緑色の光の正体

green laser

先日のガレージセールで買ってきた緑色の光の正体は,これ.緑色レーザーポインタです.

出力は30mWと控えめですが,それでも緑レーザーは明るい.夜中,試しに数百m彼方の岩に当てて見ましたが,ちゃんと光が届いています.



green light in dark

カメラを三脚に固定し,夜景モードでシャッターを切ります.庭先の木にレーザを当てれば,闇夜に落書き.



green laser on apricot liqueur

琥珀色のアプリコット酒に当てれば,エイリアンドリンク.

こいつをグィっと一気に飲み干せば,あなたも緑色発光生命体の仲間入り.オシャレなバーで彼女を口説き落とす必須アイテムです.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

「緑色の光の正体」への16件のフィードバック

  1. 私も中国で一本500円ほどで売っていたので、10本程買いました(笑)

    結構強力なレーザーが出ますよね。 ロットによってパワーが結構違うのが中国らしいですが(笑)

    リチウムイオン電池の18650を使ったタイプは100mW程あるみたいです。

    アメリカでは飛行機に照射して捕まった人も居るみたいなのでお気をつけて~(笑)

    1. Mooseさん,さすが中国,値段もさることながら,パワーがバラバラとは.
      この30mWタイプでも,かなり強い光が出るようです.100もあったら,すでにレーザーポインターとしてはオーバースペックですよね.何に使うんでしょうね.
      実を言うと,最近はプロジェクターよりも巨大LCDでのプレゼンテーションが多くなっています.あれって,レーザーポインターは役に立たないんですよね.表面で反射してしまうので.それどころか,下手に使うと,聴衆に反射して怖い....

      1. 100mWのタイプは、建築関係をやっている友人が欲しいと2本目を買って帰りました。 昼間の建築現場で説明用に使うみたいです。 ビルとかだと結構遠くをポイントしたい事も多いらしくて、高出力タイプは結構良いみたいですね。

        普通のアルコール温度計とかに当てると、結構早い速度で昇温しますね。 確かに100mW近い放熱量なのかも(笑)

        1. Mooseさん,なるほど,広い建築現場での指示用ですか.確かに口で言うだけより確実かも.色んな需要があるもんですね.
          イベント会場とかでも便利かもしれません.「あの客,乗りがわるいよ~」とか...当てちゃダメでしょ.
          100mWあったら,それになりに発熱しそうですよね.犬のダニを焼き殺すのは...無理だろうか.シェルターから預かってくる子犬に,たまにダニがいるんですよねえ.

      1. それはエメリウム、ってか、あれ緑色だったんだ。当時うちは白黒テレビでした。カラーになったのはエースからだったか。。あ、宇宙エースではないですよ。

        1. Misssyさん,スペシウム光線って何色でしたっけ?ルビニウム光線だったら,赤いっぽい.
          画像検索してみましたが,これは白なのかなあ.

    1. あーにゃさん,赤は普通ですが,緑のレーザーはちょっと高いんです.でも高いだけあって,すごく明るいんですよ.

  2. そういうことだったのですね。細長い物体ではなかった…
    これ、床や壁に当ててちろちろ動かしたら
    クゥちゃん追いかけますかね。 ネコじゃないからだめ?

    1. ポージィさん,あの緑の発行体は,このレーザーを壁で動かしながら撮った写真だったんです.クゥは,どうでしょうね.やってみようかな.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください