クルミ割りリス

知り合いからクリスマスプレゼントをもらってしまいました。Sさん、どうもありがとうございます。日本に帰省した折りには、お土産たくさん買ってきますからね。

この銀色のリス、胡桃割り人形です。生憎殻付き胡桃が無かったので、撮影に際しましてはリス君に松ぼっくりを持って頂きました。そにれしても、なんと我が家にぴったりのプレゼント。リスとの触れ合いを綴る愛と感動のLife in Los Alamosならではのグッズではありませんか。最近はリス達も冬眠してしまったので、鹿とコヨーテばかりですけど。

シッポがレバーになっていて、ここを押すとリス君の口がグヮーっと開きます。ドイツのくるみ割り人形もそうですけど、この手のやつって口を開けた姿が何とも可笑しいですよね。このリスの大口開けは、ちょっと恐竜のようで、迫力あります。

リスの胡桃割りって、やっぱり天職でしょうね。良く調教されたリスは、殻を割って中身だけをしっかり集めてくれるそうです。しかも割る前に、コンコンと叩いてみて、良い胡桃を判別し、悪い胡桃はそのままゴミ箱にポイするらしいですよ。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

8 thoughts on “クルミ割りリス”

  1. リスの胡桃割り人形、なんともかわいいですね
    うちにもリス、たくさんやってきますよ
    日本で、知り合いのアメリカ人が「日本の動物園、リスのコーナーがある」と笑ってましたが、アメリカに来て納得です(笑)

    あっ、私もリンク集に追加させてくださいね

  2. とても可愛らしい胡桃割りリスですね。
    家の庭にもたまにリスがやってきます、今はもう冬眠中でしょうか。

    それにしてもコヨーテが来るのですか。
    ディズニー(かな?)のキャラクターしか知らないので、是非見てみたいです。
    今度実物写真を貼って下さい(笑)

  3. jeyjeyさん、こんばんは。
    おもしろい形でしょ、この胡桃割り人形。胡桃を割るより、もっぱら子供のおもちゃです。今のところ。
    jeyjeyさんのところにも、リスは多いんですね。アメリカに来た当初は、リスを見ては喜んでたのが、
    今じゃ庭を駆け回っていてあたりまえという感じです。
    リンク、どうもありがとうございます。私の方も、これでbookmarkが無くてもいつでもjeyjeyさんちを
    訪問できるようになりました。

  4. きみーさん、こんばんは。北海道だと、リスがいるんですね。知りませんでした。
    九州では全く見た事なかったので。このあたりには、3種類ほどのリスがいます。
    冬場に来るリスはしっぽがとてもきれいなんですよ。

    コヨーテとかの写真、こちらにまとめていますので、よろしければご覧ください。
    あ、トカゲとかもいるので、爬虫類系がダメなら見ない方がよいと思います。

    http://www.aspenmesa.com/losalamos/photo/animal.html

  5. リスさん かわいいんで
    うちのブログにも載せさせてもらいました

    クリスマスプレゼント にさせていただきます

    メリークリスマス

  6. そうそう、Charlie and Chocolate Factoryでリスの胡桃を割るシーンがあったじゃないですか。
    あれって本当に調教して撮影したって何かで読みました、あれ?こちらで読んだのかな・・・。
    思い切りCGだと思っていたのでびっくり。 なかなか面白い調教が出来るんですね〜。

  7. ぱぶりーとさん、メリークリスマス!
    トップページのプレゼントを持ったリスさん、見ましたよ。
    プレゼント、確かに受け取りました!

  8. Mooseさん、そうそう、それなんです。あのシーン、笑いました。
    僕も調教したって読んだんですけど、本当なのかな。リスって、そこまで賢そうじゃ無いですけど。
    少なくとも、我が家に来るリスを見る限り…

コメントは停止中です。