Lilac

名前欄の所は、Life in Los AlamosのacronymでLiLA管理人と書いていますが、たまに手抜きしてLiLAと書くこともあります。でもリラと書くと、女性っぽくなってしまいますね。どこかのblogでLiLAの名前でコメントしてるかもしれませんが、基本的には♂ですので。。。

というわけで(なんのこっちゃ?)、ライラックが満開です。ちなみに「リラの花咲く」のリラはフランス語。アメリカ南西部とは言え、標高2200mのLos Alamosは、はっきり言って寒冷地。北海道で有名なライラックは、ここでもポピュラーな庭木になっています。

うちでは隣家との境に植えてありますが、気候が成長に適しているのか、次第に薮化しつつあります。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

「Lilac」への3件のフィードバック

  1. お庭にライラックもあるのですか? い〜な〜
    私が住んでいる近くにも、庭に植えているお宅を2軒ほど発見しました。
    かっては実家にもあったんですよ。
    私が中学生の頃でしたか、母が植えたいと言って。
    そのとき花の様も香りもライラック=リラの呼び名も初めて知り、以来ファンです。
    切花でも出回っていますが、水が下がりやすいのが難。
    私は使ったことがありませんが、市場の仲卸さんの店先で
    すでにしおしおになっているのを見るとなんだか可愛そうになります。 

  2. 去年、まだアパートに住んでいた時、友達が庭で咲いていたライラックを
    持って来てくれた事がありました。
    でも、ちっとも水を吸ってくれなくて、すぐにしおしおになってしまって
    悲しかったです。それで、切り花には向かないと思っていましたが、
    売っていたりもするんですね。上手く水上げする方法をご存知ですか?

  3. LiLA管理人さんの奥さま、初めまして!

    ライラックの水揚げ方法は、本によれば「水切り」か「薬品法」と
    なっています。
    水切りは、水の中で斜めに切ってそのまま深い水に2〜3時間つけておく、
    というもので、薬品法は水切り後に切り口に薬品をすり込んだり塗ったり
    するもので、ライラックの場合アルコールを使うようです。
    ライラックは枝ものなので、切り口をたたいて潰したり鋏を縦に割りいれたり
    して接水面積を広げてやるのもいいかも。
    でも、なにせ自分で試みたことが無いものですから自信を持って言えません。
    あと、置き場所は冷たく涼しいところの方がいいようです。

    水が下がらなければ切花としても1週間くらいは楽しめそうですよ。
    ご自宅のライラックで試してご覧になってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください