Beethovenの最後のソナタ

Beethoven Piano Sonatas 30, 31, 32

この三曲のことを語りだしたら終わらないほど思い入れのある,Beethovenの最後のピアノソナタです.ニックネームが付いた三曲,「悲愴」「月光」「熱情」の方が圧倒的に有名ですが,Beethovenの晩年に書かれた第30番,31番,32番の三曲は全く別世界の音楽です.

一方ある種の取っつきにくさがあり,一般受けは悪いようです.僕自身も,昔は少々苦手でした.これらの曲の魅力が分かるようになるには,少々「枯れ」が必要なのかもしれません.あるいは何かニックネームがあればいいのかもしれませんね.32番はさしずめ「涅槃」ってところかも.

最後のソナタ,第32番の第二楽章.16分の9拍子という変わった拍子の,シンプルな主題を持つ変奏曲です.リズムが次第に細分化され,複雑なシンコペーションになり,まるでスウィングするように盛り上がった後,満天の星空の中へ一旦退いていきます.

やがて音符はさらに細分化され,細かな左手の分散和音の上に元のテーマが戻り,全く息継ぎなしで終結部へと向かいます.

最後は延々とトリルを続けながら同時に旋律を点描のように紡ぐという,非常に難しい部分ですが,全く独自の世界が現れます.

ところで,ChopinはBeethoven最後のソナタを結構ぱくっております.彼の第2番のソナタの始まりは,この曲とそっくりだし,革命のエチュードにも似た部分が出てくることが知られています.

ソナタ第二楽章最後の部分,ピアノの高音部から駆け下りたかと思うと,あっさりと終わってしまう部分を弾く度に,僕はChopinの晩年の「舟歌」を思い出すのですが,あまりパクリ疑惑を増やすのも良くないですね.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

2 thoughts on “Beethovenの最後のソナタ”

コメントは停止中です。