氷点下に備える

firewood

寒波到来しております.日中でも氷点下のLos Alamosです.雪の予報は空振りに終わったものの,ぴーんと冷えきった朝の空気は鼻の粘膜を直撃し,凍った鼻血が出るんじゃないかと思うほど.

寒波対策も万全です.家を改築した時に切った楡の木があり,薪にするからと,業者さんに庭の片隅に置いておくよう頼んでおきました.適当な長さに切っておいてくれたのは良いんですが,その長さ約1.5m,これじゃ暖炉に入らない.

電気のこぎりで,薪サイズに切りましたよ.この時ほどチェーンソーが欲しいと思ったことは無かった.一般家庭にチェーンソーってジェイソンかよって思わなくもないですけど.



暖炉

実際に暖炉にくべてみると,まだ長すぎ.はみ出しちゃった.電鋸で切るのは重労働なんですよ.

上の写真程度の薪ですが,暖炉に火を入れるのは一冬に数回なので,これで十分.

業者さんから薪を買う場合,1コード(cord)という単位で売られており,これが3.6m3.この単位を知らずに,トマトでも買うように「ひと山,ちょうだい」なんて言ったら,本当に玄関先に一山できてしまいます.

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

「氷点下に備える」への10件のフィードバック

  1. 我が家の庭で枯れたまま放置されてるプラムの樹。
    暖炉に入れたら良く燃えそうです。

  2. 我が家の庭にも枯れたまま突っ立ってるミモザの木。
    暖炉に入れたらよく燃えるでしょう。

  3. 今年の夏ころ伐った木が、もうこんなに炎を上げてよく燃えるんですね。
    そんなもんなのかな? それともそちらの乾燥した気候のおかげ?
    うちには、昨冬お隣のシラカシの木が強剪定されたとき太い枝を拾っておいたら
    虫がわいて(木屑をいっぱい出すヤツ)、そのまま外に放置してあるのが
    あります。あれならよく燃えるかな。
    1コード(cord)という単位初めて知りました。ひと縛りってとこですか?

    1. ポージィさん,半年で十分乾燥してたんですよ.僕もちょっと早いかと思ったんですが.
      木くずが出てる薪は,紙のように燃えるでしょうね.暖炉に入れてたら,穴から虫が....いや,やめておきましょう.
      コードの由来は何でしょうね.今度調べておきます.

  4. やっぱり薪の暖炉はいいですね~。火の揺らぎが好きです。
    薪が少ないと思ったのですが毎日は暖炉使われないのですね。
    普段はエアコンでしょうか?薪はどんな木でも大丈夫ですか?
    冷え性なので写真に手をかざして暖をとりました。
    マシュマロを焼いてみたいです。

    1. わんこさん,炎を見ていると,眠たくなります.普段,暖炉は使わないんですよ.色々と面倒だし,暖房としては効率悪いし.薪も,売られているものはよく燃えるんだけど,自然木を切っただけだと,あまり景気よく燃えませんね.勢い良く燃えるもの,ゆっくり長く燃えるもの,木の種類によって色々あるらしいです.
      普段の暖房は,温水が家の中を回るセントラルヒーティングで,じんわり室温をキープしてくれるんですが,暖かくは無いんです.

  5. うちも風で倒れた木を刻んで蓄えてあるので、来週くらいから燃やす予定です。枯れ葉も段ボール20箱くらいに詰めてとってありますので、順次燃やしていきます(がこちらは燃え尽きるのはあっというまです)。前すんでいたところは台風の後にチェンソーと自家発電機がスーパーマーケットで野菜やパンのとなりにずらっと並ぶのが風物詩でした。強風で木がぞくぞくと倒れて電気が来なくなって、という流れですが、自家発電機に冷蔵庫をつなげると数年後に壊れるとか言っている人がいました。というわけで、風が吹けばわが州に本社のあるワールプールがもうかるという非線形なお話でした。

    1. misssyさん,こないだのハリケーンで改めて思ったんですが,この国のインフラってほんとに脆弱ですよね.ここも理由も分からずよく停電するので,キャンドルは必需品です.強風で送電線が切れるっていうんなら,なんか対策すればいいのにって思います.
      冷蔵庫,洗濯機,そんな家電製品のカスタマーサービスはもう語るも涙なレベルなので,故障して修理依頼するくらいなら,新しいのを買った方がマシ.そうやってメーカーの懐が温まるんですね.ここだと,風が吹けばサンタフェのホテルが儲かります.山火事で街中避難....

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください