IMSLPにある,管弦楽のピアノ編曲版

以前,Amazonで購入したBrahmsの交響曲のピアノ独奏版ですが,IMSLP (International Music Score Library Project)に置かれたフリーの楽譜をつらつら眺めていて,謎が解けました.編曲者はOtto Singerという人で,数多くの管弦楽曲をピアノに編曲しているそうです.ちなみに,ブラ1のピアノ譜は,こんな感じ

IMSLPのサイトにある膨大な楽譜をあれこれ眺めていたのですが,面白いことに管弦楽曲のピアノ編曲が意外と多い.BeethovenのLeonora3番のピアノ編曲なんてのもある.

こういう音楽,おそらくはサロン音楽として演奏されたのだと思いますが,Lisztの編曲物のように半ばアクロバット的なものもあります.

存在は知っていたLiszt編曲のBerlioz「幻想交響曲」のピアノ版.PDFを見ていただければわかりますが,原曲にかなり忠実な編曲です.その分,一体何本の腕が必要なんだろうという箇所も.

管弦楽をピアノに置き換えるとき一番悲しいのが,音を延ばせないこと.ピアノは鍵盤を押して音が出れば,それでおしまい.トレモロを使って延ばすこともできますが,細く滑らかな長~い音は不可能.そんな欠点が最大に露呈するのが,おそらくBrucknerの交響曲.

Brucker, Romantic, Piano version

Brucknerの4番の交響曲,通称「ロマンティック」,その冒頭部分.これはピアノソロではなく,連弾用に編曲されています.編曲者はやはりOtto Singer (IMSLPより転載).

典型的なブルックナー開始(弦の弱音トレモロから曲が始まる)が,そのまんまピアノのトレモロになっています.おもしろくないと思うんですよね,こんなのピアノで弾いても.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

11 thoughts on “IMSLPにある,管弦楽のピアノ編曲版”

  1. 似たようなのを作曲したことがあります。めんどくさいからやったんですが音楽の先生はよろこんでくれました。まあ、一回しか通用しない瞬間芸でしょうね。

  2. 確かにピアノで長~く音を引っ張るのは難しいですよね。
    それでもピアノの音には深みがあって聴き応えがあります♪
    我が家のピアノはかわいそうに暇を持て余し中。。。
    娘の練習時間が減ってきたので発表会間に合うか私が焦ってます!

  3. TAMAさんがBLOGでピアノを弾いていらっしゃるところを載せていますが素敵です。LiLA管理人さんも、弾いているところを記事にして下さい!

  4. 画像にあるロマンティックの冒頭部分ですが,楽譜を見る限りでは,非常に秩序だっていて到底ロマンティックには見えません.音になるとそうでもないのですかね.残念ながら,楽譜を見て音が聞こえてくるような能力を持っていないので私には分かりません.おそらく管理人さんは音からも楽譜が想像できるのでしょうね.楽譜を見ずに,曲を聴くだけで楽譜に起こすというゲームはどうでしょうか.何点取れますか?

  5. 編曲版って結構厳しいの多いですよねぇ。
    コンチェルトなんかのオケパートをピアノで弾くのもなかなか一苦労です。
    そうそう、トレモロがピアノで弾いたら何とも味気なくって、しかも超下手くそに聞こえて大変です。
    pなのに固くなっちゃって途中で一音だけドカンと出ちゃったりなんかもして、それをカバーしようと色々と試みた結果、極寒の中ピアノを弾いてて超震えてる可哀相な子みたいなトレモロを弾いたことがありますけど(失笑)

  6. わんこさん,ピアノの残響をうまく混ぜ合わせると,色彩豊かな音になりますからね.お嬢さんの練習時間が減った分,わんこさんが練習して埋め合わせるというのはどうでしょう?ついでに発表会にも出ちゃったり.

  7. たいゆうさん,TAMAさんネタをここに書くと速攻でつっこまれる可能性があるのでひやひやしているんですが,さすがに自分の演奏をビデオ録画してってのはちょっとできないですねい.家族以外にピアノを聞かせること,全然ありませんし.

  8. 冬蛙夫さん,ドイツ風のロマンティックというのが,普通自分らが言うロマンティックのイメージとはちょっと違うんですよ.深い森に朝霧がかかって,やがて朝日が湖面を照らし小鳥が囀り,というイメージの曲です.
    採譜(耳コピー)はできますよ.もちろん完璧に楽譜に起こせるかどうかは,曲次第だけど.人から頼まれて3重奏の楽譜を作ったこともあります.

  9. Mimi☆Kiraさん,オケパート編曲は,普通のピアノ曲ではあまりないようなパターンが出てきますからね.和音をひたすら連打とか.ストラビンスキーの春祭のピアノ譜を持ってるんですが,超絶技巧です.弾けんちゅうに(買うなよ).
    トレモロは難しいですよね.注意のあまりガチガチになってしまうの,わかります.って言うか,僕もそうなっちゃうし.グランドピアノでやると,結構誤魔化しやすいんですけどね.

  10. それはもっと長いのが有名作曲家の人にやられてますね。リゲティのメトロノームの大群のように再現を拒否したのもいいですが作曲のなんたるかがとわれてきますね。

    きのう品物をつつもうとして古新聞をひろげたらエサ・ベッカ・サロネン1月に新曲発表とありました。ひゃーチェックしわすれた!でも去年の1月なんですよね。

コメントは停止中です。