ちょっと贅沢だったウィーンで合奏

だんだんとタイトルの意味が分からなくなってきております.

昨夜ウィーン出張から戻ってきました.天気もよく暑くもなく,とても快適な一週間でした.某国の猛暑ニュースを聞くたびにニンマリ....いやいや,暑中お見舞い申し上げたい気分です.

さて,旅は終わってもネタは引っ張るLife in Los Alamos,ある日の昼食に食べたハンバーガーなんですが,ご覧のとおりのサイズです.一瞬,ここはアメリカか?と思ってしまいました.



Cross Section,断面積です.農家納屋のサイズに比べれば,まだ小さいかな(意味不明).

当然ながら食べきれませんでした.



こちらで何度か登場しておりますウィーン某所のチェンバロですが,また遊ばさせて頂きました.

現地委員さんのブロックフレーテの伴奏ですが,現代音楽的不協和音が時折入る中で弾くのは,かなり難しい.

え?動画は無いのかって?



Sudoku

数独 – 日本 – お相撲さん,という連想は分からないでもない.

でもなんですか,この赤パンツ.モンスターボールだよ,これじゃ.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

「ちょっと贅沢だったウィーンで合奏」への4件のフィードバック

  1. 赤パンツの相撲取り。
    何処をつかめばいいんだ?
    動画はないのか!

    1. Chieさん,赤いパンツの取り組み動画は,かなり特殊なサイトに行かないと無いと思われます.

  2. お帰りなさいまし
     
    前記事のお写真見ても、なんかとても快適そうと感じていました。
    うっかりビールを注文して睨まれるハプニングはあったとはいえ。
    すごいハンバーガー ビッグマックもこんな状態は写真だけですよね。
    2~3人前 と書かれてはいませんでしたか。
    わっ! とてつもない量の生玉ねぎも入ってる…(生苦手)

    演奏会のお写真、いいですねぇ。可愛い~~心和みます♪
    パパの顔を一生懸命見ながら、絶妙タイミングで!
     
    数独に相撲 まぁどちらも「取り組み」ものだしいいですけど、パンツ!
    これで上手投げだの吊り出しだの決めるのは、さぞ難しいでしょうね。

    1. ポージィさん,ただいまさんです.暑くてたまらない夏のヨーロッパかと思っていたら,なんとも快適な日々で驚きました.天気が良くて気温も上がらず,まるで5月のような気候でしたよ.
      演奏会では,この子が一生懸命パパの伴奏をしておりました.将来はチェンバロ奏者かな.
      赤パンツの相撲取り,いったいどういうイメージで見られているんでしょうね.何かと勘違いしてるんでしょうか.

コメントは停止中です。