たまにはどっぷり観光客モード,Wiener Waltzer

Kursalon

ウィーンは頻繁に訪れているものの,ウィンナ・ワルツのコンサートへ出かけたことは一度もありませんでした.先週ウィーン滞在最終日,友人と「たまには観光客気分でワルツでも聴きに行くか」という話になり,いざ出陣.

毎晩のように何処かでStraussとかMozartとか演奏されてるわけですが,その中から Kursalonというきれいな建物で行われているコンサートを選びました.演奏は8時からとのことなので6時頃にチケット売り場へと乗り込み,当日券がまだあるかと尋ねると,コンサートは6時半から始まるとのこと.観光シーズンなので,一晩に二回やってるのかな.

あたふたと一番安いチケットを買い,会場へと案内されました.座席は大まかにゾーンが切ってあるだけです.案内係から言われた椅子に座りましたが,ゾーン内で自由に移動して良いのかどうかは不明.

演奏はポピュラーなJ. Straussのワルツ,Mozartの Eine Kleine Nachtmusik (もちろん一楽章のみ),オペレッタのアリア,途中,男女によるバレエも入ります.そして仕上げはもちろん「美しく青きドナウ」と「ラデツキー行進曲」.この演奏家たち,一体全体年間何度この同じ曲を演奏してるんだろう.ラデツキーで「拍手強要」もご愛嬌.

その演奏ですが,室内オーケストラ編成で,ピアノはおそらく音量補強用か.技量はまあまあ.面白いと思ったのはパーカッションで,一人で色んな打楽器を同時に叩いておりました.やっぱStraussものって楽しいですね.

普段,楽友協会のコンサートばかりなので,こういう雰囲気は初体験です.客層も随分と異なっており,本当に観光客御用達といった趣き.演奏の途中で,携帯電話で喋りながら会場を出ていく某日本近隣国の若者.一度ならず何度も出たり入ったりしてました.かなりウザったい.

コンサート会場では写真撮影禁止は常識ですが(えっと,自分も上の写真を撮ってますが,始まる前ですよ),ここではもう撮り放題.撮影禁止のサインは勿論あります.

写真だけに留まらず,眼の前に座っていたアジア系お兄さん,タブレットを頭の上に高く掲げて動画撮影しておりました.邪魔だっちゅうに.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

8 thoughts on “たまにはどっぷり観光客モード,Wiener Waltzer”

  1. 1年365日で、1日2ステージだとしたら・・・あ、でも欧州人のことだから土日はもちろん休んで、夏のバケー・・・え?数えなくても良い?! 

  2. ニューイヤーコンサートのミニ版ですね。
    私は毎年TVの前でラデツキーの拍手を一人で行います。
    なんか楽しいんだよねーアレ。
    でも少人数の会場でやるのって妙に照れそう。

    1. Chieさん,そう,まさにミニ版です.あれをテレビの前でやってるんですか.そっちの方が照れそうですよ.
      友人をたくさん呼んで,テレビの前でやりましょう.

  3. ここの演奏会とシュテファン・ドム辺りで「モーツァルトのコンサートいかがですか~」とかつらを被った売り子が宣伝してる演奏会とごっちゃにしてましたが、どうやら両者は別物のようですね。「クアハウス」というと温泉保養施設ですが「クアサロン」ってなんですかね。あの辺りに温泉があるという話は聞きませんし。

    1. 現地委員さん,調べたところ,こういったコンサートは数種類あるようです.ディナー付きとかもね.あとシュランメルなんかは,どっかの居酒屋でやってないんですかね.あれも楽しそうです.

  4. うらやましいです。まあいにち生演奏とは・・・

    私も子供のころはよく近所から三味の音や「きのふといひ~~」とかの琴歌なんかがきこへてきたりしてました。柳橋も浅草橋もコンクリートジャングルですよ今は。伝統を大事にしたいですね。そうしないと生演奏する人が食べられる社会ではなくなってしまいます。

    1. とくさん,まあいにちワルツを聞いてたら,頭の中がくるくる回り始めますよ.
      今日日,楽器の音が家から漏れでてきたら,そりゃもう近所から苦情が来ますからね.優雅な時代はもう戻ってきませんですねい.

コメントは停止中です。