さわやかな音楽

家内に、朝、キッチンで聴く爽やかな音楽のCDが無いかと聞かれたので、CDの棚を指差して
「そんなん、適当にそっから取ればいいやん」と答えたところ、
「だって、ショスタコービッチとかバルトークとかばっかりじゃん」

確かに爽やかさには欠けますが、所詮は食べず嫌いです。僕が納豆が嫌いなのは、きちんと3粒ほど食べた経験の上で「腐った豆は嫌」と意見しているのであって、こういう態度は見習って欲しいものです。

ShostakovichとBartokに関してはおかしな話を聞いた事があって、その昔、とある東京の有名私大において、「どんな音楽を聴いているか」と聞かれたらこの2人を答えるのがエリート的にコレクトだったんだそうな。数十年も前の話ですが、近代の難解で知的な音楽を伊丹十三のように眉間に皺寄せて聴くのが秀才の証だったのかな。

学生だった頃、友人がShostakovichの9番の交響曲第1楽章の第2主題を「じゃんけんケンちゃん、あいこでチャコちゃん」と歌っていたのを聞いて爆笑して以来、あの旋律を聞く度に「じゃんけんケンちゃん」が頭から離れず、とても眉間に皺なんて寄らないんですけど。あと、7番の交響曲の「ちーんちーんぷいぷい」も。

閑話休題(それはさておき)、朝からBartokのViola Concertoなんて聴いていたらやっぱり気が滅入るので、僕なりに自分のCD棚の中から選んだのは、次のとおり。

  • R. Schumann, Symphonien Nr.1 “Fruehling”, Nr.3 “Rheinische”
  • A. Mozart, Streichquintett Nr.3, KV 515
  • G. Mahler, Symphonie Nr. 4
  • J. Haydn, Streichquartett Op.76 Nr.3, “Kaiserquartett”
  • F. Schubert, Symphonie Nr.5 B-dur, D 485
  • V. D’Indy, Symphonie sur un chant montagnard Francais, Op.25

もちろんコダワリ付き選曲なので、ペールギュントとか四季は入ってません。最後のやつ、ダンディの「フランスの山人の歌による交響曲」は、交響曲と言っていますが、実質はピアノ協奏曲。朝日の差し込むキッチンで、コーヒーでも飲みながらお聴きください。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

9 thoughts on “さわやかな音楽”

  1. > nyf1403さん、
    「百恵のテーマ」すごく気になります。どのフーガでしょう?
    ショスタコ、食べず嫌いのままの方が良いかもしれませんよ。

    「似た旋律」シリーズでは、千と千尋の神隠しのテーマ曲と
    シベリウスの交響曲第5番というのもあります。

  2. >天国リスさん、
    初登場とのことですが、なぜかデシャヴを感じます。気のせいでせうか。
    さっき晩ご飯の残飯を庭に出したら、3分と経たないうちにスカンクさんがやってきました。
    買ったばかりって、たったの2枚ではないですか。そのうち毎週1枚のペースになりますよ。
    朝だけでなく、夕食後にも音楽をどーぞ。

  3. おはようございます。
    「じゃんけんケンちゃん・・」笑えました。今度、聴いてみよう。Schostakovicは、完全に食わず嫌いです。
    オルガンにもこういうのがありまして、バッハのある有名なフーガ、「百恵のテーマ」とよんでおります。
    爽やかな朝にはほど遠い、ドイツです。

  4. 初登場、天国のいたずらリスと申しますぅ。以後、宜しくお願い申しまするぅ。

    「朝日の差し込むキッチン」。。。いいなぁー、いいなぁー、憧れます。
    それに引き換え我が家、団地の7階の角部屋の割に「差し込む」にはちと遠いような気がします。。。
    おまけにリスさんもラクーンさんもスカンクさんもコヨーテさんも熊さんも見えません。見えるのは鳥さんハトさん
    カラス(これだけ差別)くらいなものでせうか。あっ、そう言えば先日部屋から目の位置より少し低い位置で
    猫さんを見ました。どちらかのお宅で飼っていると思われる猫が堂々と5階のベランダの塀を歩いていたのです。
    ここのマンションは、ペット禁止なのですが、猫さんをはじめ、犬さん、ウサギさん、ハムスターなどをよく見かけます。
    海の方を見るとお魚さんが飛んで遊んでいるのが見えます。 それにしても「朝日の差し込むキッチン」は、よかです。

