ちょっとトラブル

Atlantaを夕方7時にParisに向けて滑走路に出たDelta機は、なんやら電気系統の故障とかで一旦ターミナルに戻ることを余儀なくされました。機内ではParis空港で乗り継ぎのある客たちが、次の飛行機に乗り遅れるかもと、時間を心配し始めています。

ターミナルに戻り、技師らが機械をチェック。30分ほどして、どうやら離陸できるというアナウンスが入り、ようやくParisへと旅立ちました。

ところが話はここで終わらない。1時間ほど飛んだ後、突然の急旋回。機長のアナウンス。「機器の調子が再び悪くなったので、Atlantaへ引き返す」とのこと。がーん。

Atlantaに着いたときは、もう夜の10時。ターミナルには人影もありません。新しい飛行機に乗り換えることになり、別の出発口へと移動させられました。Parisに行く人は良いのですが、そこからさらに何処かに飛ぶ客たちは大変。もう乗り継ぎは不可能です。カウンターは、Parisから別の便に変更する客でパニック状態。中には翌日の便になった人もいたようです。

飛行機は深夜1時になってようやく離陸。搭乗の時、係員が僕の日本のパスポートを見て、「コンニチハ、アリガトゴザイマス」と話しかけてきましたけど、機嫌をとろうとしてるのが見え見え。

Delta機は6時間遅れでParisに到着しました。朝9時半着の予定が、もう午後です。そのままホテルへと直行いたしました。今回のホテルの部屋は…。

なんかとってもオトメチック!

一瞬、入るのを躊躇してしまった。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

10 thoughts on “ちょっとトラブル”

  1.  なかなかの部屋ではありませんか・・・(笑)
    私もデルタでリッチランドからソルトレイク経由でアルバカーキへ移動していた時、ソルトレークとアルバカーキの丁度中間点辺りでエンジントラブルのため乗っていたリアジェットに引き返されたことがありました。乗客から言えば、行くも戻るも距離が変わらないのなら、そのまま飛んで欲しかったのですが、代替機の手配等を考慮し、デルタ航空のベースであるソルトレークに戻ったようです。乗客、荷物とも全く同型機へ載せかえられ、ソルトレークでは二度目の離陸を経験しました。お陰で未だ明るい内にロス・アラモスへ移動するはずが、日本と比較すると非常に暗いフリーウェイを一人でドライブする羽目になり、ロスアラモスインへチェックインしたのは22:00を廻っていました。

  2. あら素敵ですね。これは、出張のとき、オクサマも同伴しなきゃ、というお告げではありませぬか?

  3. とんだトラブルでしたね。お疲れ様です。
    なにはともあれ無事ご到着されてよかったです。

    ホテルのお部屋に疲れも吹っ飛び恥じらいで頬がポッ(*^^*)
    写真を拝見したとたん、思わず「まぁ、ロマンチック!」と
    口をついて出ました。
    で、このお部屋でパンツで体を洗う、と… ぐふふ

  4. おやおや、我が家が数年前に遭遇したトラブルとよく似ています。やはりアトランタから飛び立って1時間くらいで急旋回して戻りました。その前に機内でずいぶん待たされたのも同じです。実際はその後機内で4時間待たされた挙げ句ロビーに出され、とうとう翌日の飛行機になってしまいました。デルタ、多いんですかねえ。
    上のボージィさんのコメントに笑い止まらず、です。

  5. 大変でしたね〜 ずいぶんお疲れのことでしょう

    ホテル、なんとも可愛らしいお部屋ですね
    日本の若い女性が見たら、「きゃー、かわいい」と叫びそうです
    これは、例の「彼任せ」のホテルなのでしょうか

  6. Sallyさん、中年男が一人で泊まるにはちょっと恥ずかしいです、この部屋。
    全く同じ経験ですね。やっぱり自社のハブ空港に戻るみたいですね。同じ型の飛行機を調達するために。
    ここのフリーウェイ、殆ど照明が無くて暗いんですよね。前に車が走っていないと、その先どうなってるのかさっぱり分かりません。明後日はロスアラモスに戻りますが、到着時間は多分10時頃になりそうです。嫌だな。

  7. ポージィさん、なんとか無事にたどり着きました。パリで乗り換えがあった人たちは大変だったでしょうけど。

    ロマンチックですか…。そんな部屋で、風呂上りTシャツ一枚の男がパソコンのキーボードを叩いています。すぐ横には、洗ったばかりのパンツと靴下が干してあります。ご希望でしたら、そんな写真も出しますけど。。。。(誰も見たくないって?)

  8. TAMAさんちでもあったんですか、デルタのトラブル。うーむ、そろそろ飛行機会社を変えた方が良いのかな。でも、どこも似たり寄ったりのような気もするし。
    パリ到着が午前から午後になっただけで、特に実害が無かったのが幸いでした。

  9. jeyjeyさん、そう、これが「彼まかせ」のホテルです。その彼、身長2m近くある巨男なんですけど、そんなのが、こんなキャーカワイイベッドに寝てるのを想像すると…。以下略。

コメントは停止中です。