電波を感じる

history museum

出張でホテル宿泊中,特にヨーロッパのホテルで,部屋のよってはWiFiの電波が弱くて接続が断続的になることがごく稀にあります.ドア付近まで移動すれば電波の強度も上がるのですが,電波の強いスポットはどこなのか目で見えたらいいのになんて考えておりました.

でも目で見えなくとも,電波を感じちゃう方っておられるそうです.一般者向けの講演をされていた先生から聞いた話.

聴講していた一人が,突然,会場に居た人全員に向かって「携帯の電源を切ってください」と言い出したんだとか.

突然携帯が鳴り始めたら迷惑だとか,そういう問題ではないのです.その方は携帯の電波で具合が悪くなっちゃうんだそうで,自分の周りでは携帯を使って欲しくないんだとか.

電源オフにしても電波はそこかしこ飛んでると思うんですけど,おそらくは身近にある携帯にとりわけ敏感に反応されるお体の方なんでしょう.

で,先月の帰国時,実は僕も見たのです.よく携帯電話会社が町中で新型電話のプロモーションしてますよね.爽やかな笑顔の男女が新型機種片手に,その先端テクノロジーを誇らしげに行き交う人々に示しておりました.

そこへ,帽子を深くかぶり,マスク着用し,全身を余すところ無く布に包んだ,おそらくは女性が,ステージの男性に詰め寄ってなにやら押し問答.きっとあの服装は,電波プロテクタなのでしょう.金属製スーツかもしれません.

最新テクノロジーを用いて電波の出ない携帯を作れないのかとか,高度に技術的な話だったのかもしれませんが,会話の内容は聞こえてきませんでした.

普段から真っ暗な部屋で生活されてるんでしょうか.それとも,電磁波はだめでも,光はいいんですかね.周波数が違うから問題ないのかな.そのうちニュートリノを感じちゃう方も出てくるのかもしれません.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

12 thoughts on “電波を感じる”

  1. 基本的にはフラシーボだと思うんですけどね~。
    デジタル時代の携帯電話の電波なんてそんなに強くも無いかと。 3G世代で感じる位だと、GSM時代だったら相当死ぬような状態になっていたんじゃないかなぁ・・・。

    しかしニュートリノ感じる人が居たら凄いですね、スーパーカミオカンデのコストよりも相当安くニュートリノの状態を知る事が出来ると思われるので、就職先には困らないでしょうね~(笑)。

    あ、サンディアピークには登れないですね、あの山頂辺りは凄い電磁波みたいで、自動車のリモコンが動かなくなっちゃいます(笑)

    1. Mooseさん,こういう方にはやっぱり糸電話でしょうか.以前,とある研究所の実験装置を見学してたんですが,すごい磁場が発生するそうで,パソコン等は持ち込むなと言われました.人間はいいんかなってちょっと思ってしまいましたけど,そこの人たちはいたって健康そうだったので,肩こりとかも治るのかもしれません.
      サンディアにも電波塔があるんでしたっけ.ここロスアラモスの裏山にもありますよ.あのアンテナが見えてれば,間違いなく携帯が使えるという目印になっております.

  2. あれ、変な風に投稿されちゃいました、途中で一回押しちゃったみたいです。 すいません、一個目の削除して頂けますか?

  3. 随分前の話なんですが、携帯電話の評価試験をした人の話を聞いた事があります。
    (ペースメーカーへの影響は甚大だったとか・・・。)

    1. lce2さん,随分前の話なんですが,携帯電話に宇宙からの声が聞こえてくるという人の話を聞いたことがあります.

  4. その人は日本の電車には絶対に乗れませんね。
    電子レンジもダメなんでしょうか?
    霊感も強いんでしょうか?
    なんかいろいろ不自由な方です。

    1. Chieさん,その人は,おそらく電子レンジには乗れませんね.料理に電車も使わないんじゃないでしょうか.ほんとうにご不自由なお方だと思われます.

  5. 自販機の電気の流れ(音)が体に感じたこと有ります。この自販機の側に居たらずっとお尻にしびれみたいのがくるんです。離れると何ともないのに。似たようなことを何度か体験したことがあります。一時的な期間でした。今はもう大丈夫です。不思議です。

    1. いたずらリスさん,それはきっとお尻アンテナ症候群ですね.リスさんのお尻から電磁波が発生しています.そこから放射されているもの,それは自販機の意思です.じきに日本中の自販機が新たな生命体として,人類に対する大きな脅威となることでしょう.

  6. いろんなものに対して、非常に敏感、過敏に反応が出てしまう方が
    いらっしゃるようですね。光だったり化学物質だったり低周波音だったり。
    電波にだってあるのでしょう。
    今の時代、そういう方々はすごいストレスにさらされているんでしょうね。
    少数派で理解もされにくくて、変人扱いされがちでしょうし。
    LiLA管理人さんが会われたようないでたちの人、私も見かけたことあります。
    実は平気な人たちのほうが、感じないばかりに本当は有害なものを
    無防備にたんまり浴び続けているのかもしれませんね。

    1. ポージィさん,化学物質過敏症というのもありましたね.家に使われている接着剤や壁の塗料で具合が悪くなる方とかも.
      僕は黒板と発泡スチロールの発する超音波過敏症なのですが,あまり少数派では無いためか,変人扱いされずにすみました.
      生き物の体なんてそれなりに丈夫に作られているはずなので,少々いろんなものを浴びたくらい問題無いと思うんですけどね.

コメントは停止中です。