子供への言語教育

日本の雑誌を読んでいて、ちょっと驚いた話。

日本人の家庭ながら、子どもとの家庭での会話を全部英語でやってる人が居るんだとか。おとーさんの発音はイマイチなので、子供に英語で話しかけないで欲しいんだとか。将来はアメリカ移住予定で、子どもの名前も西洋人っぽいもの。

確かに英語が話せれば、大体世界中何処に行っても何とかなるもんですが、子どもにそこまでやらせないといけないのかと思うと、ちょっと気が滅入ります。

それに、何とかなるのは意思伝達だけの話。技術者ならまず技術、芸術家ならまず芸術ありきで、それを伝えあるいは吸収する手段としての言語だと思うのです。勿論、英語は早く始めた方が身に付く、というのは理解できますが。

自分自身は仕事の関係で渡米して来ただけで、別段アメリカや外国暮らしに憧れがあったでもなし。ただ、なりゆき上そうなってしまっただけ。当地アメリカでの暮らしですが、在米日本人のblogなんかを読めば分かるとおり、アメリカだろうが日本だろうが、生活の苦労なんて変わらないんですけどね。

アメリカに住む日本人には、それとは別の悩みがあり、それは日本語教育、特に読み書き。大きな都市では日本人学校がありますが、こんな辺鄙なところでは望むすべも無く、親が先生するしか無い訳です。

でも、短期滞米ならともかく、ずっとこっちに住むのが前提なら、漢字の勉強は、結局子供の負担を増やすだけになりそう。悩ましいところです。

取り敢えず、日本語を忘れないようにするためにとった策が『家庭内英語禁止、但し宿題を除く』。どうせ小学校では英語漬けなんだし、家に帰ってまで英語やることも無いでしょう。

でもこれって、日本で英語onlyの生活やってるのの、単に逆なだけですね。他人の事をとやかく言う資格無しです。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

「子供への言語教育」への12件のフィードバック

  1. 言語教育についてはほんとに色々ご意見があるところとは思うのですが、日本語にしろ、英語にしろ、どの国の言葉にしろ、子供の時に母語としてどれかの言葉はきちんと確立しておかないと、第二、第三言語の習得も中途半端になるのではないかと思います。 どこかで読んだか聞いたかしたのですが、本当のバイリンガルとは、例えば日本語で文を始めたら、日本語で文を完結し、英語で始めたらなら、英語で文を通すことなのだそうです。 だから、私もついつい言ってしまう、”It’s しょうがない, isn’t it?” なんてのはダメダメなんですね。

    私は息子に日本語で話し掛けるようにしているのですが、帰ってくる答えは全部英語なんですよね〜。 でも、私が日本語で言っている内容はちゃんと理解しているようなんですが、、、どうしたものやら・・・  まずはやっぱり英語をしっかりとしてから、日本語の読み書きかなぁ、なんて思ってはいるのですが。

  2. 日本語を忘れないようにしなくては、と思います。
    読むのはお蔭様で本や雑誌が届くのでよいのですが、書くのはだめですね。字がどんどこ下手になるし、漢字が書けなくなっています。話す方は、まだ、大丈夫かな〜。
    日本語をきちんとしてこその、「外国語」だと思うのです。そして、Lila管理人さん御家庭が「日本語オンリー」とすること、普通というか、よろしいのだと思いますよ。でないと、お子さん方の「日本に帰って日本人として生活する」という可能性が狭くなるように思うのですが。

  3. パッとコメントをまとめられるほど軽いテーマでもなく、さりとて見ない振りして行き過ぎるにはあまりにもツボにはまるこの話題。そういう親子、以前テレビで見たことあります。同じ人かしらん。

    まあ、いろいろありますが、soylistaさんのおっしゃる通り、(初めまして!ちなみに我が家では日本語の中に[stil]を挟むのを止められません(笑))「第一言語が確立していなければ第二言語の真の習得はありえない」というのはすでに定説なので、その点、生活し、学校へ行っているものの、私が責任持って教えることができない英語でなく、とにかく日本語を、というのが私の方針です。将来どの国に住むかということは全く関係がなく、とにかく第一言語で考える力が大切かな、と。

    でも実際抽象的な概念になると教えるのは難しいし、普段情報量として圧倒的に多く入ってくるのが英語なので、自分の心の動きなんかを日本語で説明するのはあやふやになってきている最近の我が子たちです。

  4. アメリカに住んでいてこの言語問題が一番頭の痛いところですね。うちの場合家では完全に日本語にはできないので90%英語での生活です。一対一の会話で日本語はありますが、家族の共用言語は英語です。人を誉めたり、愛情表現を使うときには英語がしっくりするのですが、不満があったり怒ったりするときは日本語が合っていたりと、シチュエーションごとに浮かんでくる言語が違ったりするのがおもしろいかもしれません(笑)。2人の子供のうち上の息子は私と一対一の時間が長かったので、彼が1−2年生の時に日本語で九九を言わせる訓練をしたところ、今でもそれを全部覚えていて、九九の掛け算は得意だと言います。あと1年生の漢字を一通り全部一緒にやりましたが、多少覚えているようです。やはり一番目と二番目の子供にかける教育熱というのは下にいくほど下降気味というのが現実です(笑)。

