ポスドクさん常時募集中ながらも,面倒なのはやっぱりお金

なんだか煙臭いと思ったら,また裏山で山火事だそうです.火は遠いようなので,こっちまで来る心配は無いかな.煙で夕日が不気味に赤く染まっています.

山火事の煙
山火事の煙

さて学者というのは勉強だけしてればいいってことも無くて,それなりにお金の事でも頭を使います.先日もそんな「専門外」のことに悩んでおりました.

日本の友人らと研究予算の話をすると,アメリカでの研究費の大きさに驚かれますが,それは予算が人件費込みだから.誰かを雇うとなると,まずは給与,それから事務所経費,パソコンを買ったり出張費を計上したりと,考えること山積みとなります.

...と言うのは表向きの話.実はそこはアメリカ流,超簡単などんぶり勘定計算方法があったりします.ポスドク一人1500万円.これっきりぽっきり.

でもって頭が痛いのは,自分のところにポスドクで来たいという問い合わせに,そんなお金をどっから調達してくるかということです.優秀なポスドクさんだったら,頑張ってお金を調達して来なくもないですけど,パソコン一台買うとかいう金額じゃないですしねえ.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

10 thoughts on “ポスドクさん常時募集中ながらも,面倒なのはやっぱりお金”

  1. 山火事心配です
    早く鎮火する事を願っております。

    1. rockyさん,今日はかなり煙があがっていました.でもこっち側はもう燃えるものが無いんじゃないかと,勝手に想像してるんですが.

    1. Chieさん,いえいえあるのです,
      燃える ♥ がここに!
      真っ赤にも〜える〜〜....

      おぢょうさん,おいらに近づくと,ヤケドしちまうぜ.

  2. また山火事ですか。
    どこかでは大雨被害が出てませんでしたっけ。
    なのに、そちらでは乾燥による火事でしょうか。
    多少景気が上向いたという話も聞きますが、
    経済事情は火の車ってとこが多いですね。

    1. ポージィさん,山火事の場所を地図で見たら,も一つ向こうの山のようなので,取り敢えず問題は煙だけのようです.乾燥による山火事は,この南西部からカリフォルニアにかけて,頻繁に起こっていますよ.落雷で発火することが多いようです.

  3. いやいや毎年恒例の山火事となりましたね。ちょっと周期が短くなってきていません?
    こっちまで来ることは無いかな?っていつかも言ってませんでしたっけ?油断禁物ですよ!でも、もう燃えるものないんじゃないかって、私もちょっと思う訳ですが。

    1. いたずらリスさん,本当に毎年恒例になってしまいましたね.冬の雪も減ってきたし,そのうち何かすごいことになるんじゃないかと...
      こちらまで燃え移ってくる可能性は低そうですが,落雷からの山火事は,いつどこで発生するか予想できませんからね.

  4. 人件費の確保は日本の業界でも頭痛いですねえ…。
    億単位の大型プロジェクトを当てにいく大教授(とその周辺)ならともかく、個人研究サイズの科研費でポスドクを雇うお金を積むのは大変です。その意味では、日本はアメリカに比べると研究費で人を雇うって文化がまだまだ薄いですよね。

    1. Hiroさん,個人研究サイズの科研だったら,ほんとに学会発表出張費とか,パソコン購入とか,そんなので使いきってしまいますね.実験してる人だったら,◯社の測定器を購入したらおしまいとか.
      人を雇うとなると,定員がどーのこーのとうるさい事を言われますからねぇ.

コメントは停止中です。