ニューメキシコプレート

ちょっとした夜の会食があり,町外れのレストラン,DeColoresへ行きました.ここはニューメキシコ料理の店.ニューメキシコ料理は,基本的にはメキシコ料理ですが,辛さがパワーアップしています.辛い物ダメな人は,ここでは生きていけないでしょう.このレストランには何度か来たことがあるので,一通りのものは食べたと思いますが,今回は基本中の基本,コンビネーションプレートを注文してみました.メニューの一番最初に載っているやつです.

料理を注文するときは,トッピングのチリを聞かれます.レッドチリはそのまんま辛い唐辛子.グリーンチリは細長いピーマンみたいな奴で,辛さはマイルド,でも時々大当りがあるというロシアンルーレットみたいなもの.赤と緑をミックスして注文することもできます.

写真の小皿は,お馴染みタコス.これはビーフタコにグリーンチリを挟んだもの.

左の大きな皿には,ちょっとごっちゃ煮になってますが,3つの料理が乗っています.一番左は日本のコンビニでお馴染みのブリトー.チキンの具を,トルティーヤと呼ばれる平たいパンのようなもので巻いたもの.その横は,やはりトルティーヤで巻いたチーズで,上からソースがかかったエンチラーダ.因みにタコスの皮は,コーントルティーヤを揚げたものです.

一番右はレジェーノという,グリーンチリに詰め物をしてフライにしたものです.辛いですが,癖になります.似たようなのを家で作ったことがあります.ピーマンの肉詰め料理ってありますよね.あのピーマンの代わりにグリーンチリを使うわけです.旨いですよ.もうビールが止まりません.

これを読んで無性にタコスが食べたくなった人,こちらからどうぞ.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

「ニューメキシコプレート」への6件のフィードバック

  1. 相変わらずメキシカン料理というのは盛り付けに何の工夫もしていないと思うのは私だけでしょうか(笑)。まるで繊細さがない。まあ、慣れてしまえばどってことないのですが、メキシカンは胃に重く感じるのは私が歳とってきたせいかもしれません。たまに食べたくなってレストランに行って食べた後必ず後悔するのもメキシカン(笑)。でも、グリーンチリにはまるというのは私も同じです。あるのとないのとでは、料理の味が変わりますよね。でもどんなメキシカンの豪華料理があったとしても私はご飯とおみそ汁が一番かな(笑)。

  2. Esperanzaの住人さん,盛りつけのおおらかさ,と言うか雑さ,いつも思いますよ.
    これをやられると,全部同じ味になってしまうんですよね.で,食べても食べても
    無くならない量に,次第にうんざりしてくる.チーズもたっぷり入っていて,
    かなり胃にもたれますよね.

    Los Alamosに来てNew Mexico料理を色々と食べたんですが,最近はちょっと飽きて
    きています.同じNew Mexico料理でも,家庭でちょっとアレンジしたやつのほうが,
    日本人の味覚に優しいというか.もちろんグリーンチリはテンコ盛りで入れます.

  3. Fajitaでしたっけ?メニューの最初に方に結構な種類出ていますよね?初めてこの名前をメニュー上で見たとき、てっきり「ファジータ」と思っていたら、Ja,Ji,Ju,Je,Joは、は、ひ、ふ、へ、ほ、という発音に近いんですよね。あの全く味のしないお豆、日本で甘めに味に煮込んである、あの豆が見当たりませんが?あれも良く見ますよね、コンビネーション・プレート上で。トラックの車体に「Navajo」という文字を見て、ナバホと知るまでに少し時間が必要でした、私は。あれはスペイン風の発音でしょうか? 
    以前、チマヨのレストランで日本人四人(ロスアラモス在住者2二名+出張者2名)でディナーを楽しんでいると、奥の方に香港辺りからのツアー客がいました。その中に日本人の女性がいて、我々に気付き、「なぜこんな所に日本人がいるんだろう、それも4人も」と思ったらしく、我々のテーブルに来て、「どうやって来たんですか?」と尋ねるんです。てっきり、交通手段だと思った私は、「車ですけど」と答え、失笑を買ってしましました。彼女は、LANLの存在や、そこに日本人が結構いることを全く知らなかったようで、説明すると驚いていました。

  4. 末吉→吉になりました♪
    いやぁ〜、この記事を読んでいるだけで、食べてもいないのに辛さの癖になった気分です。
    ピーマン代わりにグリーンチリの肉詰め、これ絶対に美味しそうです。
    でもきっと本当に辛いんでしょうね〜。
    やっぱり、これにはお茶でしょう・・・!!たまらんたまらん。
    昨日も自分の誕生日だというのに友人達の運転手になり、ひたすらお茶ばかり飲んでいた
    吉のMimi☆Kiraでございました(笑)

  5. Sallyさん、スペイン語では、JはHになりますので、Fajitaはファヒータですね。この辺りの地名とかも、殆どスペイン語表記なので、慣れるまで読み方に苦労しました。JemezとかCaballoとか。ルールを覚えれば、読むだけはできますけどね。ZはS、LLはY。読めても意味は分かりませんけど。
    日本の金時豆に似た奴、Anasazi Beansかな。メキシコ料理って、豆が多いんですよね。付け合わせの豆を真面目に食べていると、メインの料理がお腹に入らなくなってしまいます。

    チマヨみたいに西部劇に出て来る様な小さな村で日本人が食事してたら、知らない人は驚くでしょうね。チマヨに香港からツアーで来るっていうのも、かなりアレですけど。サンタフェのツアーに、グルメのオプショナルツアーが付いてたんでしょうかね。あそこのレストランはそれなりに有名ですし。

  6. ははは、吉さんになったんですね。末吉じゃなくて良かったですね。
    グリーンチリの肉詰め、美味しいですよー。辛さもほどほどで、火を吹くほどじゃないです。
    でもお茶で行けますかねぇ。。。。やっぱビールでしょ。アルコール無しのを頼んでみますか?

    それにしても、全然飲めない友人が一人いると便利ですな。欲しいです、そういう友人。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください