訛った英語, accentその2, Texas編

今日は記事書く予定無かったのですが,昨日の記事へのコメントでちょっと変な話を思い出したので…

職場でTexas出身者(Texan)と話をしていた時のこと.話題がパソコンの話になり,

「そう言えば,マック,もってるんだよね?」

と聞いたら,何故か通じません.

“hmm ? whats that ?”
「いや,だから,マックだって」
“…Say it again ? “
「だーかーらー,Apple社のコンピュータで...」

Oh ! みゃーっく!

テキサスって,合衆国の名古屋なんか?

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

16 thoughts on “訛った英語, accentその2, Texas編”

  1. きっと私の英語は関西弁訛りなんだろうなぁ~・・・。
    一番関西弁っぽい英語を話す州はどこじゃろう。
    テキサスが名古屋だから・・・、あれ・・・地理的にニューメキシコ辺りやろか~(笑)!

  2. ただ単にその方がマックのことをまちがって覚えたのでは?
    ダラスに出張して地元者と会話しましたが、マックのことはマックと言ってました。
    テキサス州は広いのでカントリーやロックがさかんなオウスティンやヒューストンなどいろいろですけどね。

  3. 去年、テキサスが舞台の映画を見たのですが、すごく聞き取りにくくて苦労しました。

    イギリスも地方によっていろいろアクセントがあって、本当に何を言っているのかさっぱりわからないことがあります。イギリス人同士でも、聞き取りに苦労することがあるようです。私なんかは、皆がクイーンズ・イングリッシュで話してくれれば楽なのになあ、と思うのですが、実際はクイーンズ・イングリッシュを使う人はそれほど多くはなくて、苦労しています。

  4. 下記事コメントの続きになっちゃうんですが、はい、ドイツではアメリカ観光人は、なめられとるというか、馬鹿にされているというか・・。アメリカ文化は大好き、でも、ボクたちのほうが歴史があるしぃ、でもでも・・という悩めるドイツ心なんですかね。

    アメリカにも、標準発音みたいのはあるんですか?新大統領って訛ってます?

  5. うちの嫁と連れ添って10年以上、彼女の発音になれた私はアルバカーキーのスーパーで地図はどこだいとおばちゃん店員に聞いたら同じ反応をされました。そしたら横にいた青年店員がマップだよマップって言っていました。
    ミャーップって言ってたんでしょうね、私。
    分からない人間が悪いと開き直ります。

  6. 方言やら訛りやら面白いですねぇ。
    私自身はそもそも英語ができませんから別世界のお話として
    笑っているわけですが…。
    いちお英会話を習ってる夫はイギリス英語がいちばん聞き取りやすいそうです。
    アメリカ英語は巻き舌発音に聞こえるとか。
    その巻き舌英語を話したのは、アメリカのどの辺りの人だったんでしょうね。
    職場にはインドの方が何人かいて、その人たちの英語もまたとっても
    聞きとりづらいそうです。
    中国人とペルー人が英語で話しているのを聞いたときも、それぞれが自分の
    訛りの英語で喋っていて、よくあれで分かり合えてると思うくらい違って
    聞こえたそーです。
    夫の英語はどうなのかしらん?日本語訛りなのかいろんなとこどりなのか??

  7. 「みゃ~!」ですか!
    思わず「エビフリャ~」が食べたくなりました。
    アメリカ各州の訛りチャンピオンの討論会が開催されたら楽しそうです。
    「は?」と聞き返す会話が多いかもですね~♪
    熊本生まれの私、福岡に嫁ぎ始めのうち「え?」「は?」の連発でした。

  8. 同じ英語でも違う地方の人にとっては面白く聞こえるものなんですね.ただ,私の場合は「ああ,そういう風に違うんだ」とは思っても,アメリカ人のように笑いどころまでは分からないことが多いと思います.実際に「みゃーっく」って言われても「名古屋かよ!」っていう突込みがなければ「へぇ~」としか思わないでしょうね,多分.
    そういえば,「欧米かッ!?」っていうネタは欧米人にも笑えるのでしょうか?いや理解できないでしょうね.

    ところで NM って「route」は「ラウト」ですよね.IL では「ルート」ですが,ラウトって言ったら,「それはないわ…ププッ(笑)…tomatoをトマトって言うのと同じくらい田舎くさいわよ,ワッハッハ」って言われました.これも70近いお姉さんの発言でしたが,トマトとかポタトとかでそこまで笑えるんですね.ていうか,それまで2年間ずっとラウトって言ってたよ.東洋人の変な発音ってことで許されてたんですね.
    ちなみに先日のコメントに書いた古臭いと指摘された表現は dollar を buck って言ったときです.少なくとも南西部では普通に使ってますよね.

  9. Mimi☆Kiraさん,関西人が英語しゃべってると,Oh Yes Thatsほんまにgood,になっちゃいますね.え,違うって?
    英語の関西弁,どこでしょうねえ.ちょっと違うかもしれませんが,カリフォルニアあたりとか.東部に対抗してるし,なんか馴れ馴れしい話し方するし(笑)

  10. Lisakyさん,いえいえ,当人はコンピュータサイエンスのプロですから.多分,僕の発音が悪かっただけだと思います.本人のみゃーっくは,とっさに地が出たのかと.
    訛ってる人も,普通仕事上では標準英語を話しますしね.

  11. Yukiさん,イギリスでも,北の方に行くと聞き取りにくくないですか.スコットランドの英語,さっぱりでした.
    何年か前ロンドンに行ったときにふと感じたんですが,なんだかアメリカ英語っぽい話し方をする人がいるんです.単に観光客だったのかもしれませんけど,あるいは若者の間で米語が広まりつつあるとか.まさかね.

  12. nyfさん,そういうの分かります.歴史らしいものが全然無い国ですからね.こちらの文化と言えば,映画に野球に…えーっと何かありましたっけ.
    標準英語と正式に決まったものはありませんが,所謂きれいな英語というのはありますよ.CNNで喋ってるような英語ですね.日本でもNHKのニュースは標準語で話されてますし.大統領の演説とかは,万人に分かりやすくというのが基本なので,とても聞きやすい英語で書かれています.でもそれ以外の会話では,訛りが出ることもありますね.
    現大統領は,訛り以前に,英文法を間違えるので有名ですけど.

  13. Rockyさん,そうそう,分からない人が悪いんです.僕も相手が「なに?」って顔したら,「まーったくこいつは」見たいな態度で応戦しています.
    英語の発音って,移りますよね.僕も身近に英国人が居る関係上,うっかりイギリス風の読み方をしてしまうことがあります.oftenをお布団みたいに.

  14. ポージィさん,イギリス英語が聞き取りやすいってよく言われますね.多分,アクセントがはっきりしているためだと思います.僕も最初はそうだったんですが,今じゃ英国風アクセントは返って聞きづらいんです.彼ら,単語の最初はくっきり言うんですが,その後がなんだかごにょごにょになって何を言ってるのやら.まあ慣れなんでしょうけど.
    アメリカ人の英語が巻き舌というのはあまり聞きませんけど,どういう人と話をされたんでしょうね.巻き舌と言えばインド英語ですが,彼らのは元々イギリス英語ですし.
    英語を母国語としない人たちが英語を話すと,発音はもちろん変なことが多いのですが,基本的に使用する単語数が少ないので,意外と理解しやすいんですよ.勿論,その少ない単語を聞き取れれば,ですけど.

  15. わんこさん,英語ネタですので,ここは一つABふりゃーと...あ,いや,えーっと,何でもないです.
    僕も博多弁はOKなんですが,ちょっと西の方にいったら(ほら,えっと,あの,糸島あたり...),もうさっぱりです.

  16. winterfrog夫さん,みゃっくはたまたま名古屋っぽくておかしかっただけで,ふつうの訛った英語だと,へーそういう風に違うんだくらいの感慨しかありませんよね.
    まだ分かる英語を話してくれるだけいいんですが,地方によってはまったく聞き取れないこともありますよ.え?いまの英語だったの?みたいな.この近所でも,サンタフェあたりではよく遭遇しますね.

    ああ,Buckのことでしたか.こっちじゃ普通に使いますね.てか,NYでもCAでも使われてるの聞いたことあるけど,なんか古語っぽく聞こえるんですかね.まあ古い表現ではあるけど,普通じゃないかなー.

コメントは停止中です。