話に聞くほど簡単では無かった

なんかもっと簡単な方法は無いのか,いつもそんな事を考えながら仕事をしています.とあるややこしい問題をノートパソコンで解けないもんかと試行錯誤してた時のこと,コンピュータ好きの同僚から,それだったらすごく効率よい方法があるよ,と教えられました.

その方法を使って,まずは超簡単な問題を使ってテスト計算.あっという間に結果が出ます.これは良いかも.

2D Wave Function
2D Wave Function

ちょい拡張して,二次元計算.

うーん....結果は出るものの,ノートパソコンでやるにはちと荷が重いか.これってほんとに3次元,つまり3D計算に使えるのかな.

先程の同僚に,これでほんとに三次元やれるの?と聞いてみたら,

「もちろん!スパコン使えば一発だよ」

いやだから,そういう面倒くさいことは,したく無いっちゅうとるに.どうして最近の若いもんは,力任せにやろうとするかなぁ.俺の数日分の労働時間を返せ.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

10 thoughts on “話に聞くほど簡単では無かった”

    1. ちろこさん,そこんとこ switch を使って頂ければ,もっとディープな話題にできたのに.

  1. この血の池地獄は3次元じゃないんですか?マイムマイムを踊っているようにも見えますが。

    1. misssyさん,2次元格子状に定義された量なので,図は三次元になるです.シュレディンガーさんの猫がマイムマイムを踊っていたかどうかは定かではありません.

  2. 切除した私の大腸ポリープ
    かと思った。

    1. きゃーさん,そういや腸の表面っぽい...
      あと100枚くらい画像ありますけど,出しましょうか?

  3. 最近のノートパソコンは4つもコアを持っていたりしてなかなか侮れませんねっ!

    1. sanndaru17さん,ノートパソコンの場合はメモリがネックになったりするんですが,でかい配列が必要無いなら,計算しながらゲームとかできますね.学生の頃は,プログラムのサイズを何とか640kB以内に収めようと苦労したもんです.

コメントは停止中です。