同僚との話が噛み合わず,でもどう考えても内容的に同一人物のことを話してるようなのです.

「もしかして first nameは,Robert?」
「うん,そうそう!」

グラスの灯
グラスの灯

ようやく話が繋がったっぽい.その先生,Polandの出身で,名前のスペル綴りがアメリカ流発音と一致しません.僕はおそらく原語に近い発音でその人の名前を覚えていて,同僚の方はと言えば Americanized された折衷発音で彼を呼んでいたのでした.

実際,Polandゆかりの名前 – よくあるのがナントカスキーとか – は全く読み方不明なものが多いです.例えば,wlorczyk, Siestrzewitowski, Brzeczyszczykiewicz.想像も付きません.

どうせ正しく発音してもらえないからなのか,その人は苗字の読み方を英語流に変えてしまってるようなのです.生活の知恵というか,何と言うか.

日本人の場合,苗字に関してはまあまあ正しく発音してもらえますね.鈴木がスズゥキィ,横山がヨコヰムァになっちゃう,変な第ニ,第三音節へのアクセントを除けば,ですけど.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

10 thoughts on “簡単には読めないPolandの名前”

  1. はて、ポーランドの名前って?
    試しにサッカーで調べてみました(暇だね私も)
    ラドスワフ・ヤヌキエヴィツ
    (Radoslaw JANUKIEWICZ)
    グジェゴシュ・ヴォイトコヴィアク
    (Grzegorz WOJTKOWIAK)
    思った以上だ・・・

    1. Chieさん,サッカー選手で調べるとはさすがです.ゲーム中継でのアナウンサーは大変でしょうね.舌噛みまくったりして.

  2. 名前って、本当は正しく呼んでもらいたいのが人情。
    でも、違う言語の人からすると、やたら難しかったりするものですねぇ。
    ↑ chieさんが調べて書いてくださった名前、カタカナでも
    すっとは読めない~
    そういえば、モンゴル出身のお相撲さんの片かな書き本名を見た時も
    読めませんでした。

    1. ポージィさん,モンゴルの名前も難しいですよね.綴りがすごく長かったりするし.こちらにも何人かモンゴル出身者が居たのですが,やっぱりアメリカ人が呼びやすいようなニックネームを自ら選んでいたようです.

  3. ウィーンにはKutschkergasseみたいに子音が5つ続く通りの名は結構あるんですが、今は6つ続くのを探しているところです。「チェコ」もドイツ語だとTschechischeみたいに子音文字が4つ続いてしまいます。これがチェコ語だと特殊文字のおかげでČeskáと子音文字1つに置き換わってしまうんですけどね。

    1. 現地委員さん,そこはもう子音しかない地名を探すしかありません.Kyzylみたいな....もっともyは準母音だけど.
      ドイツ語でバイバイの意味の tschuss とか,長いことスペリングが覚えられませんでした.

  4. >想像もつきません

    ってところと、日本人の名前のアクセントのところ、何度も読んで何度も笑ってしまいます。あの抑揚は面白いですよね。

    1. Sanaeさん,僕の名前なんて特に発音しにくいらしく,よく適当に誤魔化して僕を呼ぶ奴がおります.そういう人には,「え?」っと何度も聞き返す,教育的指導を行っております.

  5. 人の名前は古今東西関係なく難しいのです。
    ほんと、ワールドカップの試合中、実況中継の方々は選手の名前をどのように呼んでいるんでしょう?考えるだけでもぞっとします。
    その点、スペイン語圏の発音は楽でいいですよね。

    1. いたずらリスさん,もしかすると名前じゃなくて番号で呼んでたりして.オリンピックとかも,大変ですよね.世界中の変な名前,大集結.

コメントは停止中です。