クリスマスキャロル

先週末、友人宅で早々と開かれたクリスマスパーティに行きました。それに先立って、彼が持って来たものはクリスマスキャロル集の楽譜。皆で歌うから、ピアノの伴奏をやってくれということです。ピアノ弾くくらいなんとかなると思って安請け合いしたんですが、ざっとその楽譜を眺めてちょっと意気消沈。知ってる曲が少ない!

もともとクリスマスパーティでキャロルを歌う習慣なんて無いので、知らなくて当然(←開き直り)なんですが、この賛美歌集で知ってるのは、「聖夜」、「樅の木」、「諸人こぞりて」、「柊飾ろう(Deck the Hall)」、「牧人、羊を(The First Noel)」、これだけ。あと「ジングルベル」も入ってましたけど、これを入れるならWhite Christmasも入れて欲しかった。

パーティの前に、取り敢えず全曲をざっとさらっておきましたが、知らない曲だとどれくらいの早さで弾いたら良いのか分かりません。もちろんネット等で調べておくっていう手もありますけど、そこまでするもんでもないし…

実は子供の頃、ピアノの上にいつも賛美歌集が置いてあったので、こういう賛美歌の演奏には慣れていたりします。賛美歌は初見の練習にぴったりなので、時々ぱっと本を開いてそれを弾いたりしていました。ランダムにページを開くので、たまには葬儀の時の歌も。。。

この晩、歌ったのは、次の曲。

  • Away in a Manger
  • O Come, All Ye Faithful
  • God Rest You Merry, Gentlemen
  • Deck the Hall
  • Hark ! the Herald Angels Sing
  • We Three Kings of Orient Are
  • Good King Wenceslas
  • Silent Night
  • O Christmas Tree
  • Here We Come a-Wassailing
  • Jingle, Bells

調べれば日本語表題も分かるんでしょうが、面倒なので省略。ちなみに伴奏でこけたのは、”God Rest You Merry, Gentlemen”という曲。四分音符=80くらいで弾き始めたら、本当はその倍の早さだった。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

「クリスマスキャロル」への2件のフィードバック

  1. “God Rest You Merry Gentlemen”、これはたしか日本の「聖歌」(『賛美歌』ではなくて)にはいっていたかな。ビング・クロスビーのLPで持っています。
    O Tannenbaumが、O Chirstmas Treeになるんですね〜。
    私も金曜日は、クリスマスソングの90分です。4年坊主は二人、クリスマス24日に弾くんだ、とがんばっています。他の曲をこのくらい熱心に練習してくれたらね〜。

  2. God Rest …今ネットで検索してみたら、イギリスではメジャーなキャロルみたいですね。
    そう言えばクリスマスパーティ主催者は英国人だった。最後の方で何故か拍が取りにくい部分がある、ちょっと変な曲です。
    ドイツでのクリスマスの合唱、是非聞いてみたいですね。あと、クリスマスマーケットに行ってグリューワイン飲みたい。。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください