音を合成すること

今年の夏、Robert Moog博士の訃報が流れました。言わずと知れたシンセサイザーの生みの親です。まあ、知らない人は知らないほどの古い人ではありますが。電気信号をフィルターに通す事で音色を変え、さらに強弱を付け、変幻自在に音楽を作り出す事ができるアナログシンセサイザー。オーケストラはこれで廃業なんて言い出す人も居たとか。

こういう「電気モノ」って、理系かつ音楽好きはシビレルものです。それはまだ自分が中学生だったジュラ紀、電気の力でどんな音でも出せるシンセサイザーは夢の楽器でした。富田勲のようにこれに入れ込んだ人以外にも、ロックや映画音楽等、シンセサイザーは至る所で登場します。特に日本で有名になったのは、BeatlesのAbby RoadとYMOでしょうか。

当時たまたま読んだ文章。ストラデバリウスだろうが電気信号だろうが、空気の振動に変えたものが同じなら区別はつかない、だからストラデバリウスの音は合成できる、というのは、まさに目から鱗でした。多分、糸川英夫氏だったと思いますが、ちょっと記憶があやふや。なんせジュラ紀の事ですもん。

その文章に続いて、何やら複雑な数式が並んでいましたが、今思えばあれはフーリエ変換の式ですな。どんな複雑な音色だろうが、単純な三角関数の和として表すことができるというもの。

ちょっと話は違いますが、ピアノのタッチについて書かれたものを思い出しました。プロが鍵盤を叩いた時と、アマチュアが叩いた時では、タッチが全く違うと言われたりします。でもこの著者は「リヒテルだろうが音楽とは無関係の人だろうが、同じ速度で鍵盤を叩けば、出て来る音は全く同じ」と切り捨てます。タッチとは音の連続があって初めて感じられるもの、単音でのタッチの差はあり得ないと。著者はネイガウス、あのブーニンの祖父だったりします。

これを読んだとき、なんとまあ物理的に音楽を考える音楽家が居るもんだと、ちょっと感動しました。全く同じ空気振動を与える音は、グールドが弾こうがアルゲリッチが弾こうが、全く同じもの。それを考えると、糸川氏の話も、さもありなん。

話題が全然まとまりませんが、とにかくシンセサイザーです。往年のアナログシンセをPC上でエミュレートするSpiralSinth Modularがあります。興味のある方はどうぞ。とてつも無く高価だったMoogシンセサイザーを、今ではコンピュータ上で再現できる。不思議なもんです。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

「音を合成すること」への4件のフィードバック

  1. その「同じ速度で鍵盤を叩く」ことができないんじゃないですか?確かに物理的には同じになるはずの音があくまでも違う(と感じる)としたらきっとそこには物理的な差異もあるハズです。
    高校生のとき、数ヶ月だけちゃんとピアノを習ったのですが、その先生は繰り返し鍵盤ひとつを2の指でポーンと弾かせて「あなたのは音が違う!」とか「今のは良かった!」とか徹底してくれた…はずなのですが、当の本人は最後までその違いがわからず(聴覚的にも触角的にも感覚的にも)いたたまれなくなってその先生から離れました。
    ああ、繊細だったティーンネイジャー時代(笑)

  2. うろ覚えなんですけど、ウィーンフィルかどこかで代々使われている
    トランペットがとてもいい音がするんで、その金属成分比を調べて
    材質も形も寸部違わぬ楽器を作った人がいたそうです。
    ところがプロに吹かせてみると、出てくる音は元の楽器には到底及ばない。
    どうやら元の楽器は合金の混ざり方が不均等で、その「むら」が
    きっちり一様に金属を混ぜてしまった新しい楽器とまったく違う
    音を生むんだそうな。

    あと、芥川也寸志の本で読んだ話。
    オーケストラで普通に使われる様々な楽器のロングトーンを録音し、
    音の出始めと消える瞬間をカットして編集したテープを
    作った人がおったとな。10種類ほどの楽器の音すべてを
    聞き分けられた人は、本職の音楽家ですら一人もいなかったそうです。
    音の前後に一瞬鳴る、リードや唇が作る微かな雑音、これが音色を区別する
    とても重要な要因なのだそうで、それを切り落としてしまうと
    例えばホルンとクラリネットなどはほとんど同じ音に聞こえるとか。

    音色は音波の波形が全てとはいえ、人間の耳はそのものすごく微妙な差に
    決定的な違いを聞き取るんですね。

  3. TAMAさん、そりゃ他人が弾いたのと全く同じ速度で叩くのは難しいですよ。もしハンマーが弦を叩く早さが同じなら、という話です。同じ速度で叩けば、ピアノの構造上、音は全く変わりません。もし違うと言うのであれば、それはもう精神世界の話ですね。
    その先生が、一個の音だけで良い悪いを言ってるのなら、それは単に強弱の差だけ。はっきり言って、その先生から離れたの、正解です。

  4. Hiroさん、VPOのトランペットってYAMAHAじゃ無かったでしたっけ?ロータリー式のやつを作るメーカが無くて、その作成をYAMAHAが買って出たとか、聞いた事あったような(これもうろ覚えですが)。
    それとも、その寸部違わぬ楽器の方がYAMAHA製だったのかな?(金管な人、help)
    金属成分の不均質で音が変わるのはあり得そうですね。すくなくとも金属板の固有振動数は変わりそう。

    色んな楽器のロングトーンが、実は聞き分けにくいとは、ちょっと信じがたい話ですが、実際に実験したんですよね。ふーむ。
    昔、とあるオケの演奏を聴いた際、ホルンのベルの真後ろの席に居たんですが、あれは間接音を聞くから柔らかい音色で聞こえるんであって、ベルから出てくる音はラッパそのもののうるささでした。しかしクラリネットのように聞こえるとは、不思議。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください