アメリカでの出張・旅行の10のヒント

ごぼう天うどん

いきなりタイトルとは全然関係無い写真ですが,日本での写真を整理してたら出てきたもの.最後の悪あがきで,帰国直前の福岡空港で食べた「ごぼう天うどん」です.

このシンプルなうどんを眺めつつ(あぁ食べたい),今日はアメリカで飛行機と車を使って旅するヒントを伝授.


  • セキュリティチェックでは物をまとめて
    空港での最初の難関,セキュリティチェック.ポケットに携帯やら財布やらが入っていると,手荷物検査にもたつき,下手をすると忘れ物をするかもしれません.ゲートに入る前に,ポケット内の物や搭乗券,ベルト等全てを手荷物バッグに入れてしまいます.可能なら上着もバッグに入れます.ベルトコンベアに乗せるのは,パソコンと靴,それにバッグだけにします.
  • なるべく早く搭乗しよう
    狭い機内に早くから乗り込むのは億劫なものです.でも最後の方で搭乗すると,荷物スペースが無くなりますよ.アメリカ人は大量の手荷物を持って機内へとやっきますので,「お客様の頭上の手荷物入れ」があっという間に満杯になります.

ラーメン

  • 最前列には気をつけよう
    列一番前の座席は足元のスペースが広くて快適ですが,そこには2つの落とし穴があります.まず手荷物は下に置けません.全てオーバーヘッドビンに入れる必要があります.それからもう一つ,中央列のこの座席は赤ちゃん連れ家族が座る可能性が高い.数時間ずっと真横で赤ん坊の泣き声を聞かされる可能性もあるということ...
  • 防寒はしっかりと
    夏でもアメリカの機内は寒いです.頭上のエアコン噴き出し口を閉じても,足元を冷たい風が流れます.上着をひざ掛けにすると良いです.
  • 暇つぶしを忘れずに
    国内便であっても2,3時間は狭い空間に閉じ込められます.時間つぶしに文庫本やパソコンなどがあるとよいです.足元に電源コンセントが備え付けられた飛行機なら,電池の心配も無用.ちなみに機内誌は全然面白くないので,暇つぶしにはなりません.
  • 乗り継ぎ時間はたっぷりと
    どこかで飛行機を乗り継ぐ場合,国内なら一時間以上,入出国手続きがある場合は2時間以上は余裕を見ましょう.時間通りに到着するとは限らないし,とにかくどこの空港もでかい.ターミナル移動するのにも時間がかかります.

熟柿の郷

  • 乗り継ぎ便のターミナルをいち早く確認
    飛行機の出発ターミナルは電光掲示板に表示されています.でももっと便利なのが,Android/iPhone用に航空会社が出しているアプリ.アメリカでは飛行機が着陸した後は携帯を使えますので,即乗り継ぎターミナルの確認ができます.
  • レンタカーは予約しておく
    空港からの公共交通機関はあまり整備されていないので,レンタカーを使うのが一番楽です.いきなりレンタカーのカウンターに行くのでは無く,必ず予約しましょう.値段が違います.当日ですら,レンタカーオフィスの真ん前からでも予約センターに電話した方がよいです.
  • 付近のガソリンスタンドをチェック
    レンタカーは満タン返しします.でないとかなりのお金をチャージされます.レンタカーオフィスで聞くか,Google Mapなどを使って,空港付近のガソリンスタンドの場所を確認しておきます.空港すぐ近くまで来てしまうとスタンドが無いことも多いです.
  • レンタカー給油口の法則
    給油口がどちら側に付いているのか,初めて乗る車では迷います.でもレンタカーの場合は心配無用.ガソリンメータのところにスタンドのマークが付いています.その右か左に▲印があり,それが給油口のある側を表します.

書いていると,どんどんと長くなってきましたので,今日のところはこの辺で.

...等と言っておきながら,続編が出る可能性は限りなく不透明.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

「アメリカでの出張・旅行の10のヒント」への20件のフィードバック

  1. とっても助かりました。
    ちょうど今週の12月3日からコロラド、カッパーマウンテンに滑りに行くとこでしたので。
    私は冬に国際便に乗るのが初めてですので機内の温度の事が気になっていました。
    やはり寒いですか。夏なんかはあまり寒くていつも低体温症で死にそうになります〜。
    熟睡できるように暖かい物を準備して乗るようにします。

    1. ちろこさん,アメリカの航空会社だと,国際便でも機内が寒いです.防寒対策をしっかりと.
      コロラドでスキーですか.いいですねー.今年は雪がありそうです.こちらの山もすでに白い帽子をかぶっております.今週半ば過ぎから次のストームが来そうですので,お気をつけて.

  2. 旅の心得十か条でござるかな?何が起こるかわからぬですからのぉ。

    小さい飛行機の一番前窓側に早々座ったのはよかったのですが、隣の方が最後にご搭乗され私の座席はこの方に占領されたも同然状態のサイズほど大魔神。おまけに私の分の機内スゥイーツまで剥奪?されました。(チョコレートだったので「要らない」って言ったら、すかさず横から「彼女の分を俺が貰っても悪くねぇよな?」とスッチーに。)寒さはいつの間にか、暑苦しさに変っていました。(汗)

  3. 給油口の法則、一瞬都市伝説っぽいですが、本当っすか?
    レンタカーでいつも給油口の位置がわからなくて、勘で車を
    ポンプに乗りつけると、ほぼ100%外してやり直します。
    降りなくても分かるのは、ありがたい。

    1. Hiroさん,本当っすよ.あのマークが付いてないレンタカーはまだ見たことありません.
      でもほぼ100%間違いということは,逆に言えばほぼ100%正解に辿りつけるということですよねえ.

  4. >当日ですら,レンタカーオフィスの真ん前からでも予約センターに電話した方がよいです.

    そんなに違うんだ(笑)

  5. 旅慣れたLiLA管理人さんならではのヒントが満載ですね。
    ガイドブックにそこまで書かれていないでしょうから。
    備えあれば憂いなし。
    のはずなのに、毎回裏をかくように何かしらのハプニング。
    備えあればこそそのハプニングをもするりとかわして颯爽と
    旅を続けられているのだとしみじみ感じました。
    しかしヒント・リストはこれからも項目が増えていきそうですね。

    1. ポージィさん,普通のガイドブックを買われる層は,こんなリスクの高い旅行はしませんもんね.するりとハプニングをかわしてる訳じゃないんですよ.もうがっつりと正面衝突しながら,そこはもう笑える話に昇華してしまえということでしょうか.
      この記事,結構アクセス数が多かったようなので,続編をやりますかね.

  6. 「セキュリティチェックでは物をまとめて」
    はい、ご忠告、骨身に沁みます・・・。

    1. あーにゃさん,いいでしょ,食べたいでしょ.福岡空港での最後の晩餐,ラーメンにするかうどんにするか悩みます.で,結局カレーライスとか.

  7. 私も大体同じ感じです(笑)。
    セキュリティチェックで面倒なので、ズボンは紐が付いているのを履いておいて、最初からベルトを外しておくとか、靴は金属が無い物を選んでおくとか、ノートパソコンカバンの外側のポケットに入れておいて、すぐに出せるようにしておくとか、カバンにチョークバッグを付けておいて、ポケットの中身はチョークバッグにごそっと入れるとか。

    あと、機内で物の出し入れが簡単に出来るように、小さいトートバッグをカバンに入れておいて、機内で読む本、ゲーム、飲み物、アメとか入れておき、大きいカバンはオーバーヘッドビンに入れておくとか。

    ヘッドホンはノイズキャンセリングヘッドホンで、ネックストラップ付きのを使ってヘッドホンを付けたままでも手にケーブルが引っかからないようにしておくとか。

    機内には出来るだけ早く入っておいて、入国審査用書類、日本へ戻る際の通関書類を離陸前に書き終えておくとか。

    仕事で使うレンタカー会社は自分で選べるので、Hertz #1 Club Goldに登録しておいて、チェックインしなくても車へ直接行けるようにしておくとか。

    出張が多いと色々な手続きを出来るだけ楽に出来るように事前準備しますね(笑)。

    1. Mooseさん,お,同類ですね.セキュリティチェックを如何に簡単にすり抜けるかって頭使いますよね.僕も小さめのバッグを用意しておいて,そこに取り出したい物を入れておいた事があります.でもネックはノートパソコンなんですよね.これがやっぱりでかい.
      ノイズキャンセリングのヘッドフォンはちょっと気になってます.あれがあると眠れるという声をよくききますので.
      Hertz #1って,年会費が必要なんじゃないですか.僕もHertzには登録してるんですが,年会費があるからGoldにはしてないんです.本当はGoldにしたいんですよね.そのまま車をピックアップできて便利そうです.
      お互い,出張を如何に楽にするか,あれこれと考えますよね.もっともっと便利な旅のヒントを編み出しましょう.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください