初雪と欧州の寒波

昨年秋より殆ど降雨降雪のないLos Alamosです。今年の冬は猛烈に乾燥しており、静電気バチバチ、皮膚はカサカサで痒くて、庭の植物たちは地植えのままドライフラワーになっています。例年なら、この時期までには何度か雪が降り積もっているのですが、今年は1,2 度ぱらっと降った程度。

ようやく今日になって雪の日らしくなり、職場からの帰宅時、何ヶ月ぶりか車のワイパーを動かしました。古い車なので、ワイパーのスイッチを入れてちょっと感動。「おぉ、まだ動くじゃん」とかね。

今の所、積雪はそれほどでもなく、地面がなんとか白く覆われた程度。これから明日の朝にかけてどれだけ積もるかが勝負どころです。たくさん積もってくれれば、学校と職場は休み。もっとも市のほうも慣れたもので、降るはしから道路を雪かきしてくれますので、たくさん降っても、車さえ走れるなら休校は無し。せいぜい2時間遅れで始まるとかです。

ベストなのは、夜明け前にドカっと雪が積もること。通学通勤時間までに除雪は間に合わないので、確実に休みになります。

異常気象なのか温暖化が原因なのか知りませんが、日本は豪雪、そしてヨーロッパは猛烈な寒波に襲われているとか。そんな中、今週末よりウィーン出張です。旅の記録によると、前回行ったのは2004年の冬なので、一年ちょっとぶり。

ウィーンでの楽しみは何と言ってもコンサート。早速楽友協会のweb siteでコンサートをチェック。が…なんだかMozartだらけ。

ことしは、Mozart生誕250年記念。おまけに誕生日が1/27ときてるから、今の時期、ウィーンは町中Mozartだらけなのかも。ただでさえMozartの絵がついたチョコレートで溢れているのに。

とりあえずBrahms Saalで上演される弦楽四重奏のコンサートを予約しておきました。あとは、適当に当日券を探してまわるつもり。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

「初雪と欧州の寒波」への12件のフィードバック

  1. 明日がお誕生日ですものね。こっちのラジオ局やArteは、モーツァルト一色です。私も知らなかったけど、シューマン没後150年でもあるんですよね。バルトークが生誕125年とか。
    こちらは、今日、一面銀世界です〜。でも、週末はお日様とか・・。

  2. 雪のないロスアラモスの冬なんて、ちょっと想像できませんね?ということは、今年、スキーエリアのパスを購入した人はハズレですか?私の家の周囲には、随分、融けましたが、まだまだ、土日に降った雪が残っています。日曜日は娘が私立高校の受験でしたので、土曜日の午前中にチェーンを買いに近くのホームセンターへ行きましたが、時既に遅し!で、殆んど売れてしまった状態でした。例年と違いサラサラの雪で気温の低さを物語っています。でも、今日は、10℃位まで上がりそうです。

  3. 台風を心待ちにする小学生みたいなLiLA管理人さんに
    思わずニヤついてしまいました。(^_^)

    今度は、猛烈寒波襲来中のヨーロッパ、ウィーンご出張ですか?
    お気をつけて。

    最近モーツァルトは、医学的観点からも注目を浴びていますね。
    モーツァルトの曲独自の高音のなんたらかんたらが
    自己治癒力アップをもたらすそうで、治療に取り入れられて
    いるところもあるとか。
    たっぷりモーツァルトをお聞きになってバリバリの健康体で
    帰りの飛行機にお乗りください。

  4. 今度はウィーンですかっ!!!前回私がウィーンに行った際にはお世話になりました。
    しかし、羨ましすぎです〜!!仕事やっちゅーねんっていうツッコミも聞こえてきそうですが、
    私、ウィーンでコンサート聴けなかったもんなぁ。。。
    Mozartは頭が良くなるから良いですよ〜♪今年はMozartだらけってことは、世の中の皆さんも頭が良くなるということで・・・あら素敵・・・笑

    今年の日本は本当に雪雪雪です。
    今週の月曜日もレッスンの為、朝5時に起きてフルメークして家でバリバリ練習していたというのに、「雪で家から出られない為レッスンは休みにしましょう・・・」なんて先生からの電話。
    ガク〜!!ときますよ。

  5. nyfさん、もうそちらでは「今日」ですよね、誕生日。
    ここのFMでも、連日Mozartが流れていて、ちょっと食傷気味です。
    Schumannじゃ、ちょっと盛り上げにくいですね。作曲家としては知られていても、
    有名な曲となると、トロイメライと楽しき農夫くらいかな。
    ましてやBartokだと、「誰?、それ」。大体125って、ちょっと半端だと思います。

  6. Sallyさん、今年の冬は本当に快晴続きなんですよ。部屋に居ると暑いくらいです。
    スキーのシーズンチケット買っちゃった人達、ぼやいてます。3万円くらいするらしいです。
    そろそろドカっと来るんじゃないかと思って(期待して)るんですけど。

    日本も雪が多いみたいですね。受験会場への車の運転、大丈夫でした?
    その辺り、チェーンなんて滅多に使わないのでは。買っても、次に使うのは10年後だったりして。

  7. こんにちは
    先日は私のHPのトラブルに親身なアドバイスをありがとうございました。
    去年PCを新しくしたときに、夫がとっておいてくれたバックアップが
    見つかったのと、教えていただいたキャッシュの方法で、大部分のデータ
    が取り戻せそうです。ほっとしました。

    今年の冬はNYも計3回しか雪の日がなくて、根雪のないまま春を迎え
    そうです。日本は逆に寒波に覆われているようで、暖冬も問題ありの
    ような気もするし(何となく、ですが)、寒波も嫌だし、例年通りが
    1番良いような気がします(意味もなく、、、)。

    またまた出張ですね。今度はウィーン!いいなぁ!気をつけて行って
    らしてくださいね。

  8. ポージィさん、この前、雪の写真出されてたでしょ。羨ましかったです。
    朝起きてあたり一面が銀世界だったりすると、ウキウキしませんか。

    音楽療法というやつですね。モーツァルトの音楽って「癒し系」な所があるので、
    心が和みますね。

    でも!

    モーツァルトの曲って、譜面づらは簡単そうに見えるくせに、ごまかしがきかなくて
    弾きにくいんですよ!曲想がころころ変わるし、粒がそろってないとすぐ崩壊。

  9. Mimi☆Kiraさん、なつかしいでしょ、ウィーン。是非もう一度行って、楽友協会のホールで
    音楽聴いてみてくださいな。ウィーンフィルのMozartは、きっと心地よく夢の世界へと
    誘ってくれるでしょう。あーもったいない。

    折角早朝からはりきってたのに、ご愁傷さまです。どうせ外は雪なんだし、
    次回に向けて練習に励んでください。窓の外を雪が舞っているのを見ると、
    Debussyの子供の領分の「雪が踊っている」という曲を思い出すんですよね。

  10. まこさん、データが復旧できてよかったですね。それにしても、ウェブスペースを提供している
    ところが、バックアップも無く全滅してしまったなんて、ちょっと考えられませんね。

    突然の暖冬だったり、例年にない大雪だったり、何年かに一度はそういうことがあって
    あたりまえなんですが、やっぱりなんだか不安になりますよね。ここも冬なのに全然雪が
    降らなくて、なんだか調子が狂います。例年通りが一番に、賛成。

  11. スノーデイを期待しているのは学生だけではないということが証明されましたね!という私も今朝6時に起きてまず一番最初にしたのはスノーインフォラインに電話してスノーデー・またはディレイになっていないかを確認することです。非情にも「通常運営です」という録音電話。それに今日はお天気がよくて雪もだいぶ溶けてしまいましたね。雪の中の運転はかなり苦手ですが、朝日に輝く雪化粧された松の木々はもうなんとも言えず風情があって美しいものですよね。寒い中ウィーンに行くのも大変そうですが、音楽という楽しみが待っているようなので、どうかエンジョイしてきてくださいね。

  12. Esperanzaの住人さん、そりゃ期待してますよ。小学校の頃、学級閉鎖ってありませんでした?
    何人か以上の生徒が風邪で休むと、クラスが休みになるっていうやつ。
    あと一人休んだら、学級閉鎖だーとか言って、皆に「おまえ、風邪引けよ」とか言ってみたり。

    でも、今朝はさすがに雪が少な過ぎましたね。朝、外を見た瞬間、負けたと思いました。
    願わくば、出発する土曜日あたり大雪にならないことを。空港まで行き着けなかった以前の
    悪夢が蘇ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください