Prague,絶対に謝らない人達

beer

既にアメリカに帰国していますが,これだけは話しておきたいプラハねた.

旧東側諸国の中でも,おそらくチェコは西欧化が最も進んだ国の一つだと思います.それでもかつての体質なのか,サービスに対する意識はやや低く感じました.

些細な事ですが,例えば店員さん,客がいるにも関わらず,ふんぞり返って新聞読んでたり,何か食べていたり.そう言えばカフェでの支払い時,伝票に10%のチップが最初から上乗せされていたこともあります.日本人だからと思ってなめているのか.



Prague, golden lane

プラハ城に黄金小路 Golden Lane と呼ばれる一角があります.衛兵の住まいだったそうですが,小さな家が並び,中はかつての生活風景が展示されていたり,お土産物屋になっていたりして,おもしろい場所です.ここの見学は有料なのですが,とあるガイドツアーのおばちゃん,入り口の外でツアー客にあれこれと説明しておりました.

問題は,その一団が他の観光客の出入りの邪魔になっていたこと.係のおじさん,そのおばちゃんに何やらチェコ語で文句言っておりましたが,おそらくは「そこに立つな」とでも言ってたのでしょう.どう考えてもおばちゃんに非があります.

でもおばちゃん,負けてません.何やらおじさんに言い返し,彼と言い争いになり,それでも絶対に譲らない.その内,彼が怒鳴るのを完璧に無視.絶対に謝りません.

次のは,僕自身へのトラブル.

チェコを旅立つ直前,空港での待ち時間を潰そうとラウンジに入ると,受付の女性からいきなり「あなたには入室する資格が無い」と,けんもほろろな対応に出くわしました.

そんなことは無い,入れる筈だと主張すると,じゃあ調べるからとパソコンをぱちぱちと叩き始め,暫くして「ああ,大丈夫ね」とラウンジに入れてくれたのですが,その対応の非を詫びたりしない.彼女が僕に言った一言,

「搭乗券の印刷が間違ってるわね」

まだポケットにはチェコの小銭が残っています.使いきってしまおうと,プラハの空港の売店でKitKatを購入.25コルナだったので,それを大量の2コルナ硬貨で払おうとしたところ,店のおばちゃんから「まだ10コルナ足りない」と言われました.

深く考えもせず,あれ,そうだっけと10コルナ追加し,KitKatを持って店の外に出た瞬間,やっぱりおかしいと店に引き返しました.さっき絶対に2コルナ硬貨が10個以上あった筈.だって財布の中に最初それだけあったのは確認しています.

でも僕が35コルナ払ったと主張しても,「いいや,25だった」と譲らない.たかが40円ですが,理不尽なことに納得できない.

レジの中を数えてみろとか散々こちらが言うと,おばちゃん,いきなり10コルナ硬貨をバシッとカウンタに置き,僕を完璧に無視して隣の同僚と無駄話始めました.これは本当に頭に来た.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

34 thoughts on “Prague,絶対に謝らない人達”

  1. 今回もまた、不愉快な思いもさんざんされてしまったのですね~。そういうのって、残念ながら外国に行くと「普通のこと」と思わざる得ない時も多いですよね。私はなるべくそういうのには心を動かさないようにしています。バス代、リターンって言ってるのにデイリーの金額で出してきたり(^^;「もぉ~」と思うけど、別にその金額払えるし、他で得させてもらってることも多々あるので面倒ですからそのままにします(笑)。悪気があるとか思わず、「そういう人たちだ」と思うことにしています。明らかにぼったくりの時は言いますけど。「これ何の金額?」って。修行、修行。ま、そんなこと言って、シルバーストーンのおばちゃんとは、思いっきり喧嘩(怒鳴りあい)してしまったりもしてますけどね(苦笑)。でもそういうのって後味悪いからもうしませーん。でも英会話って不思議ですね。そういう喧嘩の時ってペラペラ出るのよ、言葉(爆)。誰か入ってます?ってくらいに・・・。

    1. あ、ちなみに、私は日本でも対応悪い店(レストランなど)はそのまま席を立って店を出ます。そういう店には支店も含めて二度と行きませーん。最近は出会わないけど、過去にいくつかあり、です。

      1. Sanaeさん,それってかなり高度な無銭飲食...< おぃ
        日本でそういう状況になったことって,覚えがありませんねえ.高くてまずくてがっかり,ならありますけど.
        本当かどうか知りませんが,食事中私語をすると怒られるというラーメン屋があるとか.そんな店は,最初から願い下げです.

        1. 食べてから出てきたりはしませんよ~(汗)たいていNGなのって最初からですから・・・。

    2. Sanaeさん,ムカっとはしますけど,最近じゃすぐに元通りになりますね.いつまでも不愉快でいるのは精神衛生上悪いですから.もうそれが普通だと思っております.でも文句は言う(笑)
      怒鳴り合いまでしちゃったんですか.そういうときに英語がぺらぺら出るなら,もう本物ですよ.たとえ誰かに操られてたとしても.相手にとって意味不明な自国語で怒鳴ってるアジア人は,見かけたことありますよ.声が大きい方が勝ちだ.

  2. チェコは大丈夫なのかと思ってました~.
    ちなみに,私は超弱気なので,ビビりまくってしまい、普通は理不尽でもなんでも少額ならお金を払ってしまいます.

    でも最近,国際線からの乗り継ぎに失敗してホテルに一泊させられた後の国内線で預ける荷物の料金を請求された時に,ちょっと英会話と思って自己主張してみたら,わかったと言ってお金を払わずに済んでうれしかったです.でも「sorry」とは言われませんでした.

    管理人さまは,普段の紳士扱いに慣れ過ぎていたのですね?
    私ももう少し紳士扱いされるように振る舞わなくてはと思いました.

    1. Sandaruさん,そういう態度だと,日本人はカモになるって思われちゃいますよ.言うときゃ言わにゃ,です.
      チェックインの荷物の料金を請求されてしまったんですか? そりゃ強く言わないとですよ.国際線の客なんだから,重さ上限は国内より緩いはずだし,乗り継げなかったのは航空会社の責任だもん.ついでながら,そういう場合は航空会社のカスタマーサポートにメールすればいいんですよ.言わなきゃ損な国なんだから.

  3. その場でちゃぶ台をひっくり返しましょう。
    (訴えられたら困るので人に当たらないようにして)

    ワンニュイな女子達はどうされました?

    1. ちろこさん,ワンニュイな女の子たちは,既におうちに帰った後でした.実物を抱っこできなくて残念.でも,あのワンコたち,結構重そうでしたけど.
      ちゃぶ台返しの技ですね.うんうん,そのためにもまずは携帯ちゃぶ台を常にリュックに入れておきましょう.あたっても大丈夫なように,空気で膨らますタイプのちゃぶ台です.

  4. これは鼻の穴フンフンのムッキーですね!
    こんなん大阪のおばちゃんは黙ってはおれません。
    「オラオラ~、あんたの上司の名前を教えなはれやー、今から苦情言いに行ってくるぞー!あんたの上司だけじゃー気がすまねぇー、あんたみたいな人が空港におったらチェコの恥やろーから辞めさせるように空港の偉い人に言いに行くぞー!!」と言いたいところをグッと我慢(結局黙ってるんかよ・・・失笑。あ、一度行ったことあった・・・こぇー私。)

    1. Mimi☆Kiraさん,大阪のおかんはこわいですからねえ.サービス向上のためにも,世界中のサービスカウンターに,関西おかんを派遣すべきですね.
      ところで,英会話もやっぱり関西弁なんでしょうか.

  5. むか~~~し、確か「40円」だったような記憶ですが、某国の国営鉄道職員が窓口でのおつりを、ポケットに入れたところを、お客さんに指摘され退職云々というニュースを憶えています。
    40円で、そお職員の人生が変わってしまいましたよね。

    空港職員のオバチャンの人生も、激変してほしいものです。

    1. PNH Member #2さん,そんなニュースがあったんですか.たったの40円でねえ...
      せめて20円にしておけばよかったのに < そういう問題じゃ無い
      空港のおばちゃん,お釣りをちょろまかそうとしたんじゃ無いと思うんです.単純に算数が出来なかったということらしい.もっともその場で気づかなかった僕も問題なんですけどね.

  6. 旅慣れた方が、珍しい・・・。よっぽどだったんですね。
    新メキシコのサービスで癒されてください。

    1. lce2さん,いやー,こういうのはしょっちゅうあるので,最近じゃブログネタにもしないんですよ.ただ,旧東側はレベルが少々上でしたね.

  7. まじですか?!そんな不愉快なことが。。。心中お察し申し上げます。
    チェコの国の玄関なのにモラルが低いですね。そういうお店には二度と行きませんです。
    モラルが低いと言えば、何でもワースト1のおらの県みたい。

    1. いたずらリスさん,不愉快でしたけど,5分後には忘れてますから大丈夫です.
      そういう店に行かないとなると,おそらく行ける店が無くなると思われます.
      スロバキアのレストランの店員も,かなり不愛想でしたよ.

  8. え~おっかなーい。
    綺麗な場所にもトゲがあるのか?
    私、黙ってズルされてもボーッとして気が付かないけど、
    攻撃されると「言ったなー!」と反撃に出るタイプだから、
    言葉が駄目な時はその辺を蹴飛ばすかもしれない。
    逮捕されたらどうしよう。

    1. Chieさん,有名観光地だと,少々対応が悪かろうが,客は来ますからね.
      反撃は日本語で十分ですよ.要はこっちが文句言ってるのが伝わればいいんですから.
      蹴飛ばしたくらいじゃ逮捕はされないでしょう.警察に「脚気の検査をしてたんです」って言えばいいです.

  9. 共産主義の名残がある土地ではそういった感じがまだまだ拭い去れないんでしょうね。理不尽だらけの社会では、自分が(どんなに間違っていても)絶対に正しいと思っていなければ潰されちゃいますもの。きっとそのラウンジの受付嬢や売店のおばちゃんは、「ちっ、今の日本人は少々手強かった。」ってなもんでしょうね。カフェの店員さんも日本人だと思ってナメていたに違いない、アメリカや諸外国で鍛えられたLiLAさんとは知らずに。ふっふっふ・・・

    1. あーにゃさん,そうそう,自分が絶対に正しいんです.間違っていても正しいんです.どこかできっと正しいんですよ.こっちも筋を通すまでです.和をもって尊しとなすなんて,ああいう連中には通用しませんからね.

  10. お帰りなさい、お疲れ様でした。
    素適な景色もたくさん目にできたけれど、こんな嫌な光景もや体験も
    おありだったのですね。
    自分からは絶対に謝らない、というヒトたちっていますよねー。
    謝ったら自分が不利な立場に追い込まれると思うからなのか、
    明らかに間違っていても謝らない。どころか続行する… はぁ
    それじゃ円滑に回るものも回らなくなると思うのですが。
    そして外国人差別や、どうせ分からないだろうとか気づかないだろうとか、
    そういう感じで足元見てのようなせこい行為も嫌ですね。
    きらりと光る素適な行為をする人もいれば、それってどうよ!という行為を
    する人もいる。後者のようなヒトに出会うとほんとがっかりですね。

    1. ポージィさん,ただいまです.こちらとしてはもう慣れてるので,さほど気にはならないんですけどね.それにしても,何であそこまで頑なに拒否するかなあと,不思議に思います.ずっとそうしてきたんだろうから,これからもずっとそうなんでしょう.円滑に回る必要なんて無い,個人主義なんでしょうね.

  11. お帰りなさいませ
    いやーマジですか?
    ひどい話しがあったもんだ。
    なんか絶対に行きたく無い場所な感じですね。
    さぞご立腹な事でしょうね。
    私なら耐えられません。
    アメリカのマクドナルドの店員が天使に見えるでしょうかね?

    1. ロッキーさん,...あれ,日本語表記になりましたね.むかっとはしましたけど,どうせそんなもんだと思えば,後に残ることはありませんよ.似たような対応は,他の国でもあるでしょうし.アメリカのマクドナルドだって,地域によりけりです.とあるファストフードで,客が来るのがうざいって対応されたこともあります.

  12. あれ間違えちゃいましたね
    ipadから送ったのでかってがちがうんですね
    確かにどこの国でも、どこのマクドナルドでもありえる事ではありますね
    私が学生時代にバイトしていたマクドナルドでも
    それだけでいいですか?
    と、ちょっと失礼な事を言う女の子もいました

    1. Rockyさん,「それだけでいいですか?」って...言葉に問題ありますよね.なんだか,「たったそんだけかよ」って言われてるようです.
      でも英語で “anything else?” って言われると,普通かな.そういう意味では,英語って気楽で便利な言語ですよね.

  13. 共産圏や社会主義国家では、サービスの概念は薄かったり無かったりですねぇ・・・。
    米国や欧州みたいに与えるサービスの内容が給料みたいな国で育った人間と、物を移動する作業で給料をもらったり、そこに居る時間の長さで給料がもらえる人間ではサービスの概念が違うのは当たり前とはいえ、不愉快になりますね・・・。

    時給1.5ドル程度で、給料の大半がチップだった高校生の頃は必死に客が欲しい物を探してチップを稼いでいたので、チップが無い国に行くと、サービスのクオリティが低いのは仕方ないかなぁとも思いますが、勝手にサービス料とか取られるとむかつきますね。

    まあ、日本もマニュアル通りに作業をしているだけな事が多いので、期待はしないのですが、基本の動作がしっかりしている人が多いので感心します。

    1. Mooseさん,サービスしたって給料変わりませんからね.その点,日本って不思議です.日本の無料のサービスに慣れてしまうと,海外どこに行っても,対応の悪さが気になって仕方ありません.これが商売の売上に直結するのなら対応も変わるんでしょうが,世界的な観光地じゃ,一人二人いい加減に対応したって,新しい客が次々と来ますもん.
      日本のサービスの場合,客に不快感を与えない決まりきった対応がマニュアル化されてるというのもありますが,相手の立場になって考えるというのが伝統的にあるような気がします.

  14. 絶対誤らない人、ウィーンにもいますね。実はチェコ系のオーストリア人なのかしらん。もしや僕が勧めたカフェでチップの金額を書き込まれたんでしょうか?だとしたら済みませんでした。チェコやスロバキアはオーストリアと違ってチップを本当に払わないといけない国なんですが、その辺りの区別が観光客にはあいまいなのかも知れませんね。ブラチスラバでは僕もチップの金額を書き込まれたことあります。

    1. 現地委員さん,オススメのカフェでは,ちゃんとチップ別でしたよ.あのカフェは良いですね.気に入りました.
      ウィーンにいる,絶対に謝らない人,それはもしかしてそっちの職場の,あの人とか... < 誰だよ
      まあ,そういう性格を貫くと,せっかくの割の良い仕事を失って,地下の売り場へと左遷されてしまうわけですな.

コメントは停止中です。