センター試験問題を解いてみる

Valentine ducky

先週末はセンター試験だったんですね.受験生の皆さん,お疲れ様でした.

試験とは無縁の身分になった後も,翌日の新聞に掲載されるセンター試験の問題を解いていたことがあります.もちろん,ささやかな自尊心と自己満足のためですので,社会とか国語は絶対にやりません.解いてみるのは,数学と物理のみ.

今じゃ試験問題が予備校等のwebサイトですぐに公開されるんですね.試しに数学をちらっとやってみましたが,なんとか全問いけそうです.物理も大丈夫だと思うのですが,間違った場合に沽券に関わりますので,やめておきました.

さて気になるのは英語.英語圏に住んでるんですから,英語の問題が解けなくてどうする.

...などと意気込む程のことは無く,ざっと問題を読んでみましたが,これもなんとか答えられそうです.やはり渡米10年で蓄積した語彙の効果は大きい.もっともHamburgerのアクセントは一瞬悩みましたけど.注文するときは,バーガーって言うし.

仕事上物理と数学は欠かせないので,センター試験が解けたからと言って何も威張れません.自分にとっては,まさに必要な学問なわけです.ふと,大学学部時代のとある講義を思い出しました.

それは量子力学.開講当初,担当教官が放った一言を今でも憶えています.

「量子力学が君たちの将来に役に立つことは無いと思うけど....」

ほぼ正論ですけど,そこまではっきりと言いますかね.

ちなみに,量子力学を仕事で使っているのが,ここに一名おりますよ.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

14 thoughts on “センター試験問題を解いてみる”

    1. Chieさん,女子力アップには,ジョーシキを蓄えましょう.
      間違っても夜回りの拍子木とか集めてこないように.

    1. AIさん,良心力アップには料金のお支払いを.頭痛にはノーシン,お買い物はローソン.

  1. えーと、英語だと簡単ふぃじっくすでしたっけ?

  2. 壁抜けの術とか、分身の術に使えそうですが。朝永振一郎『光子の裁判』みたいな。

    流れ的には、なんか語呂合わせしないといけないようで。

    上司力学: 新社会人のための必修科目
    労使力学: 中間管理職のためのバイブル
    帽子力学: 風に飛ばされない麦わら帽子を作るための応力テンソルを計算します
    凝視力学: 高度な習得者は念動力を駆使するようになります
    ゴーシュ力学: チェロ奏法と動物との会話が学べます

    1. Hiroさん,いきなり5連作ですか.

      上司力アップには,女子力
      労使力アップには,浪費力
      帽子力アップには,某氏オススメの,
      凝視力アップには,アントシアニンを入れて,
      ゴーシュ力アップには,インドの虎刈りカレーが美味しいです.

  3. 量子力学、かなりおちょくられて幸せな状況にあるようにみえますが、私は、この量子力学で、家族5人の生計を30年に渡って維持し、孫の世代まで受け継ぐことができました。つくづく、科学立国政策の余韻のおかげす。
    ブラ、ケットの数式はまったく理解できませんでしたが、シュレディンガーの方程式は、何とか見つめることはできました。後は、工学的な想像力だけで、現実はそれでよく合うことに驚いたものです。不思議なことに、化合物半導体の世界は、ほぼこれですべて説明することができました。これを武器に、しっかりと通信事業を興すことができました。歴史的な意味で、感謝しています。

    1. Bunbunbunさん,量子力学の応用で事業を興すことができたんですか.確かに半導体デバイスの開発には必要なんでしょうね.そちらの応用面はあまり知らないのですが,機能材料関連での理論研究の話はここでも時々耳にします.
      それにしても,科学立国政策の「余韻」というのが,現状を表現しておりますね.

コメントは停止中です。