    話がズレてしまいました。我が家のキッチンには朝日が直接差し込むことはありませんが、”おいしいぃ〜コーヒー”を
    飲みながらさわやかな音楽を聴くのは良いものです.我が家のポチもクラッシックがすっかりお気に入りになって
    しまったようで、時より指や頭を振ってリズムを取りながら鑑賞しております。ポチのiTunesとiPotをもっとフル活用
    させる為に久しぶりにCDでも購入するとしませう!と思いきや、MIDORIのコンサートの時に2枚購入したばかりでした。

    風の噂に寄ると選曲が大変だったとか。ご心中お察し申し上げます。

  5. 私は小さい頃に朝さわやかなBGMを母親から指示され、いそいそと
    シューベルトの「グレート」をかけたところ、ブーイングを買いました。
    それこそペールギュントとか四季みたいのを期待されていたらしい。

    趣味でバイオリンを弾くオクサンはレッスン前に時間構わずCDを聴き込むので、
    朝食のお供がバッハの無伴奏シャコンヌだったりします。
    こういうときは二人で背筋を正し、もくもくとシリアルを口に運びます。

    私はべつに朝からタコ4でも弦チェレでも構いませんが。

  6. バッハの無伴奏聴きながらシリアル食べる朝って、傍目にはちょっと異様ですよ、きっと。
    バッハから何か一つ出そうかと思ってたんですが、結局やめました。候補にあがったのは、
    イタリア協奏曲、2つバイオリン協奏曲、あとブランデンブルグの3と5番。

    タコ4なんて朝から聴いてたら、一日中あのひねくれた旋律が頭にこびり付きそうで、
    ちょっと嫌です。

  7. h-mollですね。今度注意して聴いてみよう。
    それにしても、受難節に百恵の取り合わせはかなり妙。

    歯磨き四重奏、もしかしてラズモフスキーの1番の2楽章ですか?
    「シュシュシュッシュッ、シュシュシュッシュッ…」って磨けそう。

    無伴奏チェロ、左手の練習のために時々ピアノで弾いています。
    右手が空いているので、譜めくりは楽。

  8. hiroさん、こんばんは。
    バッハの無伴奏で朝ご飯なら、月並みですが、チェロ組曲のG-dur プレリュードではないかと・・・.

    管理人さん
    h-mollのフーガです。百恵のテーマといっても、最初のほうだけですが。「あなたにおんなのこの・・・」ってやつです。
    この曲は受難節に弾く曲なんですが(普通のコンサートで弾く事もありますが、礼拝では受難の頃だけ)、フーガにはいると、思わず、ぶふふ、って笑ってしまいます。私が弾いている教会は、オルガニストが見えませんので助かりますが。

    ベートーベンの弦楽四重奏の、どれだったかな〜。歯磨きするのにぴったりなのがあったんですが・・。

  9. h-mollのフーガ、楽譜をネットで見つけました。BWV544ですね。
    http://www.mutopiaproject.org/ftp/ BachJS/BWV544/bwv544/bwv544-a4.pdf

    なるほど、フーガの最初の部分、「あなたに…」ってなってる。
    オルガンの楽譜を見るのは初めてですけど、ペダルも含めて3段あるんですね。
    ピアノ曲でも3段に分けて書かれたものがありますが、あれは読みやすくするため。
    ピアノの2段譜でも同時に読むのはややこしいのに、3つ同時に読むなんて…。

コメントは停止中です。