照明を取り替え

アメリカ人って、何故か蛍光灯を嫌いますね。消費電力が低く明るい蛍光灯を、やれ光が冷たいだのと言い、家の照明はもっぱら白熱球。さすがに電気代節約に目覚めた人達は、電球型の蛍光灯やハロゲンランプを使い始めておりますが、沢山の60W白熱球照明を毎晩煌煌と点け、毎月のように切れた電球を交換するのは、ここでは当たり前の光景。

僕の家も居間の照明は白熱球。それも75Wという巨大なやつが三つもぶら下がってました。でも消費電力の割にはあまり明るくならず、居間で読書するには電球の真下で本を広げています。それともう一つの問題。何故か照明のスイッチが壁に無く、毎回、椅子に登って天井のライトのスイッチを直接ON/OFFする必要あり。

不便だと思い続けてはや1年。さすがにこのままではならじと、ホームセンターに行って新しい照明を購入。ついでに使われていなかった壁のスイッチから電源を引っぱって、天井照明に電気を供給することに。

天井に穴をあけ、さらには屋根裏から電源の配線をしたりと、週末労働すること数時間、何とか取り付け完了です。

取り付けた照明はtrack lightingと呼ばれ、天井に電源付きレールを付け、そこにランプを取り付けるもの。ランプの位置と向きが自由に変えられます。日本でも店舗やレストランで見かけるタイプです。

レールさえ設置してしまえば、ランプは色んな型のを選ぶことができます。今回買って来たのは、この小さなハロゲンランプのもの。これを3つ取り付けます。このランプ、OHPに使われているのと同じものです。

こういう仕事を終えると、父親の株がグンと上がるもんです。設置を終えて、さてスイッチオン。輝くライトに「パパ、すごーい」とかね。

こっちも鼻高々になっていたその矢先、

「玄関のチャイムが鳴らなくなったよ」

もう、お約束です。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

10 thoughts on “照明を取り替え”

  1. ホント、お約束ですよね! 次々とよくもまぁ出来の悪いアニメみたいなことが起きるんだろうかと不思議になります。

    それにしてもこっちの電球って寿命が短いですよね。たけど6個入りで1ドルちょっとと安いから何となく許せてしまうけれど、よくよく考えると納得いかないなぁ、、、。

  2. あまりのお約束ぶりに力無く笑ってしまいました。
    我が家も先週私がトイレのタンクレバーを壊して、オットが修理に取りかかったのですが、レバーを直せばバルブが壊れるといった状態で、現在プラマー探しの真っ最中。

    ところで、我が家も白熱灯の代わりに白熱灯の色をしたヘンな形の蛍光灯を使ってますが、蛍光灯のくせに1年ともたないのはなんとかならないかと思います。普段は慣れてしまって何とも思わないのですが、ひとたび考え始めるとふつふつと怒りが…(笑)

  3. FireFoxで接続できなかったので、IEを使ったらやっと接続できました! なんでだろう・・・

    その後、玄関チャイムは鳴るようになりましたか?

  4. パパすご〜い!!パチパチパチ で終了するはずだったんでしょうねぇ・・・(笑)
    我が父親は電気関係に滅法弱く、私は小さい時に自分で動いた方が早そうだということに気付き電気関係は何でも自分でやるようになりました。。。
    って、まさかLiLA管理人さんのようなことまでは出来ませんけどね!

  5. まこさん、ほんっとにマンガですな。全く暮らしやすくしてるんだか、家を壊してるんだか。
    電球が頻繁に切れるの、困りものです。現代テクノロジーはどうなの、と言いたい。
    それとも、電球を売るために、切れやすくしてるんかな。

  6. TAMAさん、そちらのオットさんも似た様な苦労なさってるようですね。なんか家のトラブルがあっても、業者に修理を依頼したら、それはそれで新しいトラブルを引き起こすのが、この国。苦労しても、自分でやった方が早いことが多いです。

    ぐねぐねした蛍光灯が、電球に入ったようなやつですよね。うちも何カ所かはそれに取り替えました。でも、まだ切れて無いですよ。。。。。って、まだ一年経ってないや。もうすぐかな、アメリカタイマーが始動するのは。

  7. Soylistaさん、先々週よりLos Alamosのネットが不調です。昨日、Comcastのオフィスに行ったら、まだ調整作業中なんだとか。もうすぐ直ると彼らは言っておりますので、しばしのご辛抱を。
    でもIEだと読めるというのは、ちょっと解せないですよね。うちもFirefox派です。

    玄関チャイム、どこの配線を切ってしまったのか分からず、結局、無線式チャイムを買ってきました。

  8. Mimi☆Kiraさん、パチパチが無くて、がっくりでしたね。
    電気関係をご自分でやられるとはすごい。普通、感電しそうでちょっと躊躇しますよね。
    オーディオとかの裏側のクモの巣のような配線も、やっちゃうんですか。そんな技も、「すごーい、パチパチ」です。

  9. 本当にアメリカの電球、あのGEマークの奴はすぐに切れますよね、但し、日本に比べるととても安い!!
    アメリカから帰国後に家を建てたのですが、家内が拘ったのが白熱灯でした。インテリアデザイナーさんからは、かなり暗くなりますよ、念を押されましたが、結局、我家の照明は殆んどが白熱灯になりました。でも、そんなには切れませんよ。日曜大工というか、にわか電気工事師というか、この手の作業にはこんな落ちが良くありますよね。仕事が終わって、ふと傍らを見ると何故か部品が余っていて、また最初から(分解して)やり直しとか・・・・。管理人さんのお気持ち、良く分かりますよ。

  10. Sallyさん,なぜあんなに頻繁に切れるんでしょうね.安いんですけど,毎回椅子に登って天上の照明を取り換えるのは面倒です.
    白熱灯は全体に明るくはなりませんけど,部分的に照明するとインテリアが映えますよね.そういうリビングでも良いんです.電球が切れさえしなければ!
    よく安い家具とかを買って来ると,組み立ては自分で,というのがありますよね.あれ,なぜか部品が余るんですよねー.そういう時は,「これは予備だ」と思うことにしてます.

コメントは停止中です。