Mozartkugelnは偽物だった?

Mozartkugeln

クリスマスに里帰りしていた友人から,お土産にMozartkugelnモーツァルトクーゲルンを頂きました.ウィーンの町中どこでも見かける超有名なチョコレートですが,異なるメーカのものがあるのが疑問でした.

Wikipediaを紐解いてびっくり.以下,Wikipediaの受け売りです.

オリジナルを作ったのはSalzburgの Paul Fuerst という人で,こちらは今でもモーツァルトクーゲルンを手作りしているらしい.その他のモーツァルト玉は,全部コピーだったんだそうです.

法的手段に訴えたオリジナル側は,他社が同じ名前を使用しないことを勝ち取りました.その結果...

この写真の会社(Mirabell)のものは “Real Salzburg Mozartkugeln (Echte Salzburger Mozartkugel)”.ドイツReber社のものは “Real Reber Mozartkugeln (Echte Reber-Mozartkugeln)”,そして天下のNestleは “Original Austria Mozartkugeln”,などなど.

やっぱり紛らわしい.なんだか,元祖だの本家だの言ってるラーメン屋みたい.

ちなみにMirabell社製のものは完全たこ焼き形状.他社のものは底面があるそうです.

音楽の都のはずなのに,Mozart以外の作曲家ゆかりのお菓子って見かけません.Beethovenチョコレートとかあったら苦そうだし,Schubertチョコだと甘さがくどい.Brahmsチョコは賞味期限が切れてそう.やっぱMozartかStraussですかね.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

14 thoughts on “Mozartkugelnは偽物だった?”

  1. まるで甘くない上に、何の味かよく分からないうちにいつの間にか
    溶けてなくなってしまうWebernチョコってのはどうでしょう。
    一部のファンから熱狂的に支持されるかもしれません。

    1. Hiroさん,そのチョコって,箱を開けたら中に小さいのが12粒入ってるとか.
      Bergチョコだと,箱を開けた瞬間に女性の叫び声が飛び出してくるかもしれません.こぇ~.

  2. チョコレートと縁もゆかりもない私ですが、有名所にはこういうのがあってもおかしくないですね。またその違いを記述してあるのもなかなか乙です。そして最後の3行には笑わせて頂きました。(笑)

    1. いたずらリスさん,遺族もなけりゃ肖像権についても何も言われないようないにしえの文化人だと,ちゃっかり商品に利用されてしまうかもしれませんね.聖徳太子まんじゅうとか,秀頼公の国家あんきも,とか.

  3. 遅ればせながら…
    あけましておめでとうございます。今年も楽しみに拝見させて頂きます!
    ブログもう8年なんですね!クゥちゃんもすっかりワイルドになって…。
    マヤ歴アヒルに初笑い~。モップそっくりぷーちゃんたまらない可愛さ~欲しい~。
    今年も皆様にとって健康で良い一年になりますようお祈りいたします。

    1. わんこさん,明けましておめでとうございます.ことしもよろしく!
      クゥはすっかりとおっさん化しておりますが,続々と子犬もやってきております.
      マヤ暦が終わるまで,がんばってまいります.

  4. いわゆるモーツァルトの金玉ってやつですね。

    私も何度か買った事がありますが、本物、偽物、本家、分家、元祖等々あるとは知りませんでした(笑)。

    今度買う時はチェックしてみます~。

    1. Mooseさん,あ~,放送禁止用語.略してモーキンですね.なんか高級ハンドバッグみたいだな.
      丸くてモーツァルトが印刷されてたら,それでいいみたいですよ.内部構造も違うらしいです.

  5. これっぽいのお土産にもらったなー。
    でも「ブーッ、底付きです!偽物でーす」なんて言える?

    あー、Mooseさん金玉なんて書いちゃった。
    かーいちゃったーかいちゃった♪
    今度私も真似しよっと。

    1. Chieさん,え?僕なら言えますけど?
      「あ~,それね~,みんなよく間違えるんだな~.まあ仕方ないよね~,慣れてない人はね~.モーツァルトカフェで売ってるって思ってる人もいるしね~....」 < しつこい

      で,あなたの落としたその玉は,この金の玉ですか.それとも銀の玉ですか.

  6. この訴訟の話は月刊ウィーンという在留邦人向けの新聞で読んだ覚えがあります。本家のは青い包装がされていて、ザルツブルクの旧市街で買うことができます。ちなみにうちの職場の売店はオーストリア製のものが置けないという規則があってドイツ製のものしか買えません。ともあれ日本でみんなに配るには便利なおみやげですよね。

    1. 現地委員さん,本家ってウィーンじゃ買えないんですかね.次回出張の時に探してみようかと思ったんですが.ザルツブルクはちょっと遠いです.
      そちらの売店はオーストリア製が置けない?そりゃまた変な規則ですね.税金の関係とか.

  7. ウィーンのこのチョコレートもなかなかいけますが、ザルツブルグのは本当に美味だったと記憶しております。「これがオリジナルなんやで〜」と教わって先入観があったからなのかもしれませんが。
    この薄いアルミ箔の包みをきれいにはがしてシワを伸ばして遊ぶのが好きです。

    1. あーにゃさん,本家をお召し上がりになりましたか.ちょっとうらやましいです.あちらは全部手作りなので,大量に出回らないらしいですよ.
      モーツァルトの銀紙をいっぱい集めて,壁一面モツだらけにする,とか.

コメントは停止中です。