古書を再発見

石表面

昨日Amazonで見ていた古書なんですが,一晩考えた後,コンディションがGoodと書かれた$50のものを買う決断し,再びAmazonを訪れました.

そしたらなんと,GoodとVery Goodが消滅しております.かなり特殊な専門書なのに,一瞬の差で売れてしまったんでしょうか.ショック…

残っているのは例のAcceptableのみ.これを買う度胸は無いなあ.

がっくりしていたら,また残部が増えています.2冊あり,その一方のコンディションはVery Good,おまけに$10ですよ.

迷わずポチりました.また一晩考えてたら消滅するかもしれません.こんなニッチな分野の本を,世の中の人が求めてるなんて.投資目的か?

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

10 thoughts on “古書を再発見”

  1. 僕はよく、欲しいCDをアマゾンのカートに入れておくんですが、よく金額が変わるんですよね。
    欲しい人の心理をついて売ろうとしているんでしょうか?
    今、夏の航空券を買おうとしているんですが、先週の月曜に調べた値段が次の日には2万円くらい値上がりしていて、今は5千円くらい下がった感じです。
    本当に必要なのでいつか買わないといけないのですが、かなり迷います。

    1. Rockyさん,需要と供給でリアルタイムに変わってくるんですかね.底値を見極めて,ポチっとするとか.購入した後に,さらに安いものが出てきたら悔しいですよね.
      すでに夏の航空券を手配されているんですか.家族数人分だったら,一万円の違いでも大きいですよね.

  2. アマゾンほどの巨大なシステムになると、刻々と変わっていくんですね。
    タッチの差で目の前でさらわれたり 値段が変わったり
    突如お宝が降ってわいたり。一喜一憂しているユーザーさんがいそう。
    投資目的の人もいるかもですね~
    今日のは何のお写真ですか?お手上げです。

    1. ポージィさん,オンラインのオークションが,そんな感じらしいですね.タッチの差で取られちゃったりとか.限定品を買い占めてオークションで売るなんていう人もいるんでしょうね.
      今日の写真は,磨かれた石の表面を拡大してみました.そのうち,全部出しましょう.

  3. 結局「許容範囲」は買わなかったんですね~。検証して欲しかったのに(笑)。

    マーケットプレイスけっこう利用します。
    以前(10年くらい前・・・)は出品もしてたけど、今は売る時はブックオフが簡単なのでそっち。
    けっこう「何ページの角が破れてます」とか書いておいても、買ってくれる人は買ってくれてました。

    自分が買う時の基準も・・・読むだけなら多少汚くてもいいやという割り切りですかねぇ・・・。
    まぁ、そんな汚いの来たことないですけどね。私が買うのは日本の出品者さんのですが。
    逆に汚れの説明が細かすぎて、本当はどんだけ汚いんだろう・・・と悩むことはあります。
    たいてい本当の意味でAcceptableです。Very Goodに近いかも(笑)。

    1回だけ「良品」と書かれていたのに「帯の下は水で1回濡れたでしょう!」なのが届いて、
    キャッシュバックで割り引いてもらったことがあります。
    必要な本だったので返品はせず、汚れていたカバーだけ捨てました。

    1. Sanaeさん,同じお値段で,方やVery Good,他方は許容範囲じゃ,さすがにチャレンジできませんよ~.
      日本人だったら書物は丁寧に扱うでしょうから,マーケットプレイスでも安心だと思いますよ.こっちじゃ,どんな読まれ方(使われ方?)してるかわかったもんじゃないし,acceptableはやっぱりアクセプトしたくないです.そもそも日本のように,本にカバーをかけたりしませんしね.
      旅先で古本市なんかやってると,必ず立ち寄ります.面白い本があるし,汚れ具合を見て確認できますからね.

コメントは停止中です。