  5. Soylistaさん、まず母語を確立した上で第2外国語、本当にそう思います。うちの場合は、まずは日本語をと思うのですが、どうしても混ぜ気味になってしまいますね。その「混ぜるな危険」のお言葉、肝に銘じて、子供達にも口うるさく指導してみよう。

    それにしても、”It’sしょーがない” はちょっと笑いました。

  6. nyf1403さん、やっぱり日本語に触れる時間が少なくなる程、遠のいて行きますよね。少なくとも英語に関しては、ここに住み続ける限り困る事は無いでしょうから、日本語の基礎があれば、子供がいつか日本に帰るオプションも残しておけます。取り敢えずは、”No English at Home” 続けてみましょう。

  7. TAMAさん、よくありがちな話題ですが、ある意味切実ですよね。そちらでは漢字の書き取りとか、しっかりやってるようですが、こちらはまだひらがなの段階です。でも、ここで暮らしながら母語が日本語、第二外国語を英語という順序で本当に良いのかな、とたまに考えることがあります。家庭内の会話なんて、そのうち全時間の内の、ほんの少しになってしまうでしょうし。
    もっとも、こっちが教えられるのは日本語とピアノくらいで、どうせ英語は教えられませんから、考えるだけ、It’s しょーがない、です。

  8. Esperanzaの住人さん、全く逆の例を知ってますよ。国際結婚された友人ですが、普段子供との会話は日本語、叱るときだけ何故か英語。会話の雰囲気が突然変わるので、傍から見ていておもしろかったです。
    そちらの家庭では、まず母国語としての英語が確立してるから安心ですね。それにプラスして日本語も理解できるんだから。
    教育熱が下の子供にいくにつれて冷めていくの、良くわかりますよ。だってだんだん面倒になってきますもん。下の子供には悪いけど。
    一応、ピアノだけは平等に愛の鞭を与えているつもりですが、これは子供達、迷惑してるでしょうね。

  9. 語学をマスターするのには、小さい頃に触れさせて耳から習得させるのが一番いいそうですが、両方の言語をきちんとマスターするのは本当に難しいものなのですね。

    私は8年近くドイツにいましたが、読み書きはわりと良く出来ましたが、話すのがなかなか上達せず本当に苦労しました。どうも年を取ると文法に囚われすぎて正しく話そうと思うと言葉に詰まってしまったのを思い出します。子供のうちなら柔軟な発想で覚えていけるのでしょうけど。語学の特に会話の上達は、基本的に「話好き」じゃないと駄目ですね。
    私は黙っているのも全然平気なので、会話は駄目でしたね・・・

    色々ご苦労があるのだろうなあ、と昔の自分を考えながらふと思いました。

  10. きみーさん、小さい子供、本当に言葉の吸収は早いんですが、第二外国語が第一外国語になっちゃうと、それはそれで問題なんですよね。もしかすると、日本に居て、英語教育をかっちりやるというのが理想なのかもしれません。

    ドイツ語、難しいですよね。文法、それに名詞の性別。1年ほどドイツ語教室に通いましたが、単語が分離したり、くっついたりと、もうなんのこっちゃの状態でした。積極的に話す機会をつくらないと、会話は上達しませんね。仕事上の会話は英語で済むので、それもドイツ語が上達しなかった一つの理由かも。

  11. うちの場合、私以外の家族が英語で話すと、私だけのけ者になってしまうため、ほぼ日本語オンリーです。それでもたまに私以外の家族は英語も使って喋っています。あまりこうしようと考えないで自然にやっています。外では英語オンリーの子どもたち、日本で暮らしていないのだから、日本語が遅れてしまうのは仕方がないと諦めています。

    帰国したら大変だぞ!勉強しなさい!と言って、毎日ドリルなどを使って1日1枚のペースでやらせてはいますが、家庭学習では限界があります。かといって、週に1度、それも半日程度の日本語学校では大して変わりはありません。かえって、みんなが日本語が遅れているから安心してしまうというデメリットもあります。あまりメリットがないのなら、低中学年のうちは家庭学習で充分だと考えています。

  12. 楽貧まこさん、家庭学習って難しいですね。教える内容はともかく、自分の子供に教えるのって、厳しさ加減がとてもつかみにくい。つい厳しくしてしまったり、こっちが疲れてたりすると、いい加減になったり。
    帰国するかどうかというのも重要なポイントですよね。帰国しないなら、日本語を第一言語としてつっぱる必要もないわけだし